仕事

1時間の通勤がしんどい時に今すぐやりたい対策法

通勤の1時間ってかなりしんどくないですか?

1時間って軽く書いていますけど、1時間も通勤する人は電車やバスの乗り換え。

電車を乗った後は歩きなんて人もいるでしょう。

車を使ったとしても、朝から車を1時間走らせて通勤なんて疲れる以外の言葉が出ません。

しかも1時間ということは8時に仕事が始まるとして、7時に出勤。

しかもその前に起きないとダメなので、6時起きになることは確かです。

しかも通勤が1時間ということは、往復で2時間かかるということでしょう。

1日は24時間しかないので、1日の12分の1も終わることになるでしょう。

さらに一年だとすると通勤時間に約500時間。

これだけあれば英語の取得もできるくらいの時間になります。

通勤時間の平均は?

ちなみに全国の通勤時間の平均は39分ということが総務省のデータで分かっています。

意外と日本人の通勤時間って長いですが、1時間って平均をはるかに超える長さです。

そう考えると、1時間の通勤ってかなり特殊な例というのがよくわかりますね。

通人時間が長いと辛いこと

 

帰宅が遅すぎる

通勤時間が遅いと辛いのが、帰宅する時間の遅さです。

例えば6時に仕事が終わるとして、1時間通勤で7時になります。

ですが10分通勤の人だと6時10分には帰れるでしょう。

この差ってなんと50分。

ほぼ1時間は人生の損をしてるわけです。

帰宅時間が遅いと、そこからご飯を食べてお風呂に入ってなどすると自由時間なんて1時間以下の人もいます。

だって明日も早いから夜更かしできないので、早めに寝る以外の選択肢はないでしょう。

朝早く起きる

通勤時間が長いということはその分早く起きないといけません。

例えば仕事が8時から始めるとして、7時前には家に出ないといけません。

そうなると6時には起きて準備しないと間に合わないことになるでしょう。

これが10分通勤だと、7時50分には家を出ればいいのでゆっくりと寝れます。

しかも徒歩や自電車の人だと朝の交通ラッシュを考えなくていいので、7時30分に起きてゆっくり支度しても間に合うでしょう。

この1時間寝れるかどうかって、精神的に非常に大事になりますね。

結局のところ睡眠の質が良ければ疲れなんてとれます。

逆に睡眠の質が悪いと疲れを残したまま会社に行くことになるでしょう。

会社に着くと疲れる

人間が一番辛い時って仕事をする時じゃなくて、仕事をする前なんです。

私も経験がありますが、仕事をすると集中するので嫌なことは忘れます。

しかし通勤してる時って、「またあの上司と仕事か」とか「今日も残業長いな」と嫌なことばかり出てくるので、精神的に一番辛いわけです。

その辛い状態を1時間も過ごすとなると、相当メンタル的にもきついでしょう。

通勤が長すぎる人の対策法

 

引っ越す

もし一人暮らしをしてるなら、引っ越しを検討する方がいいです。

やっぱり通勤時間って自分にとって非常に重要な問題になります。

1時間の通勤なんて辛いですし、それを続けていると疲労がたまっていつか体が壊れてしまいます。

なので難しいのは分かっていますが、引っ越しする事を覚えてください。

通勤時間が10分になるだけで精神的な苦痛が違いますよ。

転職

もし転職が可能なら転職するのもありです。

根本的な解決としては、今より家に近い通勤を目指すことです。

だったら転職をするというのも1つの方法でしょう。

通勤くらいで引っ越しなんて大げさと思うかもしれませんが、何度も言うように通勤時間を短縮するって非常に大事です。

だって1時間も毎日通勤してから往復で2時間も人生の時間を無駄にしてるんですよ。

2時間もあればしっかり休むことも可能ですし、遊ぶことだって可能です。

それくらい2時間というのは人生の中で貴重で戻ってこない時間です。

なのでもし引っ越しが無理なら、転職することをおすすめします。

通勤のストレスから解放された方がいい

通勤って個人的には仕事の中で一番のストレスだと思っています。

だって通勤してる最中が一番辛いですし、それが長いとなるとメンタルにもダメージが大きくなります。

なので引っ越すか、転職するか。

この2択をした方が今の人生よりは良くなりますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。