仕事

ミスを許さない上司とは付き合わない方が良い理由とは?

ミスを許してくれない上司とは早く別れる方がいいです。

仕事というのはミスの連続でもあります。

会社にとって損害を与えるミスなら怒鳴っても問題はないですが、小さなミスに対していちいちネチネチ言ってくる上司とは近づかない方がいいでしょう。

今回はミスを許さない上司と付き合わない方がいい理由についてかいていきます。

ミスを許さない上司のデメリット

 

仕事の効率が落ちる

まず常に怒ってくる上司がいると、仕事の効率が圧倒的に落ちます。

人間というのは緊張してしまうと、能力が半分以下まで落ちてしまいます。

例えば新しい仕事をすると、ミスを連発する人がいますがあれって新しいことをして緊張してるからミスが増えるわけです。

そして常に怒ってくる上司がいると「また怒られるのかな?」と緊張して自分の能力がうまく出せません。

そのせいでミスの確率が増えますし、仕事の効率も落ちて何もいいことがありません。

私も苦手な上司がいましたが、その上司がいると効率が落ちていないと普段の2倍以上の効率が出ますし、ミスがありません。

このようにあまりにも怒って緊張すると、本人も会社にとってもいいことがなくなります。

精神崩壊する

怒られると落ち込みます。

そして落ち込む時間が長いほど精神が破壊されていくのはあるあるです。

例えばうつ病になるなど、精神的な病気になることは当たり前のことになっています。

そして精神が崩壊すると、仕事をする気がなくなりずっと引きこもりになるというケースは今の時代珍しくありません。

一度引きこもりになってしまうと、復帰がなかなか難しく今後のあなたの人生を左右するため、ミスを絶対に許さない上司とは縁を切る方が楽です。

新しい発想がなくなる

ミスを許さない上司って、基本的に自分勝手に仕事をしています。

例えば違う人が新しい仕事の方法や効率化する手段を提案しても、全部よくわからないから拒否します。

それどころか余計なことをするなと叱ってくるパターンもあるため、職場で新しい発想が全く出てこなくなるでしょう。

新しいことができなくても別に仕事はできますが、いざ会社が経営難になった時に誰も提案しなくなり、会社は滅びることが多いです。

今の時代新しい発想ができない会社は、すぐに倒産するため一人の上司のせいで会社が倒産することになるでしょう。

自分も将来同じことをする

実は20代の頃に関わった上司の性格って、自分に移ることがよくあります。

例えば新卒の時に入社した会社の上司が、暴言を吐く上司だとします。

その上司と長い時間関わっていると、もし自分に部下ができた時に自分も同じように暴言を吐く上司に変わってしまうでしょう。

人間って不思議なもので、近い人の性格とよく似るものです。

だから暴言を吐いて部下をいじめる上司の近くにいると、自分も将来同じことになりますよ。

ミスが許されない仕事ってあまりない

実際仕事ってミスは許されます。

人の命を守る医者などはミスが許されませんが、一般企業の仕事ってミスをしても対応できるので、そこまでひどく怒る必要はないでしょう。

だから毎日のように叱る方も頭がおかしいんです。

怒る上司って怒るのが仕事と勘違いしてる

普段から怒鳴り散らしている上司って、怒ることが上司の仕事と勘違いしてる人が多いです。

実際上司の仕事って部下が仕事しやすいように、手助けをするのが仕事です。

しかし舐められてはダメと思ってしまい、いつのまにか叱ることが自分の仕事と勘違いしています。

叱ることで他の部下を威圧して、コントロールして自分の想い通りにしようとしてるのもよくあることです。

叱る以外の方法を知らない

叱る上司って叱る以外で教育する方法を知りません。

もともとそうやって叱る続けた人って、過去に上司に散々叱られた経験があるため、そういう方法しか取れない理由もあります。

しかし叱る以外にも教育する方法はいろいろあります。

しかし人間というのは不器用でめんどくさがりなので、基本的に1つのことしかできないのはアルアルなんです。

叱られたら頭の中で受け流す

もし叱られた時は、頭の中で適当に受け流すのがかなりいい方法です。

叱られて精神的にきつくなるのは、真正面から受け止めてしまうことです。

うつ病になる人って真面目で優しい人が多いため、どれだけ理不尽なことでもまじめに受け止めてしまいます。

しかしメンタルが強い人って、基本的に受け流しています。

叱られても知らんぷりですし、切り返すのが上手いのであまりダメージがないです。

もし苦手な上司に叱られた時は、別にまじめに受け止めなくていいです。

適当に受け流して「フーン」程度の思っておけばいいんです。

だって向こうも別にすごい能力のある上司というわけではないので。

出来るだけ違う上司と仕事をする

こういう時って、物理的に距離を取った方がいいことがあります。

だって苦手な上司が今から性格が変わることなんてないですし、だったら自分が変わるしかないです。

それに苦手な上司と無理に付き合うのって、時間の無駄でもあります。

だって別に得することだってないでしょう?

能力が上がるわけでもないですし、その上司から何かを学ぶことだってないはずです。

だったら出来るだけ苦手な上司は避けて、違う人と仕事をする方があなたのためにもなります。

転職も考えてみる

今の時代って転職は珍しいことではありません。

むしろ自分の精神が崩壊するくらいなら、転職しても問題はありません。

だって今の上司とうまく付き合える自身はありますか?

あなたの性格が捻じ曲がってもいいと思いますか?

あなたの将来が暗い未来になってもいいですか?

もし心当たりがあるなら、少しでも転職を準備をした方がいいでしょう。

無理にとは言いませんが、このままではあなたの精神は真っ黒に染まっていき、次第にただ仕事をするだけの機械に生まれ変わりますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。