仕事

仕事できない人の生き方と絶対やりたい考え方

社会に出ると仕事が全くできなくて困る人は沢山います。

特に学校で成績の良い人ほど社会に出た時に苦労するものです。

ですが仕事がどうしてもできない人だって、生き方しだいでどうにでもなるんです。

今回は仕事ができなくて周りからバカにされた私が、仕事ができないなりの生き方について話していきましょう。

仕事ができない原因

 

最初に仕事ができない原因を書いていきます。

メモをとらない

仕事ができない人に共通してるのはメモをとらないことです。

人間の脳って実はそこまで賢くなく言われたことを1時間後には半分以上忘れているというデータがあります。

なので新しい仕事をする時にメモをしないと、1時間後にはそのやり方を半分忘れています。

私も良くやりましたが、新卒の時にメモを取らずに暗記で覚えようとして結局何も覚えることができなかったという経験があります。

その時先輩に「メモを取らないと一生仕事なんてできないぞ!」と本気で叱られた経験があります。

マルチタスクをしてる

複数の作業を同時にするのがマルチタスクで、ビジネスマンの間ではマルチタスクができる人が優秀と言われているくらいです。

しかしマルチタスクというのは実は作業効率を最も落とし仕事の出来栄えを最悪にする方法なんです。

というのもマルチタスクをしても実際は作業効率なんて上がらず、むしろ作業を2つに分けているせいで効率が圧倒的に落ちます。

特に仕事ができない人間ほどマルチタスクをしてる傾向が強いため、ミスが多く仕事が遅く感じるでしょう。

人に頼らない

仕事ができない人ほど周りの人に頼らないことが多いです。

おそらく頼らないというより、人に聞いて怒られるのが怖いということでしょう。

しかしわからない事は素直に人に聞かないと、あとで大変なことが起こるのも事実です。

実際私は人に聞くのが嫌で、わからない事は自己流でやったらあとで大失敗して余計に怒られることがよくあります。

他人と比べる

仕事ができない人は他人と比べるせいで、仕事の効率が落ちてしまいます。

というのも他人と比べる人は常に他人の評価を気にしてる傾向が強く、苦手な上司の前だと緊張することがおおいでしょう。

そして緊張すると本来の力の半分以上も出せないせいで、仕事の出来栄えが悪くなっていきます。

私も良くありましたが、苦手な上司が近くにいると緊張のせいでガチガチになり本来の力が出せずにミスを連発します。

しかし苦手な人が休みの時は緊張がなくなり、いつもの2倍以上の仕事ができるなんてことがありました。

自分に合っていない

根本的な問題として、自分に合っていない仕事をしてる場合もあります。

よくあるのが会話が苦手だから、接客をやろうとか営業をやってみようという人がいますが、やっぱり苦手なものって人間中々直すことができません。

コミュニュケーションが苦手な人がコミュニュケーションが必要な仕事をすると、大抵が失敗で終わるためあまり良くないでしょう。

調べない

仕事でわからないことがあったら人に聞くのも大事ですが、時には自分で調べてみることも大事です。

例えばエクセルやワードなどの、事務作業系は本で調べることができますしネットで丁寧に説明してるサイトは沢山あります。

しかし仕事ができない人ほど自分で調べることが出来ず、なぜか自己流でやってしまいがちです。

作業場が汚い

仕事ができない人ほど整理整頓ができないと言われています。

例えば必要な書類があるのに机が汚いせいで、書類を探すのに時間がかかります。

書類を探すのに30分もかかったら、その30分はもったいないですよね?

このように作業場が汚い人ほど、仕事のペースが遅く余計なことで時間を使うため仕事ができないように見えてしまいます。

仕事が出来ない人の生き方は?

 

  • 仕事がどうしてもできない。
  • 何をしても覚えが悪くて嫌になる。

そういう考えの人もいます。

そういった仕事に向いていない人でも実は考え方や働き方次第で社会で活躍できるようになるわけです。

今回のメインテーマである、仕事ができない人のための生き方についても書いていきましょう

他人と比べるのをやめる

まずこれは大前提ですが、人と比べるのをやめないと何をしても不幸になります。

何をしても不幸になると聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、例えばあなたが活躍できる天職に出会ったとしましょう。

自分に合ってる仕事をやったとしてもほかの優秀な人を比べて

  • 俺は能力が低い
  • 俺はダメ人間
  • 俺はあいつらと比べると

というふうに永遠と誰かと比べては落ち込むを繰り返しています。

特に今ってSNSで若い人が成功してる記事なんて沢山出ています。

下手をすれば10歳の子供だって1億円以上稼げる時代です。

そういった上の人たちと自分を比べて落ち込むと、何をしても落ち込んでしまい結局は自分が仕事ができないダメ人間と思ってしまうでしょう。

逆にいうと人と比べることがないと、何をしても幸福になれます。

多少仕事ができなくても、他人と比較せずマイペースで生きれるため、それほど劣等感を感じることはありません。

メモをしっかり取る

仕事ができるようになる方法って職種などでも変わりますが、メモを取る事はどの職業でも共通して必要な事です。

最初の方に言いましたが、人間は教えられたことでも1時間で50%を忘れているというデータが出ています。

逆にいうと何もしないとどんどん忘れるのが人間の脳の仕組みなので、対策をせずに暗記する事は不可能に近いでしょう。

なのでどんな時でもメモを取る事は忘れずに、ちなみにメモは手書きの方が脳に残るためできるなら手書きで暗記をするようにしましょう。

とにかく気になったところはメモ。

仕事でミスをしやすいところもメモ。

なんでもメモをすることで一流の仕事人間に変われるでしょう。

フリーランスで働く

最近は働き方も多様化して、フリーランスという働き方も増えています。

フリーランスは難しいという印象が強いですが、実は会社で働くのが苦手な人の多くがフリーランスとして活躍しているんです。

なので努力さえすれば快適に働けるやり方の1つになっていきますね。

それにフリーランスは稼がないと生きていけないため、生活のために苦手なことでも挑戦する勇気が出てきますよ。

部署を変える

仕事内容が全く合っていないのも仕事ができないと感じる原因です。

やっぱり人間ってどうしても好き嫌いや得意不得意な仕事があるはずです。

私なんて人と話すのが苦手で、営業なんて絶対できませんし接客なんてもっと無理です。

それにパソコン操作がどうしても無理な人もいますし、一人でコツコツと仕事をするのが大得意な人だっているでしょう。

なので部署を変えられるなら変えてみるのも1つの手段になりますね。

転職する

仕事内容が合わないとどうしても辛いことが多いです。

なので転職をして新しい仕事をするのも生き方です。

転職をするのは甘いと思われるかもしれませんが、自分に合っていない会社でいてもしょうがないです。

お金を使わない生き方をする

1つ方法としてお金を使わない生き方をするということが出来ます。

というのもお金を極限まで使わない生活をすれば、仕事のする時間も短くていいですしストレスも溜まりません。

とある人は働くのが嫌すぎて出来るだけお金を使わない生活をしてるお陰で、週3日しか働かなくてもいいような生活を送っています。

少し極端かもしれませんが、週に5日働かないといけないというルールはないため、働く日数を減らしてみるのも良いでしょう。

仕事が出来ないのは悪いことではない

社会人になると全ての評価は仕事ができるかどうかになってしまいます。

たしかに男女ともに仕事ができないと駄目人間みたいに見られますが、別にそこまで悪いことではありません。

仕事ができない自分に嫌気がさすかもしれませんが、別に仕事ができなくても生きてはいけるでしょう。

それに今の仕事ができないのはあなたと相性が悪い可能性が高いでしょう。

世の中って探してみると本当に色々な仕事があります。

例えば私の友人は新卒の時に仕事ができずに、精神を病みました。

しかし職種を変えたみた所その仕事が友人には合っていたらしく、うつ病寸前まで追い込まれたのが嘘のように元気に暮らしています。

ちなみにその友人はコミュニュケーションが苦手なのにアパレル系の会社に勤めて精神を病み、次は食用の豚の飼育小屋でお世話をする仕事をしていて、それが非常に合っているみたいです。

なので世の中には無数に仕事があり、あなたは偶然相性の悪い仕事をしただけです。

なので転職をすることも考えて良いですし、もし転職に困っているなら転職エージェントを使えば無料でプロの人があなたと合っている仕事を見つけてくれます。

転職をするならプロの人に相談をして、決めた方が確実に良い職場が見つかるでしょう。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。