仕事

【悪用厳禁】確実に退職できるヤバい理由!

 

今の時代退職するのが当たり前になっています。

だからネット広告とかでもリクナビなど転職系の広告が非常に多いですし、企業も終身雇用が出来ないくらい景気が悪いので、人生で1回は転職をする事でしょう。

しかし転職をしようと思っても「退職理由をなんて言おう」と言うのが迷ってる人がいます。

本来会社は従業員が「辞めます」といったら引き止める権利はないんです。

むしろ辞めさせないことで違法になる場合もあるので、辞めることについて何も言ってはいけません。

しかし多くの企業は「なんで辞めるんだ?」とか「そんな事で辞めるのか?」と文句を言う上司が多いでしょう。

そこで今回は確実に辞めることが出来る退職理由と、ソコソコの確率で辞めることが出来る退職理由について話していきましょう。

 

会社が退職を嫌がる理由

まず根本的に「なんで会社が退職を嫌がるのか?」と言う理由を話していきます。

雇う費用が高いから

まず大きな理由がこれです。

会社って人が辞めるとまた雇い直さないといけません。

新しく雇わないと、人手不足で会社の仕事が回りませんし、過労でストレスが溜まるとドンドン人が辞めていきます。

だから雇わないといけませんが、人を1人雇うにも非常にお金がかかります。

例えば有名な転職サイトの「リクナビNEXT」に求人を出すためには最低でも「18万円」必要になります。

しかも2週間で18万円もの大金が必要になるため、1か月掲載でなんと36万円の大金が必要になるでしょう。

全国勤務地での募集が可能な企画です(勤務地は複数選択可)。
最安値はN1プラン2週間掲載の18万円です。

引用元:リクルート求人広告代理店

企業だったらそれくらいのお金があるだろうと思いますが、中小企業なんかはそこまで稼ぎが良くなく、求人を出すのも苦労をする事が多いです。

ハローワークなんかは求人が無料なんですが、ハローワークで求人を出しても優秀な人生が来なくて、しかも若い人もあまり応募しない傾向があるため、求人サイトに出すしかないわけです。

 

評価が下がるから

会社って人が辞めると、直属の上司の評価が下がる事が多いです。

今って人を雇うのが苦労するので、あまり辞めさせることはしたくないのが会社の本音です。

更にいうとパワハラ問題もあり、大企業でパワハラがあると大問題になるため、会社も人が辞めることには敏感になっています。

そのため、上司は評価が下がり出世できなくなるのが困るので、辞めるのを嫌います。

一から教育をしないといけないから

人が辞めると言う事は、新人を雇いそこから教育をしないといけません。

教育するというのは会社の基本ですが、実際人に教えるというのは非常に面倒です。

研修制度など、会社が新人教育をちゃんとしてるとこなら良いですが、多くの会社は忙しい中誰かが教えないといけません。

仕事が切羽詰まっている中で、新人の仕事を教えるのは非常に難しく正直面倒と感じるでしょう。

上司も教えるというのが面倒と分かっているため、出来るだけ人が辞めるのを避けたいわけです。

 

仕事が忙しくなるから

人が1人辞めると言う事は、単純に仕事が忙しくなるでしょう。

仕事が忙しくなると、精神的に余裕がなくなりイライラしたり、疲れてくるため出来るだけ余裕のある生活がしたいものです。

だから辞めるというのは出来るだけ避けたいですし、自分が忙しくなるのも嫌なので会社は嫌がります。

会社を確実に辞めれる理由

では次から、会社を確実に辞めれる方法を紹介していきます。

とは言っても多少ブラック気味の方法を紹介するので、使いたくない人はやらないで下さい。

親の介護がある

最近は高齢化社会の問題がよく出てきます。

特に親の介護が必要になり、会社を辞めることになる人って今の時代非常に多いでしょう。

なのでその流行に乗っかり、介護があるから会社を辞めたい。

そう言うと大抵の人は許してくれるでしょう。

ただこの方法って、親を利用する事になりますし、良心を痛めてしまう方法にも繋がります。

なので使う時は、本当に仕事を辞めたい時だけにした方が良いでしょう。

勉強したいことがある

人というのは向上心がある人間を良く思う心理があります。

例えば成果が出なくても、一生懸命真面目に仕事をするだけで評価される事はよくある事です。

その心理を利用して「勉強したいことがあるからやめたい」といえば多くの上司は納得するでしょう。

ちなみにこの方法は私がよく使う技で、私はいつも「介護の資格を取りたいから会社を辞めます」という言い訳をしています。

そうすると大抵の人は「大変だと思うけど頑張れよ」と応援してくれるので、辞めやすい方法の1つでしょう。

ただこの方法は、事前に何の勉強をするのか?その勉強をして何の職業にするのか?と言うのも決めないといけません。

個人的には今の介護ブームに乗っかって、介護士になりたいと嘘をついていますけど。

意外となんとかなる理由

次に紹介するのは、確実ではないけど言えば意外と辞めれる理由を紹介します。

しかしこの方法は、性格が悪い上司だと怒られる危険もあるため要注意です。

人間関係が辛い

会社を辞める定番の理由として、人間関係が辛いから辞めたいというのは意外と使える方法です。

人間関係が辞めたいと言うと「甘えるな」とか「そんなの我慢しろ」と言われる危険もありますが、最終的には辞めさせてくれるいい方法になるでしょう。

ちなみに話を聞いてくれる会社の場合、「部署異動しないか?」という提案もあるため、もし会社を辞めるのが本当は嫌という人は、部署異動も考えるが良いでしょう。

仕事内容が合わない

仕事内容が合わないと言うと「慣れればいいだろ」と言ってきますが、これも最終的には許してくれるいい方法になります。

しかしこれも先ほどと同じで、「部署異動するか?」という提案も出す場合がある為、本当は仕事なんて辞めたくないという人は使ってみるのが良いでしょう。

残業が長い

残業が長いと言うと長く働くのが当たり前だった上司は怒ります。

しかしそれは昔の話で、今って残業が嫌で辞めることは意外と理解があります。

働き方改革もそうですし、過労死するニュースも沢山あるため残業する事はおかしいという風潮が徐々に広まっています。

もちろん理解がない頭が固い上司もいますが、残業が辛いと言えば割と話は聞いてくれるでしょう。

給料が低い

給料が低いというのも仕事を辞める立派な理由です。

結局の所給料が悪いと仕事を辞めたくなるので、これもしょうがない理由です。

給料が低いからと直接上司に言うと怒られる確率が高いですが、「もっと給料の良い所に転職が決まりました」とセットで言うと、効果的にやめることが出来るでしょう。

退職する時の注意

次に退職する時に注意したい事を説明します。

転職は難しいは聞かない

転職をしたいというとほとんどの上司が言うのは「今の時代転職は難しい」という言葉です。

確かに転職が難しいという話は良く聞きますが、実際の所やらないと何も分かりません。

それに転職が難しいと言う上司に限って、転職をしたことがないとかネットやテレビのニュースを聞いただけと言う事も多いです。

だから上司の転職は難しいというのは「大して転職をしたことがないんだろうな」と聞き流しておきましょう。

他の職場で通じないは聞かない

「ここでやめるようでは他の職場では通じないぞ」これも言われる確率が高い言葉です。

この言葉を聞くと「俺は大丈夫かな?」と心配になる事がありますが、実際はそんな事はありません。

そもそも今の日本って、山ほど職場があるため1つの会社で全然だめでも、他の会社で自分の能力を発揮できる場面が沢山出てきます。

それを知らずに「他の職場では通じない」という人は、今までどんな仕事をしたのかな?と個人的に気になる所です。

なので「他の職場では通じない」と言うのは、「この人こそ世間のことを知らないんだろうな」と心の中で思っておきましょう。

言いやすい上司に伝える

非常に大切な事を言いますが、会社を辞める時は言いやすい上司に伝えるようにしましょう。

というのも、話しにくい上司に伝えても辞めることが上手くいかないだけです。

例えばすぐ怒る上司に伝えて「なんで辞めるんだ!!!」といきなり怒鳴られても、話が進まないだけです。

なのでまず大切な事は、話しやすい人に伝えることです。

そこから人事に相談したりなど会社を辞める準備をしましょう。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。