人間の性格

内向的な人必見!上司と合わない時にやりたい革新的な方法

職場の人間関係はいつの時代も悩む人が多いのが現実です。

10年前も20年前も30年前もどの時代の人も人間関係に悩んでいます。

特に上司とウマが合わないと言うのがあるあるで、どうやったらうまく付き合えるの?と悩む人も多いです。

そこで今回は20代の私が、上司と合わない時の対策法を書いていきましょう。

ちなみに私の性格は

  • 意見が言えない
  • 大人しい
  • 真面目
  • メンタル弱い

と言うタイプなので、そう言う人向けの記事です。

とりあえず褒める

一番の方法はとりあえず褒めておきましょう。

上司って基本的に部下に褒めてもらうと嬉しいものです。

それがお世辞であっても、褒めてくれる人は非常に好感度が高くなるので迷ったら褒めてみましょう。

褒めるのは特に年上上司との相性が抜群で、私はとりあえず褒めてたら上司に気に入られたことがあります。

理想の部下を演じる

上司の理想って、部下が効率的に動いて自分を立ててくれることです。

結局のところ上司だって優秀な部下が欲しいです。

しかも優秀で物分かりが良くて、上司の言うことをしっかり聞いてくれるのが理想の部下です。

そんな部下この世にいないよ思う人がいますが、理想的に近い部下を演じると割と上司は気に入ってくれます。

合わない上司と無理やり付き合うと面倒ですが、一応演じることができればいじめられることもありません。

上司のいいところを見つける

これはいろんな本やネットで書いてありますが、合わない上司のいいところを見つけることで、合わない人と付き合うことができる心理学です。

というのも、人間って嫌いな人のことは嫌いな部分しか見てなくて、好きな人は好きな部分しか見ていません。

なので嫌いな上司って嫌なところしか出てなくて、より嫌いになってしまうでしょう。

ではそれを逆手にとって、嫌いな上司の良いところを見つけることで好きになると言う荒業です。

ちなみにこの方法、慣れない人がやると逆に精神的にきつくなるので、使いところが重要です。

仕事と思って諦める

内向的な人には一番合っているかもしれません。

もうね、諦めます。

諦めると聞くと嫌なイメージが強いですが、諦めることだってある意味選択です。

だって怖いですよね?

上司に逆らうのが非常に怖いですよね?

別に意見なんて言いたくないですよね?

だったら別に変わらなくても良いです。

そのままの状態でいるのも私は良いと思います。

だって人の性格って中々変えることができません。

みんながみんなアメリカ人みたいに意見を言い合えるわけではないですよ。

違う上司に話す

何か不満がある時って、違う人に話すとかなりストレス解消になります。

一番ダメなのは一人で抱え込んでしまうことです。

内向的な人ってストレスは全て自分のせいと思って、誰にも相談しません。

しかしストレスに強い人とか、仕事を長く続けてる人って誰しもが他人に頼っています。

職場の仲のいい人に愚痴ったり、休みの日に友達と喋ったりとストレス耐性がある人ほど、そうやってストレスとうまく向き合っているわけです。

しかし誰にも相談せずに、一人で全てのストレスと戦おうとしたらそれは完全に辛い思いをするだけです。

特にに職場の人間関係は一番ストレスが多いため、誰かに頼らないといけません。

なので同じ職場の話しやすい上司に愚痴を言ってみるのがいいですよ。

上司に相談したら親身に聞いてくれることが多いですし、対策なども立てやすいです。

同じ職場の人に愚痴る

上司に話しにくいなら、同じ職場の同僚など話しやすい人に話してみるのが一番いいです。

同じ立場の人なら相談にのってもらいやすいですし、同じ上司が嫌いならそれで意気投合ができます。

とにかくストレスは他人に発散するのが一番効率的に、ストレス発散になりますよ。

ストレス発散法を見つける

大人しい人とか、内向的な人って上司に逆らいたいと思いません。

むしろ人の意見を聞いてそれに同意すると言うのが一番楽だと思っています。

それはそれでいいです。

やっぱり人に意見するのって怖いですし、できることなら今のままで何か対策が欲しいと思っているところでしょう。

そこでいいのが、ストレス発散方法を見つける事です。

なんで今の人たちってうつ病になる人が多いって、ストレス発散がうまくできないからです。

例えば日本人って人の悪口を言ってはいけないとか、人の愚痴を言ったら成功できない。

そんな風に悪口=ダメな事と教わっています。

だからどれだけ酷い上司にあっても悪口なんて言いませんし、仕事の愚痴なんて絶対にいいません。

しかし結果的にそれがストレスを溜め込む原因に繋がります。

さらに言うと、日本人って世間体を気にします。

例えばアニメやゲームが大好きな人が社会人になると「大人になったからアニメやゲームは卒業しないとダメ」と勝手に思い込んで、自分の好きなことを否定します。

そのせいで自分が本当に好きな趣味を社会人になって捨てて、そのせいでストレス発散がうまく出来なくなってしまうでしょう。

そして仕事のストレスでそのままうつ病になり、働けなくなる。

これがよくあるパターンです。

それ防ぐためにもストレス発散方法を沢山持っておくのが、合わない上司と付き合う手段にもなります。

今の上司が変えられないなら、その以上にストレスをなくす。

それで仕事とうまく付き合ってく。

これが内向的な人の戦い方ですよ。

話さない

内向的な人の戦い方は、とにかく話さないことが一番いいです。

とにかく戦わない。とにかく逃げる。

これが私が学んできた中で一番いい方法になります。

だって苦手な人って関わりたくないと思いません?

わざわざ嫌いな上司に意見を言って、精神的に疲れるより意見を言わずにとにかく逃げる方がぶっちゃけ楽です。

なので意見を言うのが苦手な人は、とにかく話さないでください。

話す回数が減るだけで十分ストレスはなくなりますから。

距離を置く

会話をしないと同じで、とにかく距離を置くことを考えた方がいいです。

やっぱり苦手な上司と付き合うのは精神的に辛すぎます。

本来は本音をスカッと言うのが一番いいですが、それができたら苦労はしません。

どれだけ本を読んでもネット記事を読んでも、変わらない人は変わらないです。

私も「人間関係が劇的に良くなる本」みたいなものを30冊くらい読んできましたが、全く良くなる気配がありませんでした。

私の人間関係スキルは高校生あたりでずっと成長していません。

いつまでたっても喋りだしが「あっ」のままなので全く成長できていません。

そんな私が唯一取得したのが、嫌いな上司は付き合わないと言う戦法でした。

  • 出来るだけ関わらない。
  • 相性最悪な人とは距離を置く。

これが一番いい方法です。

転職する

究極の方法。

それが転職です。

転職をすれば嫌な上司と会うことがありません。

転職をすることで、また新しいスタートですがとりあえず逃げることだけは出来るでしょう。

  • 転職は怖い
  • 転職なんて勇気がない
  • 転職をしたら次の職場が決まるか不安

色々思うことがあるかもしれませんが、転職をした方がいいことの方が多かったです。

私は精神ギリギリまで働いたことがありましたが、結局ギリギリまで働いても状態が良くなることはありませんでした。

それどころか、朝起きたら吐き気があり毎日死にたいと思うくらい辛い状態になったこともあります。

そんな状態で仕事をしても全くいいことがありませんし、我慢なんてしても何も進展なんてありません。

あるのは深い絶望だけ。

あるのは真っ暗な未来だけ。

そんなお先真っ暗な未来しかないなら、いっそのこと辞めてしまうのも手です。

特に今の時代って嫌な上司が転職とかすることがあまりないです。

特に30代以上の上司って、転職するのが難しいとわかっているので、今の職場から離れることはありません。

だったらあなたが転職するしかないですよ?

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。