仕事

職場で孤立して退職は問題ない!むしろ早めに辞めてうつ病を回避しよう

職場で孤立したから退職したい。

そう思っているあなた、今すぐに辞めても問題はありません。

多くの人が職場の人間関係で辞めるのを甘えと言いますが、それは大きな勘違いです。

例えば仕事でうつ病になる人の多くの原因は人間関係のせいと言われています。

実際に私は人間関係のせいで精神的に病んでしばらく働くことができませんでした。

それくらい人間関係って大切なことなんです。

しかし職場で孤立するのって何かしら共通の原因があります。

その原因をわかっていないいと次も同じことで退職する可能性があるでしょう。

そこで今回は職場で孤立する人の特徴と、人間関係で辞めてもいい理由について書いていきましょう。

日本は浮いた人は孤立する

日本って浮いてる人、目立つ人がとにかく嫌いです。

例えば日本で目立ったことをしようとすれば、妬んだ人が悪口をネットに書くなんて当たり前にあることです。

今ではましになりましたが、「昔はYouTubeで稼ぐなんてありえない。普通に働け」と非常に文句を言われていることがあったんです。

それくらい日本人って浮いた人の存在を認めようとしません。

だからもし職場で浮いた行動をしたり、変わったことをしてるなら注意が必要になるでしょう。

日本では能力が高すぎると孤立する

日本の会社って能力が高すぎても実は孤立をします。

能力が高いと普通は喜んでくれると思いますが、自分の立場がなくなるのが一番嫌な日本人は能力の高い人に嫉妬して排除しようとします。

だからあまりにも能力の高すぎる人って、上司から嫉妬されてろくなことになりません。

職場で孤立する人の特徴

 

周囲に溶け込めない

どの職場でもそうですが周囲に溶け込むことができないと簡単に孤立してしまいます。

例えば職場の人が色々聞いているのに無愛想な対応をしたり、何を聞いてもはいとかいいえしか答えないと、周りからは扱いずらいと思われてしまうでしょう。

会話が苦手

会話が苦手だとどうしても孤立することが多くなってしまいます。

例えば会社でもプライベートな話をすることがありますが、その時にうまく受け答えができないと話しにくい人と認定されて孤立することが多くなってしまいます。

それに日本語って難しく、言葉のトーンや声の高さが違うだけで意味が違ってきます。

そういった会話能力がないと、職場では孤立する原因にもなるでしょう。

飲み会に参加しない

最近では飲み会に参加する人が少ないですが、やっぱり飲み会に参加するだけで周りに一気に溶け込むことができるでしょう。

参加しないだけで「あいつは態度が悪い」と思われてしまう傾向があるため、孤立する原因にも繋がるでしょう。

無理に飲み会に参加しろとは言いませんが、昔みたいに飲む会が大事と思ってる会社もあるため注意が必要になります。

職場で孤立した時はどうすればいいのか?

 

周囲に溶け込む努力をする

やっぱり職場で孤立しないとためにはそれそうおうの努力をする必要があります。

例えばプライベートの話もしたり、愛想よく笑うだけでも溶け込み具合が違います。

無愛想で最低限の返事しかしないと、また孤立して仕事がやりにくい危険があるため要注意です。

挨拶をする

挨拶は社会人の基本ですが、実はこれができてる社会人って意外に少ないです。

朝職場に来た時に気持ちよく「おはようございます!」これが言えるから言えないかで印象って全然違いますよ。

やっぱり会った時に挨拶も何もないと、無愛想な人だと思われますしあんまりいい印象がありません。

それに職場で好かれやすい人って、どんな人でも明るく挨拶ができる人ばかりなんです。

プライドを捨てる

プライドというのはあっても何もいいことがありません。

例えばプライドが高いと人を無意識で見下してしまい、上司に対してかなり失礼な態度をとりそれだけで印象が悪くなります。

他にも仕事のやり方を教えてもプライドの高さのせいで、全然話を聞かない人っています。

そういったプライドの高さは職場ではマイナス面しか機能しないため、余計なプライドは捨てないと孤立してしまいます。

成果主義の仕事をする

どうしても人とのコミュニケーションが苦手な人は、自分の能力が試される成果主義の仕事をするといいです。

例えばフリーランスという働き方は、完全に自分の腕が全てで、しかも一人での作業が多いため会話が苦手な人におすすめです。

今って働き方は沢山あるため、自分の能力をみて仕事をするのも1つの方法になるでしょう。

職場関係で退職するのはありか?

職場の人間関係で辞めるのは甘えと思う人がいますが、それは真逆です。

というのも人間関係が悪い職場にいるだけでどんないい職場でも地獄になってしまうからです。

例えば大手企業に勤めて自殺するという人は沢山いますし、公務員になっても人間関係のせいでうつ病になる人は沢山います。

どんなに給料が高くてもどんなに休日が多くても、人間関係が悪かったらそれで終わりです。

下手をすれば今後の人生を左右するくらい酷いことが起きるかもしれません。

そう考えたら人間関係で退職するのは全然ありですよ。

転職するなら人間関係のトラブルは言わない

もし転職を考えているなら、人間関係のトラブルで辞めたとは言わない方がいいでしょう。

やっぱり会社としては人間関係のトラブルで辞めた人って「この人はまた人間関係のトラブルを起こしてしまうのでは?」と考えて不採用にすることはよくあります。

だから次の転職では上手いこと嘘をついて人間関係で辞めたことは言わない方がいいでしょう。

転職するなら転職エージェントがおすすめ

もし転職をするなら転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントって無料で使えますし、転職に関するサポートが充実してるので、一人で悩むよりは全然良いです。

それに擬似面接などをやって、次の面接対策もしてくれるので転職はスムーズに進みます。

転職エージェントに人間関係で辞めたと素直に伝えてみて、次の仕事探しや面接内容を見直す。

少し強引に転職させることもありますが、エージェントを使ってみれば次の転職先に困ることはないでしょう。

もし人間関係のせいで退職をしたなら、次に良い転職先を見つけるためにぜひ使ってみてください。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。