仕事

20代でなんか疲れると思った原因とやらないと不幸になる対策法

なんか原因がわからないけど疲れるってことはありませんか?

特に20代なのになんか体力的精神的に疲れているなら、それは原因がわからなくて余計に辛く感じるでしょう。

しかし疲れる原因というのは非常に単純なもので、それを改善すれば治る確率は非常に上がってくるでしょう。

そこで今回は20代なのになんか疲れるし疲れが取れない原因を書いていきましょう。

睡眠の質が悪い

20代の多くは睡眠の質が悪すぎて、そのせいで疲れが取れないことが多いです。

例えば夜更かしなんて睡眠の質が悪くなるだけですし、寝る前にスマホで動画を見たり、夜食を食べてしまうと睡眠の質がどんどん悪くなってしまうでしょう。

20代は若さのおかげで寝れば体力はすぐ回復しますが、あまりにも睡眠の質が悪いと疲れは全く取れないでしょう。

睡眠の質を上げるにはスマホを就寝の2時間前には使用しないという方法が一番良いですが、どうしてもスマホを触るのが辞めれない場合は寝具にお金を使って見ましょう。

例えば高級なベッドやオーダーメイドの枕などを買って眠ることで短時間寝るだけで睡眠の質は十分になれるはずです。

食事がダメ

20代の時ってどれだけ不健康な食事をしても太りませんし、病気にもなりません。

だからついついお菓子やカップラーメンなど健康に悪いものばかり食べてしまうでしょう。

しかし健康に悪いものばかり食べると睡眠の質って非常に悪くなります。

栄養の悪いものばかりたべるせいで、睡眠の質が悪くなり結果的に不健康になることはよくあることです。

それに食べる時間も寝る前などに何か口にすると、胃が活発になり眠りにくくなるので、食べる時間も注意が必要になるでしょう。

精神的に疲れている

なんか疲れるというのは20代の場合精神的に疲れている時が多いです。

20代は残業が多くても多少無理をすれば体力でなんとか持ちこたえられます。

しかし精神力というのはまだまだ未熟で、精神的に疲れやすい人は多いです。

特に会社での人間関係に悩み、疲れ、そのせいでうつ病になる人って今非常に多いです。

例えば会社の人間関係に悩み、仕事が終わっても休日になっても仕事のことを考えてしまうといつまでも疲れが残ります。

私も経験がありましたが、会社での人間関係に悩んだ時って寝る寸前まで悩み、結局眠るまでに1時間以上かかることは普通にありました。

しかし起きた時も「またあの上司と仕事をするのか」と考えてしまうともうダメです。

精神的にズタボロになり、全く疲れなんてとれませんでした。

楽しい趣味がない

学生の頃って趣味をとことん楽しむことが出来ましたが、社会人になると趣味って楽しめなくなる人が多いです。

例えば今まではゲームが好きだったけど、社会人で仕事で疲れているとゲームをプレイする気がなく、結局何もしないで平日や休日を過ごす人は多いです。

私も経験がありますが、本当に忙しくて疲れている時って平日も休日もゲームをする気が全くなくなります。

それどころか漫画も読む気がなくなり、結局他の趣味もやる気がなくなるせいで、休日が全く楽しくないと感じるようになります。

しかし休日に趣味がないと、「なんで働いているの?」と悩んでしまい精神が壊れてしまうでしょう。

私がそうだったので。

仕事がつまらない

高校や大学のときに就職する時はどこでも良いから内定が欲しいと思っていたはずです。

しかしいざ仕事をやってみると、あまりのつまらなさに絶望して毎日が憂鬱になるという人が多いです。

やりたくもない仕事をやる苦痛は凄まじく、毎日が非常に退屈でしかも人関係のせいで精神的に病んでしまうことはあるあるです。

人間って人生の大半を仕事に費やすので、その仕事が嫌な仕事の場合人生が不幸になる確率は大幅に上がるでしょう。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。