人間の性格

根暗な人の驚くべき特徴と改善する革命的な方法

世の中には明るい人がいる一方で、根暗な人がいます。

根暗って世間的にいいイメージではないですが、根暗な人ってどんな特徴があるのか?というのを具体的に知ってる人は少ないです。

そこで今回は根暗な人の性格の特徴と外見を紹介しましょう。

根暗の特徴

ネガティブ

根暗な人によくある特徴で、世間的にも根暗な人=ネガティブと言う印象が強いです。

物事を何かと悪い方向に考えたり、24時間ずっと不安と戦いながら生きています。

例えばテストで好成績をとっても「今回は運が良かった。次はこううまくいかない」と思ってしまうほどネガティブになっています。

周りの目を気にする

根暗な人は周りの目を気にするタイプが多いです。

根暗な人って常に何かを気にして生きていて、目立つ行動をしたり批判されることが非常に苦手なんです。

だから根暗な人って周りの目を気にしなくて良い一人の方がいいと思い、好き好んで一人行動をしています。

だって一人の方が楽ですからね。

内気な性格

根暗な人は自分ではあまり積極的に動かない内気な性格です。

ですがそれは慣れていない人だからで、仲のいい人の話す時は非常によく喋ります。

しかし打ち解けるまではあまり喋れないですし、最低限の会話しかしないため人が寄り付かなくなるのも特徴の1つです。

だから周りの人には「暗い人だ」と勘違いされてしまうでしょう。

会話が苦手

根暗な人って雑談などのコミュニケーションが非常に苦手です。

一応最低限の会話ができるので、仕事では問題なく過ごせる人って多いです。

ですがプライベートなことを話すのが苦手なので、そこまで心を開いて喋ることができません。

また3人以上いる場所では喋ることが出来ず、いつも受け身になっているのも特徴の1つでしょう。

しかも異性との会話が非常に苦手で、女性が話しかけようものなら緊張して会話が噛む噛むになるのも特徴です。

引っ込み思案

根暗な人は自分に自信がなく、いつも引っ込み思案になります。

例えば自分の意見を言ったり、大勢の前で話すのなんて恐怖でできないことが多いです。

だから本当の自分の意見を言わずに相槌だけしたり、うまく伝わらずに勘違いさせることが多く、周りから孤立するのもよくあります。

話を振られても受け答えが変な感じになるため、相手からしたら話しにくい相手と思われてしまいます。

受け身な性格

根暗な人は自分から進んで行動したり話しかけると言うのがありません。

根暗な人って行動して失敗することをとにかく恐れています。

例えば人に話しかけて嫌われたらどうしようと言うように、行動して成功するより失敗することを考えるため受け身な正確になってしまうでしょう。

それに自分のことを話すことも嫌いで、理由が「こんなこと話して嫌われないかな?」とか「変な人に思われたらどうしよう」と言うように、とにかく嫌われることを恐れてなにも話せません。

そして受け身というのは非常に楽です。

例えば友達と旅行する時も誰かが決めたプランにした方が楽ですし、仕事でも受け身な方が精神的に楽なことが多いです。

そのせいで根暗な人はより受け身な性格になってしまうでしょう。

気を使う

根暗な人って何を考えているかわからないと思われていますが、頭のなかではとにかく人に気を使っています。

例えば人と話した後に「あの言葉であの人を傷つけたかな?」と無限に反省会をするのが特徴です。

さらに会話中でも「これは言わない方が良いだろう」と常に言葉を選択して出しているため、結果的に当たり障りのない言葉しか出すことが出来なくなります。

他人に興味がない

根暗な人ってそもそも他人に興味がありません。

人と話す時は非常に気を使う性格ですが、話す人以外では全く興味を出すことがないでしょう。

だから人の顔を覚えるのが苦手ですし、誕生日も好きな食べ物もあまり覚えたないのが特徴です。

裏だけ根暗

根暗って実は裏だけ根暗と言うタイプがいます。

というのも表では社交的そうな人でも、裏の感情は薄暗くあまり人と関わりたくないと感じてるのが特徴です。

ですが表向きは社交的そうに見えるため、本人以外心の底はわからないというパターンがあります。

髪がボサボサ

根暗な人って外見にお金をかけません。

自分が興味あること以外は全く触らないのが根暗な特徴なので、当然髪型はボサボサのままです。

美容院に対して根暗な人は「話しかけられるのが嫌」とか「どんな髪型にしてほしいか具体的に言えない」という悩みを持っているため、髪は自分で切っています。

美容院にもいかないし、自己流の髪の手入れをするため常に髪は汚くなるでしょう。

ファッションがダサい

根暗な人ってとにかく外見にお金をかけないため、服もダサいです。

流行なんて見ませんし、千円で買った服をずっと着ているためヨレヨレになってることが多いです。

しかも根暗な人って共通して黒や茶色の服ばかり着るので、地味な印象を受けることが多いです。

一応根暗な人も人前に出るときの服くらい何かした方がいいかとは思っています。

しかしおしゃれな服を着て「変に思われたらどうしよう」と思っているため、結果的に地味な服を着てしまいます。

メガネ

根暗な人全員がメガネをかけていませんが、世間のイメージはメガネ=大人しいみたいなイメージが強いです。

ちなみに根暗な人がメガネをかけると、黒ブチメガネで非常に地味なものをかけがちなので、ある意味世間のイメージはあっています。

明るい人がメガネをするとおしゃれなメガネを買ったり、コンタクトにしてメガネをかけないという選択肢も出てくるのが違いです。

声が小さい

根暗な人ってとにかく自信がないです。

自信がない人って声が小さいことが多く、ボソボソと何か喋っているということが多いです

特に大勢の前で話す時は慣れない環境で緊張する時どんどん声が小さくなっていくでしょう。

声が裏返る

根暗な人って話すときにあまりの緊張で声が裏返ってしまう特徴があります。

人って緊張しすぎると歩き方や喋り方など、普段できていることが全くできなくなるというのがよくあります。

そのため普通の声を出す方法がわからなくなり、声が裏返ってしまうんです。

「あっ」が口癖

根暗な人って話すのが苦手で、言葉の最初に「あ」とつけることが非常に多いです。

例えば「あ…すいません」とか話しかけられたら「あ…なんでしょうか」と言うように言葉の最初にあをつけるのが癖になっています。

これも根暗な人の特徴で気を使うというが悪い部分で働いています。

最初に「あ」と言うことで実は頭のなかで色々考えて、最適な言葉を選んでいるためあで時間を稼ぐことが多いんです。

ひどい時は「あーーーー」ととにかく伸ばすのもよくあることです。

目を見て話せない

根暗な人って相手の目を見ることが非常に苦手です。

これも根暗な人の自信のなさから出る癖で、相手の目を見て話すのは怖いと思っている証拠です。

相手の目をよく見て話す人は非常に会話がうまい人ですが、会話に自信がないと目をそらしてできるだけ早く会話を終わらせようとします。

仲良くなるとよく喋る

根暗な人って別に全員の前でオドオドしてるわけではなく、本当に心を許した人にだけよく喋るようになっています。

例えば同じ趣味仲間とか小学校からの仲良しと言う場合、他の人がびっくりするくらいスラスラと言葉が出るので驚く人も多いです。

根暗な人でも趣味や考え方が合う人だったら、結構喋ったりするものです。

おどおどしてる

根暗な人って全てのことに自信がないため、常にオドオドして落ち着かないことがあります。

特に経験のないことをする時って周りが心配するくらい挙動不審になるのが特徴です。

例えば始めて入った会社なんかは、自信がなく怒られるのが嫌で余計に挙動不審な動きをするのが特徴です。

遊んでる人は一緒

根暗な人って無理に友達を増やさず付き合う人は一定にするのが特徴です。

だから10年以上も同じ付き合うの友達が普通にいますし、休日はだいたい同じ人と同じことをして遊んでいます。

とにかく一人の人間と深く付き合うのが根暗な人の特徴といえるでしょう。

端が大好き

根暗な人ってとにかく端にいることが多いです。

例えば電車でも端っこの席を座ることが多いですし、大学の授業でも端の一番後ろに座ったりと、とにかく端が大好きです。

根暗な人って出来るだけ人との関わりを少なくしようと考えています。

そのため端っこに座り、出来る限り人と触れ合う時間を短くしたいと考えています。

根暗の長所

一人行動ができる

一人行動をするのはデメリットばかりと思われますが、意外とメリットも多いです。

例えば旅行する時って複数人でいると周りに合わせないといけないので、好きなところに回れません。

それに何でもかんでも誰かと行動していると、一人でいることが耐えられなくなり、常に人を求めてしまうことだってあるでしょう。

友人だっていつでも予定が空いてるわけではないので、一人でいることの方が当たり前です。

孤独に耐えられるというのは、人にとってかなり重要な能力になるでしょう。

自分と向き合える

人って複数人でいると自分と向き合える時間が少なくなります。

特に社会人になり、常に仕事を考えている状態では自分と向き合えることがなくなり、大事なときに自分のしたいことがわからなくなるでしょう。

例えば自分の本当にしたい仕事や、自分の人生をどう歩くか?などそういう大事なことを決める時は一人じゃないと中々できません。

根暗なで一人が好きな人だと、自分と向き合える時間がたっぷりあるのでその分20代後半以降はいい人生を送れる人は多いです。

集中力がある「好きなものだけ」

根暗な人って好きなものに対しての集中力はずば抜けて高いです。

例えばプログラミングが好きな人だと、5時間も10時間もぶっ続けでプログラミングが出来る人だってたくさんいます。

これは友人が少なく一人でいることが好きな人だからこそ出来る集中力と言えるでしょう。

好きなものに対しては誰にも負けない自信があるのも根暗な人の特徴です。

慎重

根暗人って大胆なことは無理ですが。慎重に行動して確実な成果をあげることができます。

例えば慎重な人って危険予知能力が人より優れています。

なので大きな仕事をするときに事前に危険を察知して予防しておくことができるのが特徴です。

会社って1つの大きミスのせいで倒産することはよくあるため、大事な仕事ほど慎重な人は重要になってくるでしょう。

人の気持ちがわかる

根暗な人って根っこは優しい人が多いため、人の気持ちが非常にわかります。

根暗な人って自分自身と向き合うことが多く、「こういうときにこんな感情が出てくる」というのを冷静に分析しています。

だから理不尽に怒られた人の気持ちが痛いほどわかりますし、精神的に辛くなって会社を辞める人の気持ちもわかります。

そのため他人がしてほしいこともいち早く察して、気を使いながら仕事もできています。

距離感を保てる

人って親密な関係の方がいいと勘違いしがちですが、実は違います。

というのも人ってほどほどの距離感を保った方が心地いいと思う人が多いからです。

例えば仕事の話はたくさんしたいけど、プライベートの話は絶対に嫌だという人だっています。

根暗な人はそういう人の気持ちを察して、程よい距離を保って人間関係を作っていきます。

貯金がある

根暗な人ってそこまでお金をパーット使う趣味を好みません。

どちらかというと、一人で家に過ごすことが好きなので、休日の出費がなしというパターンがよくあります。

なので自然と貯金は貯まっていきますし、小金持ちになる人はたくさんいます。

根暗の短所

無愛想

根暗な人って会話が苦手ですし、自分の感情を素直に出せないため人からみると無愛想に見えることが多いです。

単純に言葉を選んでいるから、口数が減っているだけですし内心で思っていることと感情が全く一致しないことがよくあるだけです。

しかし人から見ると絡みにくい人と思われることは確実でしょう。

ノリが悪い

根暗な人は一人でいることが好きなので、誰かから誘われても全然行かない人が多いです。

例えば会社の飲み会は時間の無駄と思ってることが多いため、飲み会や旅行などは断固拒否するパターンがよくあります。

ちなみに本人は休日に仲良くない奴といるのが一番いやと思っているため、絶対にいきません。

そうやって誘いを断っているせいで、周りからノリが悪い奴と思われてしまうでしょう。

大人数は集まれない

根暗な人って大人数で集まることが苦手です。

仲の良い友人3人くらいだったら良いですが、4人以上になるとストレスを感じるのが特徴です。

例えば大人数の会話で入ることができませんし、「俺いなくてもよくない?」と感じてしまうため余計に苦手意識が強くなります。

体力がない

根暗な人って基本的に家にこもるため、体力がありません。

少し運動するだけで疲れますし、肌は綺麗な真っ白という人はよくいます。

別に体力がなくても問題ないと感じる人が多いため、根暗な人はドンドン体力が下がっていくでしょう。

相談できない

根暗な人は一人で全てを抱え込むことが多いです。

例えば仕事の人間関係に悩んでいても一人でなんとか解決しようと頑張ってしまいます。

特に「社会人になったら人に頼ってはいけない」という考えになっているため、余計に頼ることはしません。

しかし話して見ると意外と心が楽になることが多く、いざという時に頼る人がいないのはかなりの弱点と言えるでしょう。

競争が苦手

営業やスポーツ選手など、周りと競争をしてのし上がっていくことは根暗な人は苦手です。

根暗な人って争うをことを何より嫌っていて、趣味だって一人でコツコツ楽しむものを非常に好みます。

根暗な人ってそういった競争をするとストレスが多く、営業をしていたせいでうつ病になったということもよくあります。

理解されない

根暗な人って他人に本音を話すことができません。

親しい人なら別ですが、会社にいると本音を話し合える友達が全くいなくて、他人から理解者が出ません。

本音を出すと「変な人に思われないか?」と考えてしまう癖があるため、他人に心を開くことがあんまりないわけです。

友達が少ない

根暗な人って友達をあまり作ろうとしません。

沢山の人と関わるより、一人の友人と長く深く付き合っていこうというのが考えなので、そこまで友達は多くありません。

また友達を作ることも苦手なので、会社で働く時はほとんど友達がいない状態なのはよくあることです。

根暗の心理的特徴

自信がない

根暗な人は自分に自信がなく、嫌われることを恐れています。

そのため目立った行動をすることが苦手ですし、やろうと思っても「自分には無理だ」と思って諦める癖があります。

コンプレックスがある

根暗な人って幼少期に何かトラウマがあるせいで、それがコンプレックスになっています。

例えば趣味を馬鹿にされたら、自分の趣味がコンプレックスになりますし外見を馬鹿にされた外見が嫌になるでしょう。

そういった子供の頃のトラウマが社会人になってまで残ってしまう人が多く、苦しむ期間が非常にながいです。

親が怖い

根暗な人って家族中が悪いせいで起こることが多いです。

例えば両親が不仲でいつも喧嘩した。

母親に虐待されていた。

そういった子供の頃が原因で根暗になってしまうことがあります。

両親がいつも喧嘩してると大人しくするのが正しいと思いますし、虐待されると殴られないように自分を出さないことが一番安全だと思い根暗になっていきます。

根暗を治すには?

身だしなみを整える

人って不思議なもので、外見を整えるだけで性格がかなり変わります。

例えば根暗な人って髪がボサボサで、服もユニクロの安い服を適当に選んだだけという人が多いですが、これが整えてみると性格は変わっていきます。

例えば怖いかもしれませんが、美容院にいって髪を整えてもらうと気分が明るくなるでしょう。

それに服も怖いですが、安い服じゃなくて1着2000円〜3000円の服を店員さんに選んでもらうのが一番良いです。

もし本気で根暗を直したいならまずは、身だしなみを整えることからはじめましょう。

挨拶を明るくする

挨拶は大事とよく言いますが、本当に大事にしてる人って非常に少ないです。

例えば慣れた職場だといつもの小声で挨拶するなど、形式だけの挨拶をしてるかと思います。

しかし根暗を直すにははっきりと明るく挨拶をすることで徐々によくなっていくでしょう。

明るく挨拶をすると会社の人も話しかけやすくなり、向こうから話しかけてもらうことって非常に増えて自然と明るくなりますよ。

相手の目を話す

相手と視線が合わないとそれだけで印象は悪くなります。

そして目線を合わせないで喋るとどうしても相手に根暗と思われることがおおいでしょう。

なので相手の目を見て話すことを意識すると根暗は自然と治っていきます。

ちなみにいきなり目を見て話すのは難しいかもしれないので方法を1つ伝授します。

それは相手の鼻をみて話すことです。

目線が合わせられない人は、相手の目を見るのが怖いだけなんです。

逆にいうと鼻など目と関係ないところをみるのは問題ないため、騙されたと思って鼻をみて話して見ましょう。

笑顔でいる

根暗というのは表情1つで簡単に変えることができます。

例えば明るい表情を意識すると性格も自然と明るくなっていくでしょう。

ポジティブな人っていつも笑顔になってる人が多く、逆に根暗な人はネガティブな発想が多いです。

なので常に笑顔でいることを心がけると、根暗というのは自然と治ることになります。

それに笑顔でいるだけで、周りの人も声をかけやすくなるので人気者になれますよ。

恥ずかしいことをしてみる

少し荒療治ですが、1日に1回でいいので恥ずかしいことをしてみると性格は積極的になっていきます。

例えば人前で話すのが怖いのを克服するのは、人前でたくさん話すことがいちばん効率的に克服できる手段になります。

なので根暗を直すにはまず、積極的に行動できる勇気が必要になっていくでしょう。

だから1日1回でいいので自分が恥ずかしいと思うことをちょっとやってみると根暗は直っていきます。

例えば今まで上司に会ったらプライベートなことを話してみるなど、自分が絶対しないことを1回だけしてみると効果的に根暗が改善できますよ。

知らない人と話す癖をつける

先ほども少し言いましたが、根暗を直すには自分がやらないようなことを積極的にやる必要があります。

そして根暗な人って会話ができない人が多いです。

それを直すためにも、知らない人に話す回数を増やしてみるのがいいでしょう。

例えばコンビニで買い物した時、店員さんに「今日はいい天気ですね」と話すだけでもいいです。

ぶっちゃけ会話の内容はどうでもいいんです。

大事なのは話す勇気を持つことです。

会話能力を上げたいなら会話の回数を増やすしかありません。

外に散歩する

人って太陽の光を浴びないと性格が暗くなるという研究があります。

実際ロシアなどの寒い国や、太陽の光が当たりにくい国なんかでは自殺率が跳ね上がっているので、太陽がどれだけ大事かがわかるでしょう。

もし休日にずっと家にいるというなら、1時間…いえ30分だけでいいので散歩して見ましょう。

それだけでも前よりかは明るくなれますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。