仕事

本当に体験した仕事のストレスが限界になった時のサイン

仕事というのはストレスの連続でもあります。

仕事をしてると誰もがストレスと戦いながら生きていますが、中にはストレスを限界まで溜め込んで我慢する人もいるでしょう。

しかしストレスを限界まで溜め込むと人って体の不調がたくさん出てきます。

今回はストレスが限界にきてるサインを紹介しましょう。

ちなみに全て私がやった実体験なので、特に科学的根拠などはありません。

しかしこういうことが起きてしまいますよという警告をしたいので、書いていきましょう。

朝に吐き気

まず私が一番多かったのはこれです。

朝起きると必ず吐き気が出てきます。

吐き気があると言っても、別に嘔吐はしません。

「おえー」と声には出しますが、別に嘔吐はしないのが特長です。

ちなみにこの吐き気が非常に不思議で、朝が一番ひどくて昼になると治るのが特徴なんです。

別に食欲はあります。

普通に朝ごはんも昼も夜も食べることができるので、非常に不思議なものなんですよね。

ちなみに休みの日には全く吐き気がありません。

本当に仕事がある日だけ限定で吐き気が出てくるんですよね。

頭痛

これもかなりありました。

朝起きた時は別になんともないですが、仕事をしてる時に頭痛がよく出ていました。

特に嫌な仕事とか、嫌いな上司が近くにいる時によく出ているのを今でも覚えています。

頭痛の痛みなんですが、なんか頭がズキズキするなというくらいの痛みです。

病院に行くくらい痛くはないです。

正直我慢ができる痛みだったので、自分でもストレスが限界だったとは思ってもなかったでしょう。

腹痛

これもあるあるなんですが、特に仕事してる時とか嫌な上司が近くにいる時なんかに腹痛がよくあります。

ちなみに腹痛と同時に下痢もあるため、会社にいる時は常に下痢と戦うことも私の仕事でした。

腹痛の痛みですが、これはお腹が張る感じ。

張ってチクチクと爪楊枝で刺されるくらいの痛みでした。

ちなみにその時は食欲もありましたし、下痢が出る以外別になんともなかったので、病院に行くことはありませんでした。

肩こり

これもあるあるでした。

20代なのに常に肩こりに悩むような状態だったので、こちらもストレスが溜まってきた証拠でした。

肩こりは肩が気持ち悪いなと感じる程度。

この時は仕事の疲れだろうと思って特に何もしなかったのが、いけませんでしたね。

まあぶっちゃけ肩こりくらいで病院に行くの?というのが当時の考えだったので、こちらも特に対策なしです。

目が痛い

ストレスが溜まると、目が痛くなるのもあるあるです。

私の場合スマホの使いすぎかな?と思って最初はスマホを控えたりしましたがそれでも目が痛くなることがありました。

しかも目が痛くなるのは決まって職場ですし、職場を辞めたら目も治ったのでこれもストレスの一種なんだなと感じています。

嫌な上司が近くにいると心臓がバクバク

私は特に職場の人間関係に困っていました。

そして嫌いな上司が近くにいるだけで心臓がバクバクするくらい、ストレスを抱えたことがあります。

嫌いな上司が喋るだけでビクッとしますし、嫌いな上司とすれ違うだけでもビクビクします。

職場にいるだけで、心臓が全力疾走したみたいにバクバクしてるので、ストレスが多くて壊れそうでした。

休日はずっと寝てる

ストレスがあまりにも多いと、休日はずっと寝ています。

平日なんて仕事から終わり、ご飯を食べてすぐ寝るのでお風呂なんてシャワーを浴びすぐ寝ます。

でも休日は遊ぼうとせず、次の仕事に備えてずっと寝て休んでいます。

遊ぶことなんてできません。

ずっと寝るしか選択肢がないです。

ちなみに私は土日休みの工場勤務でしたが、土曜日出勤が当たり前のようにあったので、1日しか休みがありません。

なので余計に休日は何もしなくなったんですよね。

趣味が楽しくない

一応元気がある時は、趣味をやることがありました。

ですがその趣味すら全く楽しくありません。

理由はやっていても会社のことを思い出してしまうからです。

  • 明日仕事嫌だな
  • あの上司とまた仕事するのか
  • いつまでこんな生活続くんだろ?

色々なことを思い出して考えては落ち込みます。

そして落ち込むせいで趣味が全く楽しめません。

そして趣味がつまらないせいで、休日は寝るという選択肢しかないのです。

常に死を連想する

ここから本当に限界にきた時に起きた症状です。

私の頭の中には常に死を考えて暮らしていきます。

もうね…辛いのよ。

限界なの。

もう生きたくないって感じるようになってしまいます。

だって働くことも楽しくない。

そもそも働く時間長いし人間関係最悪だし、休日なんてずっと寝てるから全く楽しくありません。

  • 人生つまらない
  • 私の人生全く無意味
  • 生きてる意味なんて感じない

そんなことを思い、ずっと死を考えるようになります。

だってこんな生活があと60年、70年、下手をすれば80年続くと思ったら本当に最悪です。

周りのもので自殺を考える

そして今度は周りのものが全て自殺するための道具しか考えられなくなります。

例えばロープを見たら首吊り。

高いビルを見たら飛び降り。

電車を見たら飛び込み。

病院を見たら安楽死がしたい

そんな感じに常に自殺の手段を考えるようになります。

ここまで来るともうストレスは限界。

もう無理なんです。

生きる気力はほとんどなくなり、ただなんとなく生きているだけの人間だったようなものに変わっています。

限界が来ると常に死にたくなります

先ほども言いましたが、限界が来ると常に死をかんがるようになります。

起きてる時以外は常に死ぬ方法を探し、スマホでも死ぬ方法を2チャンネルで探すことがあるあるです。

限界が来る前に辞めないと危険

こんな感じのストレスが多いと、すぐに辞めないと非常に危険です。

私の場合、一度死のうとしましたが死ぬ寸前に怖くなってしまい結局仕事を辞める選択肢ができました。

今考えるとストレスが多いならさっさと仕事を辞めてしまうのが良いと本当に感じました。

ですが考えている暇なんてありません。

日曜日しか休みがなく、常に仕事をしてる状態だと考える能力ってほとんど消えているんですよ。

ですが過去の私に何か伝えられるなら、今すぐ仕事なんて辞めてしまえと伝えたいです。

辞めても別に普通に暮らせた

ちなみに仕事を辞める前は、仕事辞めたら次の職場どうしよう?と怖かったですが、別にそこまで心配することなかったです。

転職先ってたくさんありましたし、最悪の場合バイトとか派遣社員など選択肢って結構多かったです。

私の頭のなかには、絶対に正社員じゃないとダメと思っていましたが別にそんなこと全くありませんでした。

一度フリーターを経験しましたが、ぶっちゃけフリーターの方が人間らしい生活ができていたので、そういう選択肢もありだなと感じていました。

早めに転職した方が良いです

今これを見てる人は、多かれ少なかれストレスを抱えた生活をしていると思っています。

もしストレスに今耐えれてるから大丈夫と思っても、注意した方がいいです。

ストレスを限界までためると、思考停止して仕事を辞めるという選択肢がなくなってしまいます。

私が経験したように、限界がきた時にはもう遅いです。

その時には死ぬことしか考えなくなっているので、手遅れです。

別に仕事を辞めても何も問題ないです。

だって転職先ってたくさんありますし、ぶっちゃけフリーターでもいいです。

むしろ今のストレス多い仕事辞めて、フリーターになる方が幸せにくらせる確率って高いですよ。

無理せず仕事なんて辞める。

辞めた後はその時考える。

それが一番いい選択です。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。