仕事

仕事が続かない病気?調べると分かる驚きの事実

全く仕事が続かない。

転職してもまた辞めてしまう。

そんな状態に困っていませんか?

ここまで仕事を辞め続けてしまうと病気なのでは?と疑うこともあるかもしれませんが、確かにそれもありえます。

しかし病気といっても別に普通に働くのが嫌なだけで、違う働き方をすればいい場合もあるでしょう。

今回紹介するのは仕事が続かない原因。

仕事が続かないのは病気なのか?

仕事が続かない人はどうすればいいのか?などを書いていきましょう。

仕事が続かない人は多い

仕事って実際のところ続かない人が多いです。

日本ではとにかく3年働けと言う言葉がありましたが、今ではその言葉は古いもので辞めたいなら辞めれば良いと言うのが、今の時代の考え方です。

実際に3年間働いても今の時代そこまで利益がありません。

3年我慢したところでうつ病になるかもしれませんし、会社が潰れる可能性だってあります。

常に仕事がなくなる恐怖と戦っているのが今の時代の人たちです。

それくらい危険なんだから、別に3年間我慢しなくてもいいでしょう。

それよりどんな職種でも仕事でも働くことができる能力が今の時代必要なんです。

仕事が続かない人の特徴

 

仕事の目的がない

仕事が続かない人って、仕事の目的が全くありません。

なんとなく生活のためにお金を稼いでいるだけなので、仕事が嫌になっていきます。

もちろんそれは悪いことではありません。

生活のために働くって普通のことですし、大半の人は仕事に対する目的ってありません。

だから多くの人って、趣味を見つけたり結婚して家族を守るために働くというのがよくある対抗策な訳です。

しかし趣味もない結婚していない。

なにもやることがない人が仕事を目的なく続けると、辛くて苦しいものになるでしょう。

仕事の理想が高い

理想が高いのはすごくいいことです。

それこそ目的がないより、理想があった方が確実に仕事は楽しくなるでしょう。

ですがあまりにも高すぎる理想を持っていたら、それだけで苦しみます。

例えば人間って理想と現実のギャップに苦しむ人って多いです。

憧れの仕事ができるようになったけど、実際やってみると理想と全然違って仕事を辞める。

これってあるあるなんです。

理想を持つのはいいことですが、あまりにも高いと苦しくなるだけでしょう。

仕事がつまらない

仕事って非常につまらないです。

例えば高校や大学で仕事を探したけど、大半の人はなんとなくで受けた会社に入社しています。

とりあえず社会人になるから働かないといけない。

そういった理由でみんな働くでしょう。

しかしなんとなくで選んだ仕事って、つまらないです。

それこそ生活のためだけに仕事をしてるので、誰もがつまらなくやりたくないと思います。

やる気がない

仕事って全然やる気が出ません。

何度も言いますが、生活のためだけにやってる仕事ほどつまらないものはなく、やる気が全く出ないでしょう

私も経験がありますが、やらされている仕事って全くやる気が出ません。

それこそ何となくで選んで、みんなが働くから働く。

ただ世間体のためだけ、生活のためだけに働く仕事ほどやる気が出ないものはないでしょう。

仕事をやりたくない

そもそも仕事なんてやりたくないと思うのが当たり前です。

好きなことを仕事になんていう人がいますが、大半の人はそれができませんし、好きなことを仕事になんてしたくないと思ってる人が多いでしょう。

そもそも人間って楽をしたい人間です。

私たちが今使っているものって、先人たちが楽をしたくて生み出したものです。

スマホだってパソコンだってそれら全て、楽をするための生活をするために生み出されたものなんです。

基本的に怠け者なのが人間なので、やる気がないのは当たり前のことでしょう。

だってみんな楽をしたいと遺伝子レベルで思っていますから。

仕事を頑張りすぎ

仕事を頑張りすぎると、仕事が続かない原因に繋がります。

というのも人間って本当に好きなものならいくらでも頑張れますが、嫌なことを無理やり頑張っているといつかやる気がなくなっていくでしょう。

やっぱりどこかで限界が来るわけです。

それこそ無理に頑張った反動が1年後、2年後に来るのはよくありますよ。

自己管理がてきとう

仕事が続かない人って、生活習慣が悪い人が多いです。

例えば夜は遅くまで起きて、ご飯もバランスの悪いものばかり食べている。

そんな状態だと体力が落ちますし、メンタルも簡単に弱くなっていくでしょう。

社会人になると生活習慣が一気に悪くなりますが、悪くなるせいで仕事を続ける体力もメンタルもなくなりますよ。

責任を背負いすぎ

日本人って真面目な人が多いです。

しかも仕事に対して異常なまでの責任を背負ってしまう人っているわけです。

例えば少しのミスでも1日ずっと落ち込んでいる人や、「自分が頑張らないと」と仕事で人一倍頑張ってしまうから仕事が続きません。

責任感があるといえば良いことですが、あまりにも責任感が強すぎると仕事が嫌になりあまり続きません。

仕事よりもプライベート

今って仕事なんかよりプライベートを優先したいという人が増えています。

理由としては、仕事で出世してもあまり意味を感じないとか、出世するとメリットがない。

それに「今の職場で頑張っても45歳でどうせ早期退職なんでしょ?」

と思って頑張ることがありません。

頑張っても意味がないなら、プライベートを優先して遊んだ方が絶対得と思うでしょう。

そしてプライベートを優先する人って、出世しそうになったら辞めるという特徴があります。

やっぱり出世ってあまり意味がないと感じてしまうので、その時点で仕事なんて辞めるでしょう。

真面目

真面目って長所のように見えますが、実は社会人になってからは短所の部分が目立ちます。

例えば真面目に頑張ってしまうと、誰にも相談せずに溜め込むことがありますし、一人で全ての仕事を頑張ってしまう癖があります。

真面目な人って人に頼ることがダメと思ってることがあり、そのせいでストレスを誰よりも抱えます。

そしてストレスを多くかかえるせいで精神的に辛くなり、仕事が続かない原因につながります。

ちなみに周りの人は真面目な人の精神状態に全く気付かず「何が原因で辞めるの?」と驚く人が多いです。

世間体を気にする

世間体を気にする人って、メンタルが非常に弱く仕事を辞めやすいです。

例えば仕事で失敗して周りから色々言われるのが嫌だから辞めるというのはあるあるです。

他にも、仕事のちょっとしたミスや人間関係がうまくいかなくなり耐えられなくなって辞めるのもよくあることです。

世間体を気にする人は自分が失敗して他人に知られるのが嫌なので、ちょっとしたことでも辞めるでしょう。

飽き性

仕事が続かないのは単純に飽き性というのもあります。

人間って実は忙しいより何もなくてつまらない方が耐えられません。

実際に仕事が忙しすぎて辞める人より、仕事がないから辞めるという人の方が実は多いんです。

それくらい人間って飽きに耐えることができません。

だから飽き性な人って仕事が続かず、飽きたら仕事が嫌になるから仕事をドンドン辞めてしまいます。

我慢ができない

仕事って嫌なことの連続です。

それこそ嫌なことの方が多いのが仕事というものです。

嫌なことがあると我慢して耐えてなんとか仕事を続けますが、我慢ができない人は少し嫌なことがあると辞めてしまうでしょう。

  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 給料
  • 残業時間

主にこの4つの原因のせいで、仕事を辞めてしまうでしょう。

メンタルが弱い

メンタルの弱さは仕事が長続きしない原因です。

メンタルが弱いと、嫌なことがあると人の何倍も落ち込みますし仕事で長続きしません。

特に人間関係に対するメンタルの弱さは人一倍で、上司との関係に悩んで仕事を辞めるのはあるあるなことでしょう。

ネガティブ

ネガティブな人って基本的にメンタルが弱いです。

物事を悪く考えてしまう癖があるため、ネガティブな人って仕事で長続きしないでしょう。

例えば上司に怒られた時は「あの人は自分のことが嫌いだから怒るんだ」と非常に悪い方向に考えてしまうでしょう。

実際は別に嫌いというわけではなく、その上司の普通のことという場合が多いですが、悪い方向に捉えてしまうと仕事が長続きしません。

人が嫌い

結局のところどの職場でも人間関係はあります。

それこそ特殊な仕事をしていない限りは、人間関係は絶対にあるわけです。

しかし根本的に人が嫌いという人は、どの職場でも長続きしません。

だって職場って長時間ずっと違う人と一緒にいないといけないわけです。

それこそ人が嫌いだと対人関係のトラブルって多いですし、長い時間ずっと人と仕事をするのに耐えられません。

残業が多い

日本ではまだまだ残業が多いですが、残業が多いと単純に仕事が嫌になります。

例えば1日12時間労働をしてる会社ってたくさんありますが、普通に考えると12時間労働って地獄のようなものです。

だって1日の半分以上の時間を使って仕事をするって、ただの拷問としか思わないでしょう。

特に職種によっては長時間労働前提の仕事なんてたくさんあるため、それで嫌になってしまいます。

評価がてきとう

職場って評価がてきとうすぎるとやる気が出ません。

それこそ上司の好感度だけで決めるような職場って、いくら頑張っても無意味と感じるでしょう。

特に日本だとまだまだ年功序列や上司の好き勝手な人事評価をすることがあるため、誰もがやる気をなくします。

それこそ評価適当職場に何回も当たってしまったら、仕事は長続きしなくなるでしょう。

給料が少ない

仕事って結局給料の高さで決めます。

やっぱり給料が高い仕事の方がやる気がでますし、どうせ仕事が嫌いだったら給料が高い方がまだましと言えるでしょう。

しかし世の中そんなに甘くないです。

実際は思ってたより給料が少なかったり、労働と給料が全く合わないということはあるあるです。

そのせいで仕事を辞めたくなるでしょう。

将来性がない

仕事って長くやってるとその業界が落ち目かどうかなんてすぐわかります。

落ち目の会社にいても将来性がないだけなので、仕事をすぐに辞めたくなることはあるあるです。

落ち目の会社って全体的にやる気がないですし、給料が上がることはまずありません。

なので仕事の気力がなくなり、退職が続きます。

仕事が続かない病気の可能性

では次に仕事が続かない場合の、精神病の種類を紹介します。

あくまでこんな病気があるんだよというので、あなたの病気を特定するものではないですよ。

発達障害

発達障害は注意力がなかったり、落ち着きがない。

また対人関係の作り方などが分かっておらず、トラブルをたくさん作ってしまうでしょう。

中でも落ち着きがないことや、対人関係のトラブルは社会人にとって致命的と言えるでしょう。

例えば職場では対人関係を何より大事にしないといけませんが、人の気持ちをわからず色々失礼なことを言うせいで、喧嘩になり仕事が続きません。

うつ病

うつ病って気分が落ち込むだけと勘違いする人もいますが、実はそうではありません。

例えば双極性障害と言って、気分の浮き沈みが激しいうつ病もあります。

双極性障害の厄介なところは、気分が上がっている時は「今ならなんでもできる」と勘違いして無理をすることです。

例えば会社を辞めて落ち込んでも、日にちが経つと「今ならなんでもできる!早く転職しよう」と勘違いして、結局辞めます。

しかも本人はこれが病気だなんて思ってもいないため、長い時間苦しむことになるでしょう。

燃え尽き症候群

燃え尽き症候群は、一時的にやる気を出したけどいつのまにかそのやる気が消えてしまうことです。

双極性障害と似ていますが、燃え尽き症候群の場合一度気分が下がると上がることって中々ありません。

特に新卒の時に好きな仕事ができると思って、気合いを入れすぎた人ほどなりやすい病気になります。

だから一度仕事を辞めて違う仕事をしても、新卒の時みたいなやる気が出ず仕事がずっと長続きしません。

強迫性障害

強迫性障害の症状は、本当に小さいことが頭から離れず精神的に辛くなる病気です。

例えば軽いものだと「玄関の鍵は閉めたか?」とか「ガスの元栓は閉めたか?」という感じです。

これは誰でもあるかもしれませんが、強迫性障害が酷くなると仕事に影響することになるでしょう。

例えば書類の誤字脱字が気になって仕事に集中できない。

上司と会話した時に「自分と会話して不快な気分になっていないか?」そんな感じに気になりだすとドンドン疲れていきます。

だからどの職場でも小さいことが気になり、結局辛くなって辞めてしまうわけです。

睡眠障害

その名の通り、睡眠に障害が出てしまう病気です。

例えば一番あるのが、夜全く眠れない。逆に眠りすぎてしまうと言った症状があります。

全く眠れない不眠症タイプの人は、寝不足なので仕事に集中できなくてミスが増えます。

逆に眠りすぎる過眠症の人は、仕事に遅刻をするため周りからの評判が非常に悪くなるでしょう。

どちらも仕事に致命傷で、クビになるケースが多いです。

仕事が続かないデメリット

 

将来が不安

仕事が続かないと将来が非常に不安です。

今って嫌な仕事は転職しようというのが、世間の声ですがそうそうたくさん転職なんてできるはずがありません。

いくら転職に優しい社会でも、履歴書に10社以上も転職経験があれば雇われる確率は低くなります。

それに仕事が続かないと「これから先どうなるんだろう?」という不安が頭いっぱいになるので、余計に怖くなります。

信用がなくなる

今の時代転職するのは当たり前ですが、結局回数制限があります。

普通の会社って5社転職した経験があれば少し悩みますし、10社も転職経験がある人は雇いたくありません。

やっぱり会社としてはポンポン転職されたらたまらないので、そういった会社への信用がなくなるのはしょうがないでしょう。

スキルアップがない

同じ業種ならスキルアップできますが、全く違う業種に行きまくるとスキルアップがありません。

やっぱり違う仕事をすると全てがリセットされるので、一からやり直さないといけません。

学ぶのが好きな人ならいいですが、大半の人は新しいことを学ぶこと自体ストレスを感じてしまいます。

特に40代以降になると、今持っているスキルが重視されるので、そこでスキルがないと転職がうまくいかないでしょう。

仕事が限られる

仕事が続かなくなると、できる仕事って限られます。

ようは資格も学歴もいらない仕事をすることしかできなくなるでしょう。

もちろんそう言った仕事を馬鹿にするわけではありません。

ですが資格も学歴も職歴もいらない仕事って重労働が多いです。

例えば建築業の下っ端とか、工場とかそう言った重労働ばかりになります。

若い時はいいかもしれませんが、40代以降になって重労働をやると簡単に壊れてしまいますよ。

ちなみに私が働いていた工場で、腰痛持ちの40代の人が来たことありますが、その人は2時間働いて腰を痛めてそのまま辞めたことがあります。

やっぱり年齢を重ねた時の重労働って地獄なんですね。

仕事が続かない人の対処法

 

やりがいを見つける

仕事とが続かない人って何もやりがいがないから、仕事に飽きてしまいます。

例えば工場など単純作業の仕事って何にもやりがいがありません。

私は工場で働いた経験がありますが、あの仕事って何か自分でやりがいを作らないと全く続きません。

例えば仕事を効率化するようにしたり、仕事のミスを極限まで減らすようにする。

上司と仲良くなって、上司の趣味を探そうというゲームを隠れてしたこともありました。

このようにどうしてもつまらない仕事なら、無理矢理にでもやりがいを見つけないと本当にきついですよ。

仕事が嫌いな原因を探す

あなたの仕事が嫌いな原因はなんですか?

仕事が続かない人って、病気という可能性もありますが根本的に仕事が嫌いなんです。

そもそも人間の大半は労働が嫌いです。

働きたくないから便利なものを開発したり、出来るだけ楽をしようと考えるのが人間の本質です。

なので仕事がキライなのはしょうがないです。

だって人間の遺伝子がそもそも仕事って嫌いなんですから。

では嫌いなのはしょうがないとして、自分がどんなところが嫌いか?というのも考えないといけません。

例えば人間関係が嫌いとか、残業が嫌いとかそういう理由を自分の中で探してみてください。

原因を見つけたら、次は具体的な対策です。

例えば人間関係が嫌いなら、部署異動をするとか転職をする。

残業が嫌いなら、仕事を効率化するかこれも転職をしてみる。

またはフリーランスになって自分の時間通りに仕事をしてみる。

こう言った対策もできるわけです。

自分の得意なことをやる

人って努力次第で苦手なこともできますが、結局は限界があります。

やっぱり人間って得意なことじゃないと才能が伸びませんし、苦手なことを無理矢理やっても大した実力はでないでしょう。

なので自分の得意なことを優先してやるというのが一番いいです。

そもそも仕事が続かない人って、自分が苦手なことを無理矢理頑張っているからつまらないし、すぐに辞めます。

なので自分が得意なことを探して、それを仕事にしてみるのがいいです。

ちなみに得意なことって本当に些細なことでいいです。

  • 喋るのが得意
  • コツコツ作業が得意
  • 一人で何かをするのが得意

そういった些細な得意を探して、やることで案外天職って見つかりますよ。

人に仕事を任せる

日本人に特に多いですが、仕事を全て一人でやってしまう癖があります。

例えば人に言うのが恥ずかしいとか、申し訳ないとかそういった理由で何も言えないことがあるでしょう。

そして一人で頑張るとストレスが多いですし、仕事の効率は悪いしで最悪です。

そこで試して欲しいのが人に仕事を任せるということです。

人に仕事を任せることは怖いとか、言いにくいなど色々ありますが仕事を続ける対策としては、非常に有効な方法になるでしょう。

意見をはっきり言う

なんで仕事が続かないってそれは我慢してるからです。

例えば上司に何も意見を言わない。

そもそも争いが嫌いだから意見を言わない人もいるでしょう。

しかし異見を言わずに我慢してると、ストレスが溜まっていきます。

結局自分の意見を押し殺して仕事をしてると、仕事が嫌になるだけなんです。

我慢して真面目に頑張っている人ほど仕事を辞めやすいのは、そういった我慢をしてるせいでもあるでしょう。

サボる

仕事が続かないという人は真面目な人が多いです。

真面目な人って仕事に対して真面目で辞めないイメージが強いですが、実は真面目が一番の辞める原因です。

例えば仕事で全くサボらず常に全力疾走をしてる人って、いつかは疲れてしまうでしょう。

仕事が大好きなら話は別ですが、大半の人は仕事がそこまで好きじゃないので好きじゃないことを我慢して全力でやっているということになります。

サボらず毎日必死になって仕事をすると、それはいつかは疲れて辞めてしまうでしょう。

だから逆にサボってしまえば良いんです。

例えば仕事のスピードを半分くらいにしても、そこまでバレることはありません。

それにトイレに長時間いるというのも1日1回だけならありです。

とにかくサボること。仕事を長続きしたいならサボりながらでも良いので続けることが大事ですよ。

周りと比べない

仕事を辞める原因って周りの人と比べてしまうからです。

例えば仕事の質を先輩と比べて低いことに落ち込んだり、友人の仕事の話を聞いて「あいつがこんなに出世してるのに俺なんて…」と比べるせいで落ち込む人は多いです。

しかし周りと比べてしまうと、それって無限に劣等感がなくなりません。

だって年収だって1000万円稼いでも1億円の人には勝てませんし、仕事の内容だって比べるせいで、自分の仕事が嫌になっていくでしょう。

なので周りと比べることをやめてみると、案外仕事は続きますよ。

ちなみに人と比べない方法ですが、情報を遮断するのが一番簡単な方法です。

例えばSNSなんかは成功者の人がたくさんいて、最悪の場所ですし、仕事のことばかり話す友人は少し距離を置いた方が心の安定を保てます

愚痴を言う

仕事のストレスが一番溜まってる時にやってはいけないのが、一人で抱え込む人です。

例えば仕事で怒られた時って「あの上司は俺のことを嫌っているんだ」と思うことがあると思いますが、それって一人で抱え込まずに違う人に相談すると意外と解決できます。

例えば「あの人って期待できる新人には厳しいんだよ」と実は期待されて怒られることもあります。

それと「あーわかる。あの人って部下とか立場が下の人にはめちゃくちゃ怒ってくるんだよ。みんなしてクソ上司って呼んでるぞ」と共感してくれるパターンもあります。

愚痴を言ったお陰で、上司の本性がわかるのはあるあるなので同僚や先輩に愚痴を言って悪いことはありません。

結局一人で抱え込んでいるせいで、仕事が長続きしません。

なので話しやすい人に愚痴を言うのが非常に有効な手段です。

一人暮らしをしてみる

仕事で長続きしないのって、実家暮らしが原因というのもあります。

だって実家暮らしをしてるとどうしても甘えてしまいます。

働かなくてもご飯が食べれるし、働かなくても生活は全然できるでしょう。

なので気持ちの奥底で「別に働かなくてもいいんじゃない」と思ってしまうことがあるあるです。

だから実家を出て一人暮らしをすることで、仕事が長続きするようになるでしょう。

フリーランスになる

仕事がどうしても続かない場合、会社勤めが嫌になってる可能性があります。

毎日決まった時間に仕事して、決まった時間に家に帰る。

嫌な上司と付き合い安月給で頑張る。

これが非常に嫌な人もいます。

なのでフリーランスになって自由な働き方をするというのも全然ありでしょう。

フリーランスになれば全ての責任は自分です。

責任は高いですが、やった分だけ給料はもらえますし嫌な上司と仕事をすることもありません。

今ってフリーランスの人が増えていますが、それだけみんなフリーランスという働き方にメリットを持っているわけなんです。

転職をする

仕事が続かないのが病気なのかな?と思ってる人に転職を進めるのはおかしいですが、まずは聞いてください。

ぶっちゃけいうと、転職ができることって良いんです。

というのも日本人って自殺する人が年間で2万人以上。

しかもその多くが10代や20代の人たちによるものです。

実際に20代の死因の1位は圧倒的に自殺。

そして20代というのは多くの人が働いているため、どれだけ日本人が仕事に苦しんでいるのかがわかります。

例えばニュースに出てくる社会人が自殺した人たちの共通点って仕事を辞められなくなったということです。

だってそうでしょ?普通仕事を辞めることができれば自殺なんてやらなかったはずです。

それを頑張りすぎて仕事を転職しなかったから自殺したというわけです。

それを考えると、仕事を続けるより仕事を辞める癖がある人の方が圧倒的にいいわけです。

だって仕事を辞めればまたやり直せるから。

やり直す時間がたっぷりあるから、全然いいんです。

なのでまた嫌になったら転職を考えてみるのも全然いいんですよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。