人間の性格

猿でもできるよ!やる気スイッチを入れる超簡単な方法

あなたは副業をやろうとして全くやる気が起きないことがありませんか?

今って副業前提の働き方が多いため、あなたもネット副業などをやっていることでしょう。

しかしなかなかやる気が起きない。やる気が起きないどころか、面倒と感じて副業を放棄していませんか?

たしかにやる気って起こすのが難しいです。

しかしあることを意識すれば意外と簡単にやる気が出てきてネット副業もガンガン出来るようになるでしょう。

私だってネット副業を始めた頃は全然やる気がなかったです。

しかしコツを掴んだらネット副業することが習慣になって今ではそこそこ稼げるようになっています。

では今回は私が実践してるやる気スイッチを押す方法を紹介しましょう。

とにかくやる

やる気が出ないからやれないんだよと怒る人もいるかもしれませんが、実はこれが一番効果的です。

というのも人間ってやるまでは一番大変で一回でもやってしまえばあとはぐんぐん作業が進むようになっています。

例えばちょっとだけやろうと思ったことが、一度やると1時間も2時間もできてしまうのはよくあることです。

なので何も考えずにとにかく早くやることが一番大事なわけです。

「10秒でいいからやろう」と思うようにしてやることで、やる気が出てきてどんどんネット副業ができるようになるでしょう。

やる時の障害を考える

ネット副業のやる気がない時って、何かやる気の障害になるものが必ずあります。

例えばスマホでYouTubeを見てしまったり、ニュースアプリを見たり、アプリゲームをやったりと今ってスマホのせいで作業が全くできないことはよくあります。

逆に考えるとその障害さえ取り除くことができれば意外と簡単に副業ができてしまうでしょう。

例えばスマホを触って作業ができない場合、スマホの電源を落とすとかスマホと作業部屋を違うところにする。

とにかくスマホから距離を置くことで副業に専念することができるでしょう。

ちなみにどうしてもスマホが辞めれない場合は、いっそスマホを仕事道具にするのもありです。

今ってネットさえ繋がればスマホで仕事することも可能なので、そういう強引な方法も使って見ましょう。

作業時間を設定する

副業する時間で一番苦痛なのは、作業時間がずっと続くことです。

会社の場合、就業時間まで仕事をすればいいため、終わりが見えます。

しかも多少サボってもバレないと問題はないので、会社ってある意味楽です。

しかしネット副業の場合自分の力が全て試されますし、サボることもできません。

自分の作業時間全てがお金に変わるため、終わりのない時間のせいでやる気が出ないのもわかります。

だからこそ、作業時間を設定してメリハリのある行動をすればやる気が出てくるでしょう。

例えば30分作業をやって5分休憩するなど、細かく作業を分担すれば長続きします。

20分寝てみる

やる気スイッチが出ない原因は寝不足のせいでもあります。

今の現代人って実はみんな寝不足になっています。

  • 残業が長い
  • 動画を観る
  • ゲームをする
  • 仕事を家に持ち帰る
  • 不安で眠れない

現代人は江戸時代の人よりストレスが多い生活をしてるので、寝不足になることがあるでしょう。

ですが寝不足というのは全ての能力が低下する原因にも繋がるでしょう。

例えば集中力が落ちるのは当たり前ですし、メンタルが弱くなってやる気がなくなっていくのもよくあります。

だから寝ることが一番やる気を戻す手段にもなるでしょう。

しかし寝るのは別に何時間も寝るということはしないくていいです。

やっぱり時間がない人もいるので、やる気を戻すために寝るのはもったいないと感じるでしょう。

そんな人は20分だけ昼寝をするということをするといいでしょう。

人間の脳って20分だけ寝るだけでも集中力が戻ってくると言われています。

なので、少しの間でいいので睡眠をとればやる気スイッチは戻ります。

姿勢を正してみる

姿勢というのは大事ですが、これは中々意識してる人がいません。

というのも人間というのは姿勢が悪いだけで集中力が落ちて、やる気が全くでなくなります。

実際に猫背になりがちな人って、やる気も集中力も落ちてネガティブになってしまいます。

逆にいうと姿勢を正すだけで、やる気スイッチが入りやすくなるため正しい姿勢にしてみるのがいいでしょう。

ゴールを設定する

やる気が出ない人の共通点って、ゴールをきちんと決めないことです。

例えばネット副業するにしても、「今日は頑張って作業するぞ」と思うだけだとやる気が全くなくなります。

そうじゃなくて「今日は2時間作業をするぞ」というように、やる作業の予定を立てることで、やる気が出てくるでしょう。

人間って何が怖いかって、先が見えないものが怖いんです。

例えば今の時代全員が長生きできますが、先が見えない長い人生を想像すると多くの人は悲観的になり、やる気がなくなるでしょう。

だけどゴールがあることで「ここまで頑張ればいいんだ」とやるべきことが見えてくるため、非常にやる気が出てくるでしょう。

不安なことを書く

やる気が出ない理由って、何か不安があることが溜まっているからやる気が出ません。

例えば副業をするときは

  • 稼げるのか?
  • 無駄にならないか?
  • 疲れ果てないか?
  • 確定申告ってどうやるの?

というように、やる前から恐怖を感じる人が多いです。

しかし恐怖を感じていても何が一番怖いのか?というのがはっきりわからないから、やる気も出ません。

だったらまずは不安なことを紙に書いて見るのがいいでしょう。

紙にとにかく自分が思っている不安を書くことで、自分が本当に何が怖いのか?というのが客観的にできます。

ちなみに私が副業をするときの不安が

  • 稼げるのか?
  • 炎上しないか?
  • 悪いやつに騙されないか?
  • 確定申告はどうしよう?

という感じに、稼げる不安や稼いだ前提の不安などとにかく紙に書いて自分を客観視しました。

そして自分が一番不安だったのが稼げるのか?という不安でしたが、これはとりあえずやらないと結果がわからないと自分を叱ってやる気を戻すことができています。

高い道具を揃える

人がやる気をなくす理由って、工夫をしないせいです。

例えばネット副業をするにはパソコンがあると便利ですが、多くの人がスマホを使って作業をしようとします。

しかしスマホって作業をするには非常に不向きで、パソコンを使った方が効率は10倍以上は違います。

そして人間というのは少しでも面倒と感じるものはやらなくなります。

例えばスマホを使って作業する面倒くささを覚えてしまうと、それだけでネット副業をしなくなるのは確実です。

飽きて稼げなくなるくらいなら、最初から高いパソコンを買って快適に作業する方が、後になって役に立ちますよ。

ちなみに私も最初はスマホでネット副業をしていましたが、面倒になりパソコンを買ったら快適すぎて副業するのが楽しくて仕方ありませんでした。

朝にやる

勉強なり副業なりなにかを習慣化したいと思うときは朝にやるのが一番いいです。

多くの人は仕事終わりに作業をする人が多いですが、仕事終わりって疲れているため、思うように作業ができません。

そうなってしまうと、結局続かずに終わるのがオチなので夜にやるのはあまりおすすめしません。

しかし朝だったら疲れがないですし、多少眠いだけなので作業を継続することは可能でしょう。

朝はゆっくり寝たい気持ちはわかります。

たしかに眠くてギリギリまで寝たくて二度寝をすることもあるでしょう。

しかし朝にやることは成功するための秘訣なので、まずは実践してみましょう。

残業多いなら転職も考える

もしあまりにも残業が多くて副業もまともにできない。

そう感じてるなら、転職をすることも考える必要があります。

だって残業が多いとそこから頑張ることなんて不可能ですし、無理に頑張って体調を崩すなら、転職する方がましです。

ちなみに転職を考えるなら、バイトや派遣など時間的に余裕ができるものにチェンジする方が良いです。

やっぱり正社員ってどうしても残業をしないとダメですし、精神的ストレスも多いのが事実です。

だったら最初からバイトなど負担が少ない仕事にした方が、副業のやる気は出てきますよ。

やる気に頼ろうとしない

多くの人はやる気に頼ろうとするので、やる気が出ません。

というのも人間の意志の力って実は非常に脆いものなんです。

例えばネット副業をしないと将来が危ないとわかっていても、仕事終わりに飲み会をしたりYouTubeを観るのってやめることができません。

それこそ死の危険を感じるくらいしないと、人間の本当のやる気は出ることがないでしょう。

ではどうすればいいのか?

それは簡単で、環境を整えてみるのが一番良いです。

例えばネット副業をするときは喫茶店など、静かなところでやるとか副業仲間を作って一緒にやってみる。

そういう風に環境を整えることは何かを成功させるために非常に重要なことになるんです。

まとめ

やる気スイッチを入れる方法はいろいろありますが、結局大事なのは環境を整えることです。

どれだけテクニックを使っても、結局人間の怠けたいという意志の力には勝てません。

そうならないように、環境を整えて無理やりできるようにするのは非常に重要なことになるでしょう。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。