コロナ

超危険!コロナ貧乏になる人の致命的な特徴

大事なお金と計算機

今コロナで世界的に貧乏になってる人がたくさんいます。

しかしコロナ貧乏になる反面で、全く影響がない。

またはコロナのおかげでお金持ちになったという人がいるのも事実です。

ではなぜコロナのせいでここまで差が出るのか?

そしてコロナで貧乏になってしまうのはなぜなのか?

今回はコロナで貧乏になる人とお金持ちになる人の違いについて書いていきましょう。

コロナ貧乏になる原因

 

クビになった

まず大きな原因は仕事をクビになったことでしょう。

コロナのせいでいろんな仕事がなくなり、会社が倒産し飲食店が閉店する。

ここまで経済に大ダメージを与えたことって、リーマンショック以降中々ありません。

そして仕事をクビになる場合、家族構成や今の年収なんかも大きな原因の1つになります。

例えば夫がクビになり、妻の会社が倒産しないでまだ残っているならコロナ貧乏は防げるでしょう。

しかし夫だけが働き、妻が専業主婦というパターンだったら、一瞬で貧乏になることは間違いないです。

また夫が年収800万円以上を稼ぐ人で、働くことでしか収入をもらっていない場合も貧乏になりやすいです

これで投資など副業をやってる人なら、まだコロナ貧乏になることはなかったですが、収入が1つしかないとそれだけで終わりです。

ちなみに貯金をしてるならまだわからないですが、年収が高い仕事をしてる人ってその分使う人が多いです。

例えばお金がたくさんあるから、車を買ったり趣味に全てのお金をつぎ込んでしまうとそれだけで貧乏まっしぐらです。

会社が不況

リストラの場合、会社が倒産するなどのパターンがありますが倒産しなくても会社が業績不振などで不況になってしまうと貧乏になります。

というのも会社の売り上げが悪くなると、真っ先に起きるのは人件費の削減です。

人件費というのは一番お金がかかり、一番削減しやすいところです。

なので不況になり、給料が払えなくなったらまず従業員の給料を下げるのが先になります。

日本の会社の良いところって、人を簡単にクビにできないところです。

今って早期退職などで、リストラを簡単にできると思っていますがそれは大企業の話で、中小企業ではまだまだ人を簡単にクビにするのは中々ないでしょう。

ですが給料カットはどこの会社でもあるので、いきなり20%給料カットというのもありえます。

ちなみに法律ではいきなり10%以上の給料カットは違法とあります。

ですが給料カットって申告制なので、黙っていれば違法になることはありません。

そしてコロナのせいで次の就職先が見つかるか分からない状態なので、給料カットされても誰も逆らえないでしょう。

結局法律って言わないと違法にならないので、会社によっては給料が半分以下になり、コロナ貧乏になることもあるでしょう。

固定費を減らさない

人間というのは一度染み付いた贅沢を戻すことができません。

例えば一度住んだ家って中々引っ越すことが出来ず、高い家賃のまま暮らすことだって普通にあります。

コロナでクビになっても、今の家を手放したくないと思いそのまま住み続ける。

そのせいで、貯金がドンドン減ってコロナ貧乏になる人はいます。

家賃だけじゃなくて、契約してる保険とか携帯代など毎月絶対払うお金を減らすことが出来ないと、貧乏になってしまうでしょう。

生活レベルを落とせない

コロナ貧乏になる大きな原因は、生活レベルが落とせないことです。

先程ちらっと言いましたが、仕事をクビになっても今の家から離れようとせず、高い家賃をずっと払ってしまう人っています。

それに稼いでたころの贅沢な食事や趣味が忘れることが出来ず、仕事がないのに贅沢な暮らしをする人がいます。

しかし不況になり、給料がなくなったらすぐに生活レベルを落とさないといけません。

それこそ今いる家から引っ越したり、質素な暮らしをしたりと本来ならちがう暮らしをしないといけません。

しかしコロナでピンチになって何も対策をしないせいで、コロナ貧乏になってしまいます。

お金儲けが嫌い

お金儲けって悪いイメージが強いですが、お金儲けが嫌いな人って貧乏な人が多いです。

詐欺などのお金儲けはもちろん悪いことですが、お金の稼ぎ方を少しでも勉強しないといざという時貧乏になるでしょう。

今回のコロナもその1つで、会社で働くことしか知らない人が貧乏になっています。

結局のところお金儲けが嫌いと言っても、お金がないと人間は生きていけません。

国の制度を利用しない

日本って世界的にも裕福な国です。

裕福な国というのは大抵の場合、生活を助けてくれる制度が実はたくさんあるわけです。

例えば今回は10万円支給もそうですし、いざという時は生活保護だってあります。

しかしコロナ貧乏になる人は、自分たちの力だけでなんとかしようとします。

国に頼るのは恥とか、国に頼るのは情けない。

そう思っているせいで、コロナ貧乏になってしまいます。

しかし国から支給されるものは、出来るだけ貰った方がいいです。

申請するだけでお金がもらえるので、これほど便利なものはないでしょう。

例えば申請書を書くのに1時間かかり、それで10万円もらえるなら時給10万円と普通の仕事をするよりもらえます。

もしコロナ貧乏で困りそうなら、遠慮なく国に頼ってみましょう。

プライドが高い

プライドが高いというのは、今の時代非常に不利になります。

例えば仕事をクビになった時、同じような業種で同じような給料を求める人がいます。

しかしコロナになって、そこまで待遇がいい会社ってなく給料も職種も大幅に変えないといけません。

しかしプライドが高いせいで、高望みをするとコロナ貧乏に一直線です。

特に今の会社で下手に活躍してる人だと、プライドが高くなりがちで収入がなく貧乏になっていくでしょう。

貧乏にならない1つの方法

貧乏にならないたった1つの方法は、プライドを全て捨てることです。

先程も説明しましたが、一番ダメなのはプライドが高くなりすぎて転職がうまく出来ないことです。

コロナのせいで転職先がないと言いますが、実は運送業や食品業界など実は忙しくなっている職種もあります。

しかしプライドが高い人だと、待遇が今と同じかそれ以上を求めてしまうため貧乏になりがちです。

それに今ってねっとでも投資などお金稼ぎも可能です。

ネットでお金を稼ぐのは悪いことだなんて言ってると、余計に貧乏になるのでお金稼ぎは貪欲にならないといけません。

さすがにマスクの転売など、迷惑がかかるような行為は控えるべきですが、YouTubeなど人を楽しませてお金を稼ぐ方法もあります。

もしコロナ貧乏になりたくないなら、プライドを全て捨てることが重要になりますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。