人間の性格

趣味ですら嘘をつくあなたへ!嘘つきの革命的な治し方8選

嘘つきって自分でも嫌になりますよね?

ダメとわかっていてもついついやってしまう嘘つき。

治したいけどやっぱり人前で嘘をつく癖が治らないのは困りますよね?

今回はそんな嘘をついて困る人のために、嘘つきの治し方を紹介しましょう。

嘘つきが損をする理由

では最初に嘘をついてしまうと損をする理由について考えます。

これを考えることでどれだけ嘘つきが人生で損をするのかがわかるでしょう。

信頼度がない

人間関係って信頼があるから成り立っています。

例えば職場の重要な仕事というのは基本的に周りから信頼されている人に任せられますが、嘘をついたせいで周りからの評判が下がり、簡単な仕事しか任せてくれません。

さらにいうと、会社に業績が悪くなった時に真っ先にクビを切られるのが信頼がない人です

信頼というのはいつの時代も非常に重要で、嘘つきだとその信頼が全くないということなんです。

人間関係が悪くなる

嘘つきって基本的に信頼されません。

社会人の場合そこまで指摘されることもないですが、裏では「あいつは嘘つきだからな」と言われて評判が非常に悪いです。

だからいざという時に信じてもらえませんし、なんとなく避けられることが多いため、職場の居心地は非常に悪いことになるでしょう。

自分でも疲れてしまう

嘘をつくのって自分でも疲れてしまいます。

例えば話を盛ったり、ミスを他人のせいにしたりと最初は良いかもしれませんが、あとで結局後悔します。

だけど嘘つきがやめられないので、永遠と嘘を吐き続けることになり自分を苦しめるでしょう。

嘘つきを治す方法

 

自分の過去を知る

実は嘘つきって幼少期の時代に問題があると多くの研究結果で言われています。

例えば親が厳しい人で、嘘をつかないと自分が怒られて嫌な目にあった。

自分の能力の低さに劣等感を持ち、その劣等感を消すために嘘をついて周りからチヤホヤされるために嘘をつく。

そういった子供の頃の過去のせいで嘘つきになるのはかなりあることなので、まずは自分の子供の頃の記憶を考えてみましょう。

過去を見直して原因が分かると「これのせいで自分が嘘つきになったのか」と客観的に見ることができるので、治しやすくなります。

嫌われても良いと思う

嘘つきって周りから嫌われるのを恐れるせいで、嘘を吐き続けることになります。

例えば自分の趣味を話す時も「こんな趣味を言って嫌われないか?」と思っているため嘘をつくことになります。

ですが嫌われてもいい。変でも良いと思うことで嫌わても良いと思うことで嘘つきが少しずつ治ることになります。

バレた時の損を考える

嘘をつくことって社会人になると特をする人が多いと感じますが、やっぱり損をすることが多いです。

しかし嘘が癖になってる人は、目先の利益しか考えず先にある損することを考えないことが多いでしょう。

例えば嘘をつくことで信頼を失うとか、嘘をついたせいで周りから避けられるというかなり大きい損があるでしょう。

さらにいうと仕事のミスを隠してそれが取り返しのつかないくらい酷い損害のミスだった場合、バレた時に一発で会社をクビになる危険もあるでしょう。

それくらい嘘をつくというのは損をすることが多いと考えると、嘘をつきにくくなります。

嘘をつかないメリットを考える

次に嘘をつかないことのメリットを考えてみましょう。

嘘をつく人って嘘をつく方がメリットが大きいと考える癖があるため、嘘をつかないメリットも考えると良いです。

例えば正直にいう人って周りの人から信頼されるため、本音で話し合ったり人間関係が良くなり仕事がしやすくなります。

それに仕事のミスを素直に報告すると、怒られることがありますがミスを隠して怒られるより被害は全然少ないです。

そういうことを考えると嘘ってあんまり意味がないですし、正直者の方が後になって得をすることでしょう。

話を盛らない

嘘つきの基本技って話を盛ることです。

例えば父親が大企業の下請けで働いていた場合、「俺の父親は大企業で働いているんだぜ」と話を盛ることがあります。

そう言った嘘を言うと嘘を言うことの快感を覚えてしまい、嘘が日常的になることはあるあるです。

まず嘘つきを治すには話を盛ることを直さないと始まらないので、盛ることをしないで正直に話して見ることが良いでしょう。

それに話を盛っても盛らなくてもそこまで変わりません。

一瞬だけ「凄い」と言われることがありますが、日常的に嘘をついてる人話って周りは「また嘘ついてるけどとりあえず話を合わせとこ」と言う風に流されているので、あまり驚かれません。

それより正直で話した方が信頼性ができて、話を真剣に聞いてもらえるので結果的に得をしますよ。

発言する前に考える

嘘つきって反射的に嘘を吐くことがあります。

例えば仕事でミスをしたら「わたしには分かりません」と反射的に嘘をつきますが、言葉を出す前に一回飲み込んで考えて見るのが良いでしょう。

話す前に「今嘘をつこうとしてるな」と一息つくことで嘘を飲み込むことができるでしょう。

魔法の言葉「わからない」

嘘つきって知らない話を素直に「知らない」と言うことができません。

無知は恥だと思っているため、どんな話でも無理やり話を合わせようとするでしょう。

しかしそれでは嘘を吐き続けるクセができるため、知らないことは「分かりません」と言うことで嘘つきを治すことができます。

とにかくどんなことでも「わからない」とか「知りません」と言うように素直に言うことで、嘘つきが少しずつ治していくのが良いでしょう。

自分に自信を持つ

嘘つきな人って自分に全く自信がありません。

自信がないから嘘を固めて理想の自分に近づけるようにするんです。

自分に自信がないと嘘を吐き続けることになるため、まずは自分に自信を持つところから始めてみましょう。

自分に自信を持つ簡単な方法は「自分の居場所を見つける」ことです。

例えば自分が大好きな趣味をして、仲間を作りそこで自分だけの居場所を作って自信を持つことで嘘をつくことがなくなります。

コツコツと自分を変えよう!

今回紹介した方法を使っても1日程度では自分を変えることができません。

早くても1ヶ月以上しないと嘘つきを治すことができないのが現実です。

しかしコツコツと嘘つきを治すことを意識すれば、嘘つきって治りますし嘘を吐かないことで良い人生にも巡り会えることになります。

とにかくコツコツと自分を変える意識があれば意外と簡単に嘘つきは治りますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。