コロナ

緊急事態宣言解除後に起こりそうな11個の未来

疑問に思った事

最近全国各地で緊急事態宣言が解除されてる地域も増えています。

ニュースを見ても外出してる人って増えているので、恐らく6ヶ月を過ぎるあたりから普段の日常に送れるのではないでしょうか?

しかし私はこの緊急事態が解除されてから、こんなことが起こるんだろうな?という意見がたくさんあるため今回はコロナ後に起こりそうなことを書いていきます。

油断してコロナが爆発する

まず最初に絶対起こるんだろうなということからです。

コロナって感染者は減っていますが、それはみんなが家にいて感染を抑えていたからです。

しかしコロナ感染者が減って、みんなが外に行くようになるとまた感染者が爆発するのは簡単に想像できることです。

実際世界各国でコロナ感染が収まって油断した国から、また爆発的に増えています。

そして日本でも同じようなことが起きるでしょう。

だって世界でも起こるということは日本でも同じですからね。

新しい飲食店が増える

コロナのせいでたくさんの飲食店が潰れました。

ですがコロナが収束して、また外食の需要が増えると新しい飲食店が増えていくのが、よくある流れです。

そもそも飲食店ってコロナじゃなくても、潰れやすく新しいものができやすいです。

なのでコロナが収束したところで新しい飲食店が増え、またコロナが爆発するとたくさん潰れそうですね。

在宅ワークをする人が増える

コロナのせいで在宅ワークになる人が増えましたが、恐らく今後もっと在宅ワークをする人が増えるでしょう。

というのも在宅ワークをやってみると「別にこれで仕事が回るから今後ずっと在宅でよくない?」と思う人が増えているわけです。

実際私の友人も在宅ワークになりましたが、会社の仕事は余裕で回るため、「ずっとこれでよくない?」と感じてるようです。

ちなみに会社の方も、オフィス代がなくなるなど固定費がだいぶ浮くらしいので、会社の方も在宅ワークを推進するところが増えているみたいです。

ネット副業する人が増える

今回のコロナで何が一番怖かったって、生活ができなくなる事です。

例えば仕事がクビになった人だと、急に仕事がなくなり生活できなくなる恐怖を持った人はたくさんいます。

しかしコロナのせいで、仕事なんて中々決まらないので、余計に焦ってしまいます。

なので今回の騒動で副業の大事さが身にしみた人も多いでしょう。

だから今後家でもできるネット副業をする人が圧倒的に増えていくでしょうね。

公務員希望者が増える

コロナって実は感染するより、職を失う方が怖くなっているのが現実です。

コロナって悪い意味で感染力と症状が舐められています。

例えば世間の評価では60代以上の人が感染しないと別に死にはしないから大丈夫。

それくらいコロナって世間では舐めれています。

だから多くの人が怖いのは、コロナに感染するよりコロナによって職を失うことなんです。

だからコロナになっても職を失うことない公務員が羨ましく感じるでしょう。

やっぱり今の時代でも安定って欲しいです。

それこそクビになって、不安定になるより誰だって安定したいわけです。

離婚が増える

離婚が増えるというより、今現在増えています。

コロナになったせいで、良くも悪くも夫婦で一緒にいる時間が増えてしまいます。

しかし女性からすると夫がずっと家にいるのって耐えられませんし、男性もいきなり在宅ワークになったり仕事をクビになったりとストレスが多くなり、喧嘩腰になります。

さらにいうとお互いにコロナに対する考え方の違いで、喧嘩をします。

例えば先程言ったように、別にコロナなんか感染しても死なないから大丈夫だろうという人と、感染したら死ぬ可能性があるから絶対感染したくない。

そういう考えの違いのせいで、余計に喧嘩が酷くなります。

お互いの価値観の違い、コロナのストレス。

色々なものが重なったせいで、離婚が圧倒的に増えるでしょう。

生活保護が増える

コロナのせいで世界的に経済がダメージを受けています。

特に旅行代理店など、業界によっては問答無用でクビになるということが普通におきています。

クビになっても再就職できればいいですが、食品業界や物流など一部の業界以外は基本的に不景気になっています。

だから転職しようにもどこにも転職できない。

そんな状態になっているのが今のコロナです。

そうなってしまうともう生活保護くらいしか選択肢がありません。

だって職がないからお金がないし、でも稼がないと路頭に迷うことになるので、生活保護に頼るのは普通のことになります。

投資する人が増える

昔から言われていましたが、今の時代1つの仕事しかしないのは不安定でリスクが高いと言われてきました。

しかしそんなことを言っても、いざ自分が本当にピンチにならないと動かないのが人間です。

そしてコロナになり、自分がクビになり不安定になるとやっと1つの仕事しかしない怖さがわかってくるでしょう。

そして自分の仕事をやっている恐怖を感じた人は、投資などを始めていざという時のための準備をするわけです。

とにかくお金を稼ぐ手段を沢山持っておかないと、不安定になるというのが今回のことで多くの人がわかるようになりました。

一時期的に災害用品が売れる

人の購買心理って、いつの時代も同じです。

例えば地震が起きた時って一時的に災害用品の売り上げが増えると言われています。

それと同じで、コロナという災害のせいで災害用品の売り上げが一時的に上がっているでしょう。

例えばコロナの場合、家にずっといないといけないので乾パンなどの保存食がよく売れますし、水などもいざという時に欲しいものです。

とは言っても、コロナが過ぎ去れば災害用品の売上も落ち着くので本当に一時期的な現象です。

メルカリなどにマスクが安価で売買

コロナになって一番イライラすることって、マスクの転売です。

本来安価で買えるマスクも、全て買い占められ品不足になりネットで高額の転売品がたくさんあるでしょう。

しかしコロナもいつかは収束します。

収束した時に売り切れなくなって転売屋の人たちが、安価でマスクを売り出す未来がよく見えるでしょう。

ネット販売店が増える

今回のコロナでいいこともあるんです。

それは全国の美味しい食べ物がネットで買いやすくなるようになったんです。

というのも、コロナになってかなり困るのが食品を作る人たちの売れ行きが下がっていることなんです。

先程食品業界は景気が変わらないみたいなことを言いましたが、それはスーパーなどで並んでいる値段が安めのものを扱っているところです。

本当に美味しい賞をもらえるレベルの食品たちって、今誰も買わないのが厳しい現実でしょう。

しかもスーパーにも出してなくて、一部のお土産屋さんや本店に行かないと買えない食品はもっと悲惨です。

そこで対策したのが、ネット販売です。

ネット販売をすればコロナで出かけることが難しくても、気軽に買うことができるので、買ってくれる人さえいれば問題ないでしょう。

最近はテレビやネットでも格安料金で出して、とにかく在庫を減らすキャンペーンもたくさんやっているので、この先ネット販売店はもっと増えるでしょう。

個人的には在宅ワークがもっと普及してほしい

個人的なことを書きますが、もっと在宅ワークが増えて欲しいなと思っています。

在宅ワークって合わない人にはトコトン合いませんが、ハマってしまう人もいます。

私は元々在宅で色々仕事をしていますし、バイトとして働いてもいます。

そして在宅ワークをやってると、これって楽だなと痛感することってたくさんあるんですよ。

例えば連絡もメール1つでできますし、無駄な人間関係も最小限で済むので心理的にも非常に楽です。

それに仕事さえしてれば、どこでも働くことができるのが魅力なのでぶっちゃけ会社勤めより断然楽なんですよね。

今回のコロナ騒動でもっと在宅ワーク者が増えて、今後在宅ワークが当たり前になる社会になれば個人的には非常に嬉しいな。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。