人間の性格

変な人によくある21個の驚きの特徴

職場には一人必ず変な人っていますよね?

変な人は別に嫌われているわけじゃないですが、周りからみても「なんかおかしいだろ」と思われる言動が目立つことが多いです。

今回はそんな変人の特徴について話していきましょう。

マイペース

変人と言われる人はマイペースなことが多いです。

どれだけ周りにとやかく言われようと、自分の人生を歩き自分のペースで生きていく。

どれだけ周りが結婚を急がせようが、どれだけ周りが出世をしようが全く焦ることはなく、常に自分本位で生きています。

好き嫌いがはっきりしてる

変人は好きと嫌いがはっきりしています。

マイペースな性格のため、周りの人が嫌いなものを好きになり逆に周りの人が好きなものを嫌いになることがよくあります。

とにかく変人は自分自身の価値観で生きているため、周りがどう言おうが自分で決定するのが特長です。

こだわりがある

変人はこだわりが非常に強いです。

例えばお米はコシヒカリしか食べないとか、服は絶対にユニクロでしか買わない。

そういう風に、なにかを食べるときや買うときなんかにものすごいこだわりがあるのが特長でしょう。

逆にこだわりがないものは本当にてきとうです。

例えば食にこだわりがないなら、安いものを適当に食べて終わるとか両極端なところがあるでしょう。

しつこい

変人は自分が納得するまでトコトン疑問を解決したいと思います。

なので仕事を教えてくれた上司に何回も質問をしたり、理屈を教えてもらうと話して生きます。

しかし上司からするとたまったものではなく、今まで「なんとなく」で終わらせていたものを説明しろと言われても困ってしまうでしょう。

そのせいで、周りからはしつこい奴と思われることが多いです。

空気読めない

変人は全然空気を読もうとしません。

例えば古い会社では飲み会をするとき全員でビールを飲むというのがよくあることですが、変人はそれを守ろうとせず普通に烏龍茶をお願いします。

とにかく空気を読もうとせず、とにかく自分のペースで生きるのが変人です。

しかし逆に言いにくいことをズバッと言ってくれるため、時々ありがたい存在にもなるでしょう。

内向的

変な人は内向的な部分が強いです。

ここでいう内向的というのは、喋るのが苦手とか対人関係が苦手というわけじゃなくて、たんに他人に興味がないことです。

他人に興味がないから、話さないし逆に話そうとしません。

なので昼休みとかはとにかく一人でいることの方が多いです。

追求心がすごい

変な人ははまれる物があると、とにかく追求していきます。

例えばアニメにハマると、そのアニメの声優や監督、脚本家まで興味が出てきてそのアニメの全てを知ろうとします。

それにグッズも沢山買ったりなど、とにかく1つのことに対しての追求心が強すぎます。

変人は褒め言葉

変人って実は変人と言われると非常に喜んでしまいます。

というのも変人は自分が他の人とは違う存在になれたことが嬉しくて仕方ありません。

変人にとってオンリーワンの自分になれることが何より喜びなので、それは褒め言葉でしかないでしょう。

変な服を着る

変人って目立ちたがり屋な性格でもるため、変な服を着ることが多いです。

変人にとって変な人に見られるのはむしろ快感なので、周りからどう見られようと関係ありません。

むしろ周りが変な目で見ることで喜ぶ変態さんもいます。

変な髪型

変な人は周りから変と言われるのが好きなため。時々変な髪型にすることがあります。

さすがに会社ではそんなことはしませんが、プライベートの時には変な髪型をして街にくりだすことはあります。

オリジナルアイテムを身につける

変な人って自分だけのオリジナルというのが大好きです。

それは人とは違うことをしたいと思ってる人ならではの特徴でしょう。

例えば最近ハンドメイドでオリジナルの小物を作ることがよくありますが、変な人はわざわざ自分で作ったオリジナルグッズを身につけることがあります。

とにかく個性を出したいので、他人とは違う自分を表現していくでしょう。

ド派手なメイク

まるで昔のヴィジュアル系ロックバンドみたいな派手なメイクをすることもあります。

もう個性的というのを超えて、もはや芸術みたいなメイクをすることがあるため、やはり変な人と周りからは言われてしまいます。

服にこだわりがない

服にこだわりがある変人もいれば、全くこだわらない変人もいます。

例えば趣味にお金を全額使うので、服には一切何もしない。

そんな変人だっています。

下手をすれば1000円で買った服を10年間ずっと着ているなんて人もいます。

自由奔放

変人は自由行動が非常に多いです。

例えば友人と一緒に旅行に行っても、自由行動が多く一人で観光してくるパターンがよくあります。

だから気づいたらいなくなっていて、毎回ラインで連絡してくるのもあるあるなんです。

気づいたらご飯食べてるし、気づいたらお土産買っているしでかなり振り回されることが多いです。

理解できないことをする

変人の行動は全く理解できません。

例えば周りが「それなにしてるの?」と思われる行動を沢山するので普通の人からすると不思議でたまりません。

しかし本人はしっかりと意味がある行動みたいで、例えば仕事前のルーティンとか、気合いを入れるためのおまじないなど、しっかりと意味ある行動をしています。

即行動

変人って変な所で行動力があります。

例えば海外行きたいと言ったら、金曜日に海外旅行に行って日曜日に帰ってくるなど、そういったとんでも行動を沢山します。

一人ならいいんですが、時々友達も巻き添えにする人もいるので、友人にいるとびっくりして疲れることも多いです。

まあ…旅行は楽しいんですけどね。

同じものを毎日食べる

変人って食にこだわりがある人も多いです。

しかしそのこだわりは普通の人からすると全く理解ができません。

例えば昼休みは絶対にカレーを食べるとか、夕ご飯は絶対にグラタンを食べる。

そういった普通の人からすると理解できない謎のこだわりがあるわけです。

ちなみに日本で有名なプロ野球選手のイチローも、毎日絶対にカレーを食べるなど食にこだわりがある人です。

やはり偉大な人の食生活って、かなり変なところがあるでしょう。

発言がコロコロ変わる

変人の言ってることって変わりやすいです。

昨日までああ言ったのに、今日になったら全く違う意見になっていることはあるあるです。

変人って世間体を気にしないため、自分が思ったことはとにかく言いまくるのが特徴です。

なので「人生とは仕事をすることだ」と言いながら「人生とは趣味をするためにある」と全然違うことを言いまくります。

独り言が多い

独り言って人がいる所ではなかなかできません。

それこそゲーム実況でもしてる人じゃないと、独り言ってなかなか言わないでしょう。

ですが変な人は当たり前のように独り言をします。

しかも人によっては、普通に話しかけるくらいの声の大きさで独り言を大声で出している人もいます。

自分の好きなものをずっと話す

変な人って自分の好きなことに対しては、全力を出します。

なので好きなことを話すときはずっと永遠に時間を忘れるくらい話すのが特徴です。

相手が興味なくても自分が話すことができればそれでいいんです。

とにかく自分の好きなことを追求したい変人は、気持ちよくなるために話し続けるでしょう。

ちなみに同じ話を何度もするのも特徴です。

脈絡のない話をする

変人は話の流れを無視して突然違う話を振ってきます。

例えばみんなで旅行をしたいと話してる最中に、「昨日仕事でこんなことがあってさ」と全然違う話を出してくるのが特徴です。

周りの人が「こいつ何話してるの?」と思っても変人はとにかく話を続けてくるでしょう。

変人の長所

 

誰もやらない仕事ができる

変人って普通の人と感性が違うため、普通の人ができないような仕事ができます。

例えば歴史に名を残す起業家やミュージシャンなどは、みんな変人が多いんです。

やはり人と感性が違うお陰で、革命的なアイデアってかなり出てくるんですよね。

違う視点を持ってる

変人はとにかく人と違う視点を持っています。

想像力があり、誰も気づかない・または誰もが考えるけど実行することができなかったことが変人にはできます。

先程言いましたが、変人って起業家やミュージシャンなど他の人にはできないことができます。

その点で言えば、成功者は変人が多いんです。

否定しない

変人って自分の考えをとにかく大切にします。

しかし他人にそれを強要することはなく、自分は自分と思ってるのが特徴です。

自分の意見を曲げない信念があり、しかも相手のことを否定しないで相手は相手と思うことができるのが長所でしょう。

変人って絶対に仲のいい親友が二人くらいはいるものです。

それはその人が実は優しい人で、変だけど付き合いたいと思っているからです。

面白い

変な人って独特の感性のおかげで面白い人が多いです。

話を聞いても他の人が絶対経験しないような話をしたり、本人の対応のおかしさが出てきてつい笑ってしまいます。

しかも行動を観察しても、目が離せなくて一緒にいて飽きることがありません。

しかし変な人は面白さを狙っているわけじゃないので、余計に面白く感じるでしょう。

好きなことは集中力がすごい

変な人って興味のないことには全く集中力がないですが、好きなことに対しての集中力は凄いです。

例えばゲームが大好きな人は、1日12時間ずっとぶっ続けでゲームをすることができて、周りからすると「大丈夫なの?」と心配されるくらいです。

変人になるための方法

 

流行りはダメ

変人になるためには、流行りのことをしてはいけません。

一般的に普通の人は流行りに乗ることが多いです。

例えば服装なんかは流行りに乗る人は多いですし、趣味だって流行っているから始めてみようという人は多いです。

しかし流行りに乗っていては独特な感性をつけることができません。

なので流行りではなく、自分が本当に好きだなと思うものを極めてみましょう。

周りは気にしない

変人以上に周りを気にしない人っていません。

普通の人ってどこかで周りを気にして生きていますが、それでは変人の道は非常に険しいものになるでしょう。

とにかく周りを気にせずに自分を主張する。

それを始めないと、変人になることは不可能と言えます。

自分を主張する

変人になるためには、自分をトコトン主張しないといけません。

変人の一番の長所って世間体を気にせずに行動することです。

例えば変人は自分の思ったことをはっきりという癖があり、それが上司でも同僚でも後輩でも関係ありません。

それこそ親友でも思ったことを口に出して傷つけることだってあるでしょう。

しかし世間体を気にせず、傷つけるかもしれないと思う言葉ですらいうことで変人に近づくことができるでしょう。

変人と天才の違い

 

天才は直感

天才って直感で生きています。

いろんな考えを出して考慮して、1つの答えを導くのではなく、これだと思った直感で答えを出していくでしょう。

なのでビジネスアイディアも、市場調査をしてとかではなくこれだと思った者に対して行動していくのが天才です。

天才は人の心を動かすのが得意

天才って人の心を動かすことが多いです。

変人って周りから変と思われることが多いですが、天才の場合狙って人の心を動かすことができるでしょう。

なので天才がセミナーなどをやったら、人の心を動かし大人気セミナー講師になることもあるでしょう。

天才は器用

変人ってできないことはトコトンできません。

しかし天才は基本的に器用で、なんでも簡単にできてしまうのが特徴です。

天才の場合なんでもこなせるので、嫌いなことでもある程度うまくなってしまいます。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。