人間の性格

クラッシャー上司7つの心理とうつ病にならない為の対策法

職場には人のメンタルを破壊してくるクラッシャー上司というのが存在します。

このクラッシャー上司に狙われてしまうとうつ病などの精神病などになる確率が非常に高く、出来るだけ避けたい上司でもあります。

そこで今回はクラッシャー上司の心理と対策法について書いていきましょう。

クラッシャー上司の特徴

 

高圧的

まず1番の特徴としては高圧的な程度でしょう。

クラッシャー上司の90%は部下に対して高圧的に接します。

言葉で圧をかけたり、上司という立場を利用してなんでもいうことを聞かせるなどとにかく相手を支配するのがクラッシャー上司の特徴でしょう。

特に新卒の人など社会人経験が浅い人だと、高圧的な態度をとられて精神が疲れてしまう事はよくあります。

パワハラが当たり前

クラッシャー上司はとにかくパワハラが多いです。

典型的なのは「お前はクズだ」とか「お前は無能な人間だ」ととにかく人格を否定して相手の精神を破壊してくるのがクラッシャー上司の特徴と言えるでしょう。

下手をすると相手を殴るなどの、暴力的なことをするのも特徴の1つと言えます。

プライドが高い

クラッシャー上司はとにかくプライドが高いです。

目下の人に意見を言われるとイラッとして、とにかく暴言を吐いて誤魔化したり雑用などの評価が上がらないような仕事は部下に丸投げしたりと、自分のプライドを守るためには手段を選びません。

プライドが高いだけで仕事ができないのもクラッシャー上司の1つの特徴と言えるでしょう。

目上には媚びる

クラッシャー上司が相手を破壊するのは目下の人だけで目上の人には媚を売り続けるのが特徴の1つです。

クラッシャー上司は実は気弱な人が多いため、上司には何もいうことができません。

だから目上の人が来た時は声の高さを上げて、ごますりをするのが特徴であります。
能力が低い

クラッシャー上司って威張っているだけで能力が低い人が非常に多いです。

クラッシャー上司って威張っているから能力が高そうに見えますが、実は能力自体は低く下手をすれば新卒の人と同じくらいの能力しかありません。

しかしクラッシャー上司は目上の人に媚びるのがうまく、威圧されたら逆らえない人が日本人には多いので、すごそうに見えるだけなんです。

家庭環境が悪い

クラッシャー上司の多くは根はいい人ばかりなんです。

そんなわけないじゃんと思う人がいますが、実はクラッシャー上司は多くのストレスを抱えた結果今のような姿になっているんです。

例えば家庭環境が悪いとそれだけで多くのストレスになります。

結婚して子供もいるけど、妻と仲が悪く子供は反抗期のせいでお父さんを嫌っている。

だから毎日家に居場所がなく、それを仕事で発散してるということはよくある話です。

それだけ聞くと八つ当たりをしてるじゃんと思いますが、人間なんてそんなものです。

どこかでストレスが溜まると必ず発散するようになっているため、それがたまたま仕事だっただけということです。

ストレス発散が下手

クラッシャー上司はストレスの発散が下手な人が多いです。

例えば先ほど言った家庭のせいでストレスがたまり、それを仕事で発散してる人はストレスの管理が下手な人です。

本来ストレスは自分の趣味を見つけたり、仕事や家庭とは違う居場所を見つけることで発散ができます。

例えば休日に釣りをしたり好きな歌手のライブに行くなどすれば、ストレスは簡単に発散することができるでしょう。

しかしクラッシャー上司は平日は仕事、休日は疲れているから家でゴロゴロしてるという人が多いです。

ようするに仕事と家庭以外で居場所がなく、ストレス発散が全くできないような状況になっているわけです。

店員に横柄な態度をとる

クラッシャー上司は先程から言ってるようにストレス発散が非常に下手です。

しかし人間というのはどこかでストレスを発散しないと壊れてしまいます。

そこでクラッシャー上司はお店を利用してストレス発散をするわけです。

日本ではお客様は神様と勘違いしてる人が多く、そのせいで店員に酷い態度をとったりする人もいます。

仕事と過程でストレスがたまり、発散する場所がないからお店などで発散するという事です。

クラッシャー上司の対処法

ではここからはクラッシャー上司の対処法について書いていきましょう。

友人に相談する

まず大切なのが誰かに相談する事です。

日本人ってうつ病になる人が多いですが、うつ病になる多くの原因は誰にも相談しなかった事です。

厚生労働省のデータによると、うつ病患者は女性の方が多いけど自殺するのは80%が男性の方というデータが出ています。

例えばうつ病になると女性は友人や誰かに相談して、なんとか頑張ろうと努力をするでしょう。

しかし男性は誰かに相談することを恥ずかしいと思っているため、1人で悩んでそのまま自殺をしてしまう訳です。

だから誰かに相談するのって非常に大切なことなんです。

だから辛いことがあったらまずは一番話しやすい友人に相談してみましょう。

仕事の愚痴でもいいですし、上司の悩みをそのまま相談してもいいわけです。とにかく人に話すことが大切になりますよ。

職場の人に相談する

先ほども言ったように、悩んだ時は誰かに相談しないとストレスが溜まっていくだけです。

そして職場の人に相談すると言うのは今の問題を根本的に解決できる手段にもなるでしょう。

例えば上司のことを相談して、異動願いを出してもらうとか上司の方をなんとかしてもらうとか転職の相談をするとか根本的な解決になることがたくさんできるでしょう。

職場の人に相談する時は一番話しやすい人に相談するのがいいです。

まずは相談するところから始めて見ましょう。

反抗する

クラッシャー上司ってメンタル的には非常に弱いです。

クラッシャー上司も別に最初から酷い態度をとっていたわけではなく、本当は臆病者でいつもストレスに悩んでいる人が多いです。

そういう人って反撃しない安全な人を攻撃する癖があるため、目上の人には絶対に攻撃をしません。

逆にいうとこちらが反撃をする危険な人だよというのを分かって貰えば相手も何もして来ません。

なので上司に何が言われたらこちらも威圧的な態度で反抗するようにしましょう。

そうすると上司も怖がって何もして来ませんから。

真面目に相手しない

クラッシャー上司って精神的に幼い人が多く、自分の欲望やストレスを管理できて来ません。

精神年齢でいうと高校生くらいなので、真面目に相手をしても疲れるだけです。

結局のところ真面目に相手をしないで、適当に受け流すのが最強の方法です。

ハイハイと適当に流して、ストレスを溜めないようにしましょう。

転職する

嫌な上司からは逃げるという選択肢も考えないといけません。

人間関係で転職をすると甘えではないのか?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば仕事でストレスを抱えてうつ病になりますが、うつ病って酷くなると治るのにどれくらいかかるか知っていますか?

なんと10年もずっと治らない人だっているわけです。

例えば20歳の時に仕事の関係でうつ病になり、10年経つと30歳になります。

30歳で再就職しようにも職歴がほとんどないので、転職って非常に難しくなるわけです。

しかも10年も働かないと労働自体が嫌になり、一生ニートになるという人もいます。

たった1人の上司のために人生を壊されるっってバカバカしくないですか?

頑張って壊れるくらいなら、頑張らずに次の会社に行った方がまだマシではないですか?

そう考えたら転職というのも自分の人生を救うために道だと私は感じています。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。