仕事

20代で疲れが全く取れない驚きの原因

 

20代で疲れが取れないと「あれ?何かの病気なの?」と思う事があります。

確かに20代って本来は1日寝れば疲れが取れるくらい元気な年代ですが、実は疲れが取れない原因は沢山あります。

今回は20代で疲れが取れない原因について答えていきましょう。

 

20代の疲れの原因とは?

 

人間関係のストレス

20代がもっとストレスを抱える原因は人間関係のストレスのせいです。

20代って働いたら大半が下っ端で、常に命令に聞かないといけません。

人って命令されるのすらストレスに感じますし、上司と相性が悪いとそれだけでストレスの原因に繋がるでしょう。

実際に学校で教師が教師をいじめて、精神的な苦痛になったり、上司が部下をいじめて部下が自殺するケースなんて沢山あります。

会社であまりにもストレスが多いと、「またあの上司と仕事をするのか?」と寝る時に考えてしまい上手くリラックする事が出来ません。

そのせいで、疲れが取れなくなってしまいます。

 

肩こりによるストレス

20代で肩こり?なんて思いますが、今って時代のせいで肩こりに困る人が多くなっています。

例えば立ってスマホを使う時なんて、首を下に傾けるのでそれだけで肩こりに原因になるでしょう。

それに最近はパソコンを使った事務作業が当たり前になっていますが、パソコンを使う事だって大きな肩こりの原因になります。

ちなみにとあるサイトで、20代の男女200人に肩こりについて、アンケートをした所43.2%の人が「肩こりに悩んでいる」と答えています。

なんと半分以上の人が肩こりに悩んでいるのが、現代社会の状況なんです。

ちなみにこのアンケート20代~60代のアンケートになっていますが、全体では60%以上の人が肩こりに悩んでいることが分かっています。

肩こりを感じたことがある人は、67.8%。 そのうち約4割は、肩こりを感じている期間が1年以上で、慢性化している方もいらっしゃるようです。

引用元:肩こりに関するリサーチ

 

肩こりって長く続くと、それが疲労の原因の様に見えて「最近肩こりが酷い。疲れが取れないのかな?」と思う人もいます。

 

スマホの使いすぎ

20代の人で疲労が残る人は、スマホの使いすぎのせいと言う事が多いです。

スマホと言うのは便利な道具ですが、使い方を間違えたら体や精神の病気にも繋がる恐ろしい機械です。

実際に、色々な病院の先生が「スマホを使いすぎるとヤバい」みたいなことは言ってるので、スマホが疲労の原因になるのは確かです。

パソコンやスマホの画面から発生するブルーライトは自律神経に影響するとされる。睡眠・覚醒リズムを動かし、一日のリズムを乱す。

「人にとって異質なモノが急激に、娯楽ではなくビジネスと結びついて生活に密着したことで、身体だけでなく精神も含む複合的な疲れが生じるようになった」(古賀氏)

引用元:その疲れ、「デジタル生活」のせい? 対策は3つのR

 

脳の覚醒・興奮状態が長時間続くと、疲労が増してくるため、同じ姿勢でいることでの体のコリで疲れを知らせたり、ブルーライトや画面のまぶしさによる刺激で眼精疲労が起き、『この状態を早く止めて!』と脳からサインを送るのです。

これが『脳疲労』です。

長時間のスマホ操作のほかに、仕事やスポーツなどの生活の中で疲れを感じたときも、『飽きてきた』と感じたり眠くなったりします。

飽きたり眠くなったりするのは、疲労のファーストサインとも言えます」(梶本先生)
脳はあらゆる方法で「体を休めて」とメッセージを送っているのですね。

では、この脳からのメッセージを無視し続けると、どうなるのでしょうか。

引用元:すべての疲労は脳が原因!?スマホの見過ぎによる「脳疲労」とは?

 

睡眠不足

20代と言うのは、学生生活の夜更かしのせいで睡眠不足になっていることがあります。

例えば学生時代、深夜の2時まで起きる生活を繰り返した場合、社会人になっても夜更かしをする生活を繰り返す人が多いです。

また、睡眠時間が多くても睡眠の質が悪いと体が全く休息出来ない事も多いです。

例えば仕事が忙しく、仕事の人間関係が悪くストレスが沢山溜まっている。

そう言う人って寝る寸前まで仕事のことを考えて「明日の仕事の予定は…」と言う風に考えると睡眠時間が長くても寝不足になる事はあります。

 

ストレス発散が下手

学生の時に真面目で何も悪い事をしない優等生。

そんな人だとストレス発散が上手く出来なくて、疲れが取れない事があります。

例えばストレス発散に酒を飲むのは悪い事と言われていますが、別に少量の酒だったら飲んでもいいわけです。

お酒を飲んで、好きな物を食べてストレス発散をする。

これだって立派なストレス発散です。

また、ストレスを発散するには友達に愚痴を言うというのは非常に効果的ですが、真面目な人だと「友達に愚痴を言ってはいけない」と思ってしまい、自分の悩みをそのまま隠してしまうでしょう。

この様に、優等生で真面目な人だとストレス発散が上手く出来ず疲れが残る事はよくあります。

 

真面目過ぎ

先ほどもチラッと言いましたが、社会人になると真面目な人がストレス発散が上手く出来なくて潰れていきます。

例えば上司に叱られた時って真面目な人は「もっと注意しないと」とか「もっと仕事を頑張らないと」と叱られたことを真面目に受けて、精神がドンドン潰れていくでしょう。

しかし社会人になっても、潰れない人って上司に叱られても全く気にしません。

下手をすると「これはあいつの指示が悪かったからだ」と自分のせいにして、精神を守る人もいるくらいです。

上司に叱られて「あいつのせいだ」にするのは良くありませんが、あんまり自分のせいにすると疲れが残り、うつ病になる確率が上がりますよ。

 

残業のストレス

今の日本ってまだまだ残業が多く、違法労働をする会社も少なくありません。

それで残業があまりにも多い会社にいると、ストレスが溜まり休息も出来ないので疲れが取れるはずがないでしょう。

例えば深夜の12時まで働いていると、平日は仕事から帰って寝ることしか出来ませんし、休日だって疲れのせいで一日中寝ることしか出来ないでしょう。

あまりにも長時間働くと、それだけで疲れが残るような状態になりますよ。

 

ストレスは溜めすぎると爆発する

疲れが取れない原因のほとんどはストレスと言って良いでしょう。

30代や40代の場合は、生活習慣が悪いという理由がありますが20代の場合は多少無茶をしても若さのお陰で何とかなります。

それでも疲れが取れないと言う事は、今の状態がよっぽど酷い環境にいるのでしょう。

例えば人間関係が悪い職場にいたり、残業があまりにも多すぎる職場にいると人間は簡単に崩壊します。

そうじゃないなら、真面目すぎてストレスが上手く発散出来ないのも原因です。

ストレスって溜めすぎると、いつか必ず爆発します。

例えば今って20代の自殺が多いですが、あれだってストレスが最高まで溜まった結果の末路です。

真面目で考えすぎて、誰にも発散できないといつかストレスが溜まり人生が壊れる事は誰だってあります。

なので爆発する前に、仕事を辞めたり誰かに頼ったり、自分なりのストレス発散方法を見つけるなど、対策を考えないと後で大変な事になりますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。