恋愛

シャイな人の特徴とシャイな彼氏を落とす簡単な方法

 

シャイな人って中々恋愛関係までもっていくことが出来ません。

こちらがどんなアピールをしても恥ずかしがって、中々好感度が上がらず苦労をする事が多いです。

そこで今回はシャイな人の特徴とシャイな男性を攻略するための方法を紹介していきます。

 

シャイな人の特徴

 

感情表現が苦手

シャイな人は感情を表に出すのが苦手です。

というのもシャイな人は、自分の感情を出すことさえ恥ずかしいと思って言う人たちです。

だから楽しい時も無理やり無表情にしますし、悲しい時も泣くのを無理やり我慢するくらいです。

なので苦手というか、感情を出すのが恥ずかしいというのがシャイな人の本音です。

 

目線が下

シャイな人が苦手な事って、人と目を合わせる事です。

人を目を合わせる事を極端に恐れているため、目線は常に下を向いています。

そのため話していても「楽しんでるのかな?」と思う場面も多く、少し困る事が多いでしょう。

 

無口

シャイな人が最も苦手な事、それが会話です。

会話はシャイな人にとって、人生の中でもトップクラスに苦手な分類なので、無口な人が多いです。

シャイな人だって別に会話が嫌いなわけではないです。

だけど会話しても「何を話せばいいのか?」とか「嫌われない話し方をしないといけない。」

そう思うため結局話すことが分からず、無口になる人が多いでしょう。

 

態度がそっけない

シャイな人って感情表現が苦手で、態度がそっけなく感じます。

プレゼントをしても「ありがとう」と声を小さく言いますし、あまり喜ぶジェスチャーをしません。

シャイな人ってプレゼントを渡されて非常に嬉しいです。

しかし「やった!!」なんて喜ぶのは恥ずかしいと思っているので、態度が大きく出ない様にそっけないような感じになってしまいます。

 

不器用

シャイな人って全体的に不器用な人が多いです。

例えば彼女を喜ばせようとして逆に空回りをしたり、会話でも傷つけるつもりがなくても無関心な言葉を続けて、それで傷つけることもあります。

シャイな人って、社交辞令なども上手く使えないので全体的に不器用な人になっています。

 

根は優しい

シャイな人って、根は非常に優しいんです。

本当は彼女に色々したいんだけど、どうやってやればいいかわからず結局何もしないのがシャイな人です。

本当は女性と上手くコミュニケーションをとりたいけど、不器用でうまくいかないのがシャイな人なんです。

 

自分の話をしない

シャイな人は会話が苦手で、自分の話が上手く出来ません。

趣味は?と聞いても上手く避けられて、結局何をしてる人なのかが分からないでしょう。

シャイな人が話さない理由は、これも恥ずかしいからです。

自分の趣味を言ったらドン引きしないだろうか?

自分の本性を話したらドン引きしないだろうか?

そんな嫌われないか?という思いが強すぎて、シャイな人は全く話すことが出来ません。

 

ネガティブ

シャイな人は基本ネガティブな人が多いです。

ネガティブというか心配性というだけで、常に最悪の展開を考えるのが癖になっています。

だから言葉や態度が常に暗いのが特徴でしょう。

 

自信がない

シャイな人は自信がありません。

常に「嫌われないか?」と考えるのがシャイな人の自身のなさが出てるところでしょう。

自信がないと自分で判断するのが怖くなって、相手に全て任せます。

  • 今日何が食べたい?
  • 今日どこに遊びに行きたい?
  • 今日どんな服を着ればいい?

そんな風に自信がないせいで、全てを任せるのはシャイな人にあるあるな特徴でしょう。

 

LINEの文章が短い

シャイな人は現実の会話も苦手ですが、LINEなどメールのやり取りも苦手です。

何度も書きますがシャイな人は「嫌われないか?」と常に相手を見て行動するため、出来るだけ余計なことは避けようとします。

なのでLINEの文章も

  • 了解
  • 分かった
  • そうだね
  • そうなんだ

と非常に短い事が多いです。

それにシャイな人ってLINEの通知が来ると心臓がどきどきするので、余計に「早く会話を終わらせたい」と思うようになります。

 

シャイな人の脈ありサインは?

 

目がよくあう

シャイな人にとって目を合わせるというのは、嫌な会社の飲み会に出席するくらい辛い事です。

ですが目を合わして話すというのは、シャイな人なりの愛情表現というわけです。

滅多に目を合わせることがない人と、目を合わせて喋れる様になればそれだけで脈ありのサインでしょう。

 

何を話しても同意してくれる

シャイな人って、意外と素直な人が多いです。

仕事では何も言えませんが、プライベートになると本音を言う人って意外と多くシャイな人も本音を話してきます。

しかし何を話しても同意するというのは、「この人と一緒にいたいというサイン」なんです。

というのもシャイな人は「この人と離れたくない」と思った人には、同意をして無理に意見を言わない様にします。

これはシャイな人の特性の「嫌われたくない」と言う思いのせいで、出てくるものになります。

本音を言わなくなるのは、好感度は確実に上がっているでしょう。

 

笑顔で話をする

シャイな人は、感情表現が苦手です。

だけど笑顔で話してくれるというのは、その人と一緒にいて心の底から楽しいと思っている証拠になるでしょう。

自然な笑顔は、シャイな人が他人に中々出来ない事なので相当好かれていると思って良いです。

 

シャイな人へのアプローチ方法

 

自分から話す

シャイな人が好きな相手って、実は沢山話してくれる人です。

というのもシャイな人って、自分から話すのが嫌いですが相手から話してくれるのは全然良い訳です。

むしろ向こうから勝手に話してくれると、こちらが話す回数が減って非常に助かるとまで思っています。

その為、シャイな人には自分から積極的に話す事でドンドン好かれていくでしょう。

 

相手の話を聞く

シャイな人は話すのが苦手ですが、一緒にいて楽しいと思える相手には自分の事を知って欲しいと思ってしゃべります。

そしてシャイな人が喋った時は、静かに相手の話を聞いてあげるのが良いです。

そうする事で「この人は自分の事を分かってくれる」と思って、更に好きになっていくでしょう。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。