人間の性格

職場で孤立する人の特徴は私の上司が教えてくれた

職場で孤立する人って会社に一人はいます。

そういう人って共通した特徴があり、それを直さない限りは孤立状態が続いてしまいます。

そこで今回は職場で孤立しがちな人の特徴を書いていきましょう。

空気が読めない

職場で孤立しがりな人って、悪い意味で空気が読めない人が多いです。

良い意味で空気が読めないというのは、例えば本当は言いたかったけど周りの空気のせいで言えないことをあっさりいうなど、そういう空気の読めないはいいです。

しかし会社の方針を無視したり、みんなが残業してるのに一人だけ帰ると職場では居場所がなくなります。

今って残業しないで帰った方が良いというのが普通の流れですが、やっぱり全員が残業してるのに帰ると普通に孤立する確率が高いので注意です。

気が利かない

気が利かないことで絶対孤立するまでとはいきませんが、人間関係が少し悪くなることに繋がります。

例えば仕事で困ってる人がいたら「手伝いましょうか?」と言わずとにかく自分のことしかやらない。

ちょっとした気遣いができるだけで人間関係はかなり変わるでしょう。

人にとって態度が違う

人によって好き嫌いがあるのは当然ですが、露骨に態度が違うと職場で嫌われる原因になります。

そもそも人って誰かに媚びているとか、弱い人間を徹底的にいじめる人が嫌いになる傾向が強いです。

だからぶりっ子する女性は女性に嫌われますし、手柄を横取りして上司にいい顔をする同僚も嫌われることが多いです。

ちなみに人によって態度が違うのは、その人と仲良くして利益があるかどうかで判断してるからです。

例えば上司に媚びまくる人って、上司にさえ媚びていれば仕事の評価が上がると学んでいるため、そういうことをします。

実際に私の職場でも仕事ができる人より、上司と仲良く話す人の方が評価が高いですから。

マイペース

仕事って特殊なことじゃない限り、集団の作業です。

なので一人が遅すぎると、全員の作業に支障が出るため嫌われてしまいます。

やっぱり作業スピードってある程度の早さが欲しいですが、あまりにも遅すぎてマイペースに仕事をすると嫌われてしまうでしょう。

しかも忙しい時に有給休暇をとったり、期限内に仕事を終わらせないということがあるとさらに嫌われるでしょう。

感情が出すぎ

仕事で感情が出るというのは怒鳴り散らすなど、怒りまくる人のことです。

誰だって怒られるのは嫌です。

正当な理由で怒られるならいいですが、それが理不尽な理由で言われる場合は我慢できません。

例えばその人の機嫌が悪かったからとか、一方的に怒鳴り散らすなどをされると大抵の場合嫌われてしまうでしょう。

私の職場にも過去に理不尽なことで怒鳴り散らす人がいました。

その人は訳あって辞めることになりましたが、辞めると決まった時は職場のみんなが大喜びになって笑顔になるくらい嫌われていましたよ。

「やっとあいつが辞める」とか「最高!」というように誰一人として悲しんでる人がないのをみて、その人の人望の無さを改めて知りましたよ。

自分の仕事しかやらない

結局職場というのは人同士の連携プレイでできています。

だから自分の仕事だけやってあとは知らないという態度だと、職場で孤立する確率が高いです。

人の仕事も一緒にやることで、お互いに信頼感が高まり結果的に仕事も効率的にできますよ。

神経質

仕事を丁寧にミスなくやることは大切なんですが、あまりにも神経質に仕事をやると職場の人から嫌われてしまいます。

例えば神経質な人って相手の仕事に対しても神経質なので、粗探しをして指摘をすると周りから面倒な人と思われがちです。

しかも神経質な人の指摘ってほんとうにどうでもいい業務ばかりなので、嫌われる確率はさらにアップするでしょう。

仕事の文句しか言わない

基本的に人間ってネガティブな言葉を嫌います。

だからネガティブな人よりポジティブな人の方が好かれる傾向にあるでしょう。

逆にあまりにもネガティブな人だと嫌われることが多いため、非常に注意が必要になります。

私の職場にもいつも上司の文句や仕事の文句を言う人がいますが、そういう人って周りをイラつかせているだけで、あんまり好かれていないんですよね。

偉そう

仕事は競争社会なので、偉そうにするだけで自分を有利にしたい人って沢山います。

偉そうな人は本当に立場が上だったり、能力が高い人なら全然いいです。

しかし対して実力もない癖に態度だけは一級品の人って誰も近づきたくありません。

それどころか、人をイライラする原因につながるため結果的に人望をなくす原因にもなるでしょう。

ありがとうがない

「ありがとう」この言葉が言えるか言えないかで職場の人間関係って大きく変わります。

感謝というのは人を安心させたり、信頼度が上がる魔法のような言葉です。

しかし社会人になって精神的に疲れていると、そんな簡単な言葉すら使わなくなります。

しかし感謝の言葉すら使えなくなると、態度が悪いと思われて周りの信頼も落ちていくでしょう。

仕事をやってもらった時に「これはあたりまえのこと」と思う人と「いつもありがとう」と言える人、どちらが信用されて人望が厚くなるって後者の方が圧倒的に高いです。

やっぱり私も職場でありがとうという言葉が出ると嬉しいですよ。

仕事をするのは当たり前ですが、当たり前のことに「ありがとう」と伝えてくれるだけでその人の好感度は爆上がりです。

まとめ

職場で嫌われる人の共通点は「人を見下している」ということです。

理不尽なことで怒鳴れるのも相手のことを下に見ているからですし、感謝の言葉がないのもやってもらって当然と見下しているからです。

ストレスがたまり、他の人を見下して発散するというのはよくあることですがそれをやってしまうと、いずれ人望がなくて悲惨なことにもなります。

かつての私の上司があまりの人望のなさに辞めるとなった時にみんな喜んだように、最終的に寂しい人生にもなります。

そうならないためにも、自分が人を見下していないか?に注意して仕事をして見ましょう。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。