イヤホン

安くて高品質イヤホン!EdifierH180Hi-Fiをレビュー!

イヤホンって最近はカナル型と言って、耳の中にフィットするような形のイヤホンが流行っています。

確かに音の聞こえはいいですし、音漏れもしないので安心ですが耳が痛くなるという欠点もあります。

やはり耳の奥に入れるタイプのイヤホンなので、長時間着けると耳が痛くなるし耳の奥に物を入れるのが苦手という人には最悪のタイプです。

そこで便利なのが、インナーイヤー型のイヤホンです。

このタイプのイヤホンは、耳に入れるのではなく引っかけて使うタイプのイヤホンで昔はこちらのイヤホンが普通でした。

今回紹介する商品は「Edifier H180 Hi-Fi」というインナーイヤホンで、値段も安くイヤホンが壊れた時に手軽に買いたい商品です。

今回は安くて使いやすい「Edifier H180 Hi-Fi」を紹介します。

 

イヤホンの見た目

イヤホンの見た目はこんな感じ

白色でシンプルな見た目。

最近のイヤホンにありがちなゴツゴツした見た目ではなく、外に持っていても恥ずかしくない作りになっています。

 

音が聞こえる部分はこんな感じ。

やはりシンプルでどこに持って行っても恥ずかしくない見た目になっています。

 

イヤホンをiPhoneなどに刺す場所は、こんな感じ。

イヤホンジャックがあるタイプなら、どこまで刺せて使えることが出来るでしょう。

 

イヤホンの能力

 

音質は悪い

いきなりデメリットですが、音質はそこまでよくないです。

やはりインナーイヤー型のイヤホンの弱点と言える音質ですが、やはりこのイヤホンもそこまで良くありません。

とは言っても別にそこまで音質は悪い訳ではなく、普通に聞ける程度です。

音楽マニアで、音質を非常に気にする人ならだめかもしれませんが、普通に聞くだけだったら何も問題ない音質でしょう。

音漏れも多少する

音漏れも少し気になるポイントです。

多少音漏れがあり、電車の中で聞くと目立つかなという印象でした。

ただそこは音を小さくすればそこまで気にならないので、普通に使えるポイントです。

耳が疲れない

これが最大のメリットと言えるでしょう。

カナル型のイヤホンって、長時間聞いていると耳が疲れることが多いですが、このイヤホンは耳の奥まで入れないので、疲労する事がありません。

それに耳にも優しいので、聴力を下げたくない人におすすめが出来ます。

耳から意外と外れない

インナーイヤー型のイヤホンって歩いてる最中に外れないのか?という意見がありますが、これは別に問題はないです。

私も外出中はよく歩いて使ったり、ランニングをしてる時に使ったりしていますが意外と外れないので、ビックリしてます。

なので外出先で使う人もおすすめができますよ。

値段が安い

「Edifier H180 Hi-Fi」はamazonで2380円と非常に安く、買いやすい商品になっています。

3000円以内で買える商品なので、音質にこだわらずとりあえず安くて使えるものが欲しいという人におススメができます。

まとめ

今回のイヤホンの特徴をまとめると

デメリット!

  • 音質はそこまでよくない
  • 音漏れが気になる

 

メリット!

  • 耳が疲れない
  • 2380円と安価で買える
  • 徒歩、ランニングでも外れない

 

 

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。