仕事

退職代行SARABAの評判は悪い?利用者の真実の口コミは?

 

最近流行っているのが退職代行サービスです。

あなたもブラック企業に疲れて辞めようとしてるけど、中々辞めることが出来ないと悩んでいませんか?

  • 会社が辞めさせてくれない
  • 辞めるのが気まずい

そう言った理由で退職代行を使っていると思います。

退職代行SARABAはサービスの中でも、かなりの高評価である退職代行なので使ってみたいという人も多いでしょう。

だけど実際使った人のレビューはどうなの?

口コミはどうなの?とかなり気になる所です。

そこで今回は退職代行サービスのSARABAの特徴と真実の口コミを紹介しましょう。

 

SARABAの特徴は?

 

24時間365日対応

まずSARABAの特徴は24時間365日対応で、いつでも相談が出来るところです。

他の退職代行って18時までとか、土日祝日は営業していない。

そういった所も多く、残業が多い人や土日しか休みがないという人には使いずらいです。

しかしSARABAはいつでも対応可能なので、「もう限界…」と深夜の1時に思っても対応してますし、日曜日の夕方になって「会社に行きたくない」と思っても相談が出来ます。

 

団体で訴えることが出来る

実は弁護士の資格を持たない人が報酬を貰って交渉するのは違法行為です。

なので本来は退職代行は弁護士の資格を持ってない人がやる事が出来ません。

ですが、SARABAの場合退職代行SARABAユニオンという労働組合があるため、そこに入れば交渉する事が出来ます。

会社と言うのは労働組合の交渉に応じないと、不当労働行為になるため絶対に交渉をしないといけません。

まあぶっちゃけ言うと、会社を辞めるだけならどの退職代行でもスムーズに進みます。

会社だって余計な面倒は嫌ですし、いつもは威張っている上司だって、立場が上の人が出てきたら何も言えないでしょう。

 

全てのサービス27000円

退職代行を使う時に絶対に聞きたいのが、料金です。

SARABAではどんなサービスでも1回の料金が27,000円で終わります。

他の退職代行って、追加料金などがあり結局高いお金を払わないといけませんが、SARABAではどんなサービスでも1回27,000円で絶対に終わります。

変な退職代行だと、料金が15,000円と言っておきながらオプション料金で50,000円まで値あげてくるところもありますからね。

 

返金100%保証

SARABAでは退職が出来なかった場合、全ての料金。つまり27000円が全て返金してくれる保障があります。

100%返金と言う事は他のサービスより絶対的な自信もありますし、もし退職が出来ないにしても料金は返ってくるので、他のサービスに頼る事も出来るでしょう。

ちなみにSARABAの退職成功率はほぼ100%の実績です。

ほぼと聞くとどこかで失敗してるの?と思うかもしれませんが、会社側が「退職ではなく休職にしてくれないか?」という交渉があり、それで本人が休職を選んだ形で終わっています。

ちなみに休職の場合でも、返金してくれるため安心して使う事が出来ます。

 

転職エージェントのサポートもある

退職代行サービスって使った時より、使った後の方が心配です。

使った後に無事退職したら、今度は自分の手で転職先を探さないといけません。

そんな時にSARABAはなんと転職のサポートまでしてくれています。

具体的に言うと、SARABAではなくSARABAと提携してる転職エージェントに頼る事になりますが、最低限次の就職先まで面倒を見てくれるので非常に助かります。

退職代行って基本的に、退職したらお仕事が終わりなので、転職後のサポートがあるのはSARABAだけです。

 

SARABAのデメリット

 

お金はかかる

デメリットはやはりお金です。

何をしても27,000円と書きましたが、これってソコソコ大きい金額です。

1人暮らしの人だったら、生活費に非常に大きなダメージになる金額なので正直もったいないと思う人もいるでしょう。

 

残業代や慰謝料の相談は別

退職代行って退職日の交渉などは出来ますが、慰謝料や未払いの残業代については別の話になります。

恐らく退職したい人の中には、上司のパワハラや残業代が支払われないと言う事に悩む人もいます。

しかし退職代行では訴えることまでは出来ないため、それは別の弁護士に相談しないといけないでしょう。

 

SARABAの口コミ

 

 

 

 

 

料金を比較

退職代行SARABA 27,000円
退職代行辞めるんです 30,000円
退職代行ニコイチ 27,000円
退職代行EXIT 50,000円

 

こう見ると一部の退職代行以外値段は変わらない。

そう思うかもしれませんが、追加料金なしで24時間365日受付をしてるのは、SARABAだけなんですよね。

 

サービスを利用する流れ

サービスを利用する時ってどんな感じなの?と思う人に簡単に流れを説明します。

電話・LINEで相談

納得出来たら申し込み

打ち合わせ

SARABAが退職代行実行!

退職又は休職

 

こんな感じで使ってみると意外とシンプルで、早く終わります。

 

SARABAを使う時の疑問

 

即日退職は可能?

これは日にちや相談する時間によりますが、基本的に即日退職は可能です。

SARABAはとにかく行動が早いため、日程が合いさえすればすぐに駆け付けてくれます。

ただ会社が休みの時や、朝に電話するなどタイミングが悪いと、二日後になるため本当に限界になる前に相談する方が良いでしょう。

 

100%成功する?

SARABAの成功率はほぼ100%です。

ほぼと言うのは最初の方に説明した通り、会社が「休職にしてくれないか?」と頼まれて、相談者が休職の道を選んだのが原因です。

そもそも退職代行って会社に退職のお願いをしますが、LINEなどで会社が本人に連絡してしまったら心が変わるケースが多いです。

とは言っても退職代行の力を使っても「本人に連絡しないで下さい」とは言えないので、しょうがないケースともいえるでしょう。

 

家族にバレることはない?

ほとんどの場合家族にバレることはないですが、履歴書を書く時に自宅の電話番号を書いてしまった場合、会社から自宅に電話が来ることがあります。

それで運が悪かったら、家族にバレる事もあるでしょう。

 

返却物はどうすればいい?

退職代行は返却物を返してくれるまでのサービスはしていません。

なので会社の作業着や会社支給のスマホやパソコンを持っている場合、返却しないといけないでしょう。

とは言っても会社に郵送すればいいだけの話なので、そこまでの問題はありません。

 

田舎でも来てくれる?

退職代行は全国どこでも対応してるため、田舎の人でも対応は可能です。

ただ周りが田んぼだらけとか、電車が1日3本しかない様な田舎の場合、退職代行の人でも対応に時間がかかるケースがあるでしょう。

 

離職票はどうなる?

離職票は後日会社に郵送をして貰えば良いです。

本人が取りに行くというルールはないので、辞めた日が決まれば郵送してもらえます。

会社を辞めれない人はおすすめのサービス

会社って非常に辞めにくいです。

例えばパワハラ上司のせいで会社を辞めると言えなかったり、言ったとしても無視される怒られるなどして、全く相手にしてくれないのも当たり前です。

しかしこれって、時代のせいであなたのせいではないと私は思います。

というのも今って、ホワイト企業や待遇が良い会社以外で人手不足になっています。

中小企業なんてどこも人手不足ですし、人が入っても40歳の人ばかりで20代の若い人材が全くいない状況です。

そんな人手不足のせいもあり、上司だって人が辞めてしまうとイライラするものです。

昔のバブル時代の頃だったら、景気が良く人が沢山いたので「辞めたいなら辞めろ」が通じる時代でした。

しかし今は辞められると中々人が来ないので、上司も脅してでも良いから人材を確保しています。

そんな時代なので辞められないのは当たり前なんです。

だから退職代行を使うのも普通なんですよ。

辞められない時代だからこそ、退職代行って流行っているんです。

上司が無視したり脅してくるから若い人は辞めることが出来ません。

なので迷っているなら、退職代行を使ってみませんか?

 

 

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。