仕事

会社なんて逃げるが勝ち!転職しないと人生が不幸になり続ける

 

会社を辞めたいけど、会社を辞めるのは負けとか逃げとか思う人がいますが、私から言わせれば会社なんて逃げるが勝ちだと思っています。

私は新卒で入った職場で人間関係と残業の多さのせいで、メンタルが壊れ一時期山で首を吊ろうか考える程追い込まれたことがあります。

今現在は生きていますが、もし死んでいたらと思うと今でもゾッとします。

そこで今回は会社なんて逃げるが勝ちという事実を淡々と伝えていきます。

 

逃げないと精神が壊れる

もし会社が辛すぎて辞めれないという人は、そのまま精神が壊れて私の様に山で首を吊ろうと考える程追い込まれていくでしょう。

そもそもメンタルが追い込まれると、普通の思考回路が出来なくなり会社を辞めるという選択肢が頭から消え去ってしまいます。

追い込まれてしまうと、自分の考えではなく相手の考えこそ全て正しいという極端な思考になってしまうため、逃げることが難しくなります。

私も昔はそうで、会社のせいで肉体的・精神的に追い込まれた時上司の言う事が絶対正しいと思いこんでいました。

しかし思い込んで「会社を逃げてはいけない」とか「若い人はどれだけ辛くても我慢する」という極端な考えになった結果、「会社を続けるか?それとも死ぬか?」というとんでもない考えになったわけです。

精神が追い込まれてからでは、何もかもが遅いんですよ。

逃げないと自殺を考える

精神が壊れた時の末路は自殺です。

先ほども言いましたが、私は精神が追い込まれた時にとにかく自殺を考えていました。

会社を辞めるなんて選択肢はなく、会社を続けるか死ぬかのどちらかしか選択肢はありませんでした。

そして本当に限界の時は、周りのものでどうやって自殺してやろうか?というのをずっと頭の中で残した記憶があります。

例えばドアノブをみたら「これで首つりは出来るのか?」高いビルをみたら「飛び降り自殺って楽かな?」と常に死ぬことを考えていました。

そして限界が来た時に私は山でロープを持って首吊りをしようとしましたが、結び方やロープの強度が足りず、あえなく失敗。

失敗した時にもう1度自殺する勇気もなくて、結局会社を辞めてアルバイトで何とか食べています。

このように会社を逃げるという選択肢をしないと、私みたいに自殺しか考えられない体になってしまいます。

会社は反抗しない奴隷が欲しい

会社というのは、都合のいい従業員が欲しいだけです。

能力が高くて真面目で反抗しないで、自分から勝手に学ぶような奴隷が欲しいだけです。

だから上司も無理やり止めてくるし、威圧的な態度をとって部下を黙らせようとします。

もちろんそんな酷い会社ばかりではないですが、今こうやって検索をしてると言う事は会社に対して何か思う所があるのではないですか?

あなたは酷い会社の奴隷になりたいですか?

3年頑張れは経営者しか得がない

昔から会社はどんなことがあっても3年は頑張れと言われていますが、これって結局経営者の人しか得をしません。

経営者の人って全員共通で人件費を減らそうと毎日頭を使っています。

そして人件費を減らすために非常に重要なことは、人を辞めさせない事なんです。

例えば求人サイトに広告を出すのにも毎月20万円以上はかかりますし、雇った後も求人サイトにお金を出さないといけません。

人を募集して雇うにも莫大なお金がかかるため、経営者はとにかく人を辞めさえない様に行ってきます。

しかも今の時代別に3年頑張っても意味がないですし、転職も全体的に人手不足の日本からすると、どの会社も人が足りないくらいでしょう。

なので3年頑張れなんて意味がありません。

むしろ3年頑張った所で、「今の会社の方が良いのかな?」と洗脳されるので転職のチャンスを失いますよ。

体が壊れたら会社は捨てるだけ

もし頑張りすぎて体が壊れたら会社はどうすると思いますか?

答えは簡単であなたを捨てるだけです。

例えばうつ病などで、仕事を長く休んだら会社としてもどうすれば良いか分かりません。

上司の多くはうつ病の経験がないですし、うつ病の人の気持ちなんて分かるわけがありません。

だからうつ病になったら、それとなく辞めるように仕向けるのが多くの会社のあるあるです。

結局自分から辞めないと会社は何もしてくれませんし、どれだけ頑張っても会社は何も手伝ってはくれません。

立派な人生なんてただのフィクション

日本人って皆立派で誰にも恥じることがない人生を目指していますが、そんなものはただのフィクションで、多くの人が実践不可能です。

というのも、人生って本当に何が起こるか分からずエリート人生を歩いてそうな人も、どこかで転落する可能性があるからです。

例えば今って、大企業でもどんな会社でもリストラをするなんて事は当たり前です。

しかもリストラをするのは大抵が40代より上の世代です。

例えば20代の頃にいい大学に行って、大企業に入ってそのまま働く。

だけど40代になっていきなりリストラにあう。

これだけでもう立派な人生から外れるわけです。

しかも40代からリストラされると何かスキルがないと再就職は非常に難しくなります。

結局40代の人って、アルバイトか派遣。結婚してるなら奥さんが頑張って働いて自分はニートになるという選択も出てきます。

そう、どれだけ頑張ってもどこかで転落することがあり、皆が言ってる立派な人生なんて今は無理なんです。

なので、今会社から逃げて新しい人生を歩く事も今の時代は普通のことなんですよ。

今は豊かな時代だから働き方も違う

今の日本って不景気だとか先は真っ黒といい事を聞きませんが、実は日本は今一番豊かな時代になっています。

「え?一番豊かとか嘘だろ?」と思いますよね?ですがよく考え下さい。

例えば今の日本で食べ物がなくて亡くなったという人ってほとんど聞きません。

あったとしても、うつ病などで働けなくなったとか、生活保護の申請の仕方が分からないといった感じで対策をすれば絶対に防げる事ばかりです。

ちなみに日本では毎年600万t以上の食料が捨てられていて、その食料が使われていたら食べ物がなくて死ぬなんて事はなくなるでしょう。

更に言うと今の日本って70万人以上の人がニートになっています。

それだけ聞くと「働けよ!」となりますが、逆に考えると70万人以上の人が働かなくても生きていけるという証拠にもなっています。

だから今の日本って、豊かな時代になっているので頑張って働かなくても生きていけるんですよ。

頑張ってブラック企業に働いて我慢する時代ではなく、何をしても生きていけるから頑張って働く必要がない時代になっているんです。

精神が弱いのではなく時代の流れ

現代人って精神が弱いとよく言われています。

確かにうつ病などの精神病患者が増えてきたのは事実ですが、これは時代の流れのせいと言って良いでしょう。

先ほど言ったように今の日本って、すごい豊かです。

それこそニートが70万人以上いても経済は回っていますし、ニートの人も普通に暮らすことが出来ています。

ですがその豊かさが実は精神病の元になっている事もあります。

例えば昭和時代は食べ物がなくて、生きるのにも精いっぱいの時代でした。

なのでどんな仕事でも辞めると「死ぬ」事になりますし、家族がいる場合は子供や妻まで巻き添えです。

だからどれだけ辛くても我慢しないとダメでしたし、逃げる道なんてありませんでした。

しかし今の時代って別に我慢しなくてもいいわけです。

仕事を辞めても次がありますし、最悪の場合ニートになるなり生活保護を申請すればとりあえず暮らす事は出来るでしょう。

頑張らなくても生きていける時代になっているので、皆我慢しなくなりそれで精神が弱くなるように見えるだけなんです。

あなただって、昭和時代の初めの頃に生まれたら精神状態も確実に変わっていますよ。

まずは転職を考えてみてほしい

もし今転職に迷っているなら、転職をした方が良いです。

転職をしないで我慢したら私みたいに、この世から消える寸前まで追いつめられますし、正社員を続けるのに無理が出てきます。

会社を辞める時って、精神がギリギリまで追いつめられてそれで辞める人が多いですがそれでは遅い訳です。

私みたいに、一生うつ病と戦うくらいなら早く辞める方がこれから先の人生楽しく暮らせますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。