コロナ

コロナで離婚する大きな原因とたった1つだけ伝えたいこと

コロナ離婚。

つまりコロナが原因で離婚する夫婦が急上昇しています。

弁護士なども最近コロナが原因で離婚を考えている夫婦の相談が増えているということなので、かなり危険な状態になっているでしょう。

今回書くのはコロナ離婚する原因とたった1つだけ私が伝えたい言葉を書いていきます。

コロナで離婚する原因

 

子供の世話をしない

コロナになってお互いに家にいる時間が増えています。

ですが夫が家にいても全く子供の世話せずに、自分のことしかしないことに腹が立っていくでしょう。

夫の言い分は

  • 子供の世話は女の仕事
  • 俺は仕事で忙しい

と言い訳ばかりで何もしようとしません。

しかし仕事で忙しいと言っても、実は在宅ワークになり仕事が減った人が多いため、忙しいわけではありません。

ただ面倒なだけで、てきとうな言い訳をしてるのも主婦は見抜いています。

そう考えると余計に腹が立ち、離婚を考えてしまうでしょう。

家事をしない

夫が家にいても家事は何も手伝ってくれないと腹が立ちます。

先ほども言ったように、在宅ワークになり仕事が減っているので、実は余裕があるのを知っています。

ですが夫は全く家事を手伝わず、普段通りに過ごしてるのに腹が立ってくるでしょう。

主婦の方は朝昼晩とご飯を作る羽目になり、子供の面倒も見ないといけない。

それ+仕事もしないといけないので普段の倍以上負担がかかります。

なのに夫が何も手伝わないと、ストレスばかり増えて離婚を考えてしまいます。

コロナ対策がてきとう

コロナって良くも悪くも、死亡率が低いウイルスです。

年齢が高くなればなるほど死亡率が高いのは、わかりますが裏を返せば若いと死なないから大丈夫だろうと思うのも弱点です。

そのせいで、コロナ対策がてきとうすぎてイライラすることが増えてしまいます。

例えば自分はコロナ対策をしっかりしてるのに、夫は手も洗わない、マスクもしない、飲食店に普通に行く。

こんな感じで全く対策をしていない人に対して不信感が高くなり離婚を考えます。

人間って価値観が合わない人と一緒にいるだけで、ストレスを感じます。

そのせいで余計に離婚を考えるきっかけになるでしょう。

マスク転売をしてる

コロナが流行っている時って、マスク転売が非常に問題になっています。

みんなが大変な時に金稼ぎしか考えていないなんて、普通の人から見たら最悪と感じるでしょう。

しかもその最悪のことを配偶者がやっていたらもっと最悪と感じます。

マスクを転売して荒稼ぎして、自分だけ得をする。

そんな人が許せなくて離婚を考えるでしょう。

平気で飲み会に行く

男性に多いですが、コロナ期間中でも平気で飲み会に行くという人もいます。

コロナの意識が低いのもありますし、会社の付き合いと言って飲み会に行くケースもあるでしょう。

本当に稀ですが、友達がやってる飲食店が潰れそうだからみんなで食べにいくというパターンもあるため、どっちにしても飲み会に行く人はいます。

しかしコロナの時期に飲み会なんかに行くと、感染する危険があるため家族としては怖いです。

感染して家族に症状が出たら、シャレにならないので心のそこから飲み会なんてやめてほしいと心の底から思っています。

しかし注意しても「付き合いだからしょうがないだろ!!」と喧嘩になってそのまま離婚というのが、多いです。

一緒にいる時間が長い

結婚してる人って、一緒にいる時間が長いと離婚する確率は上がっていきます。

一緒にいて楽しいと思うのは、新婚の時まででそこから年月が経っていくにつれて一緒にいるのが苦痛になっていくでしょう。

特に結婚10年目なんてなると、お互いに最低限の付き合いしかしません。

そして女性は特に夫と一緒にいるのが苦痛と思う人がいます。

夫が休みの時は憂鬱ですし、長期休暇なんて最悪と思っています。

そして今回のコロナで、長い時間一緒にいるので苦痛でしょうがないと余計に思ってしまうでしょう。

ちなみに男性の方はそこまで苦痛と感じないので、この心理的格差のせいで、余計にイライラするでしょう。

在宅ワーク

今ってコロナのせいで在宅ワークの人が多いですが、これも離婚の原因につながります。

先程言ったように、一緒にいる時間が長いせいで離婚の原因につながります。

新婚じゃない限り、夫婦ってある程度の距離感がないとお互いにイライラ、特に女性の方がストレスを感じやすいのでそれで離婚に繋がってくでしょう。

そして在宅ワークって一緒にいる時間が圧倒的に増えてしまいます。

朝昼晩。下手をすれば24時間ずっと同じ家にいるので、夫婦のプライベートの時間がなくなりストレスを感じます。

コロナのせいで仕方なくできた在宅ワークが、夫婦離婚の原因に繋がるのはなんとも皮肉な結果です。

暴力暴言

家にいる時間が長いと、暴言や暴力をする家庭が増えてしまいます。

男性の場合は暴力をふるいますし、女性は暴言の回数が増えていくでしょう。

人って環境の変化が大きいとストレスが増えます。

そして人ってピンチの状態になると本性が出るので、これが本来の姿になっているのは悲しいことです。

例えばコロナになり、仕事をクビになり金銭面的にピンチになるとその人の本性が出てきます。

暴力をふるう人は元々暴力をする人だったし、冷静に対処できる人は性格が本当の意味で温厚な人です。

そして暴力をされると、身の危険を感じるのでそのまま離婚ということがあります。

今離婚したいと考えるなら定年になれば離婚する

今離婚したいと考えてる人は、正直離婚する方が将来のためになります。

というのも、今離婚を考えてる人たちって遅かれ早かれ離婚する確率って高いです。

例えば長い時間一緒にいるのが嫌。

そう思ってる人は定年になり、年金生活になると離婚することがよくあります。

結局のところ、子供が成人して独り立ちしたら結婚生活を続けていく意味ってないわけです。

しかも今の時代、定年になった人でも仕事は山ほどありますし、女性だって働くことができれば一人で生きていくことは可能でしょう。

だから今って昔より結婚する意味ってなくなっています。

だから離婚しても問題はありません。

むしろ早めに夫婦生活に限界を感じるなら、それで十分ではないでしょうか?

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。