人間の性格

友達が欲しいと思った時に今すぐやりたい驚愕の対処法

 

社会人になると友達って出来ないです。

仕事で喋る事はあるけど、プライベートまで行くと中々話すことが出来ず、今日もスマホの連絡先は家族と仕事仲間だけになっています。

しかしふと友達が欲しくなる時があります。

友達と一緒に心の底から本音を言える。そう言う仲が非常に恋しくなるのが社会人でしょう。

そこで今回は社会人向けの友達の作り方について紹介します。

 

趣味から友達を作る

一番簡単で社会人におススメなのが趣味から友達を作ってみる事です。

友達を作る最低条件があり「共通の話題がある」と言う事が最低限の条件になります。

結局の所、何で人と仲良くなれるかと言うと、楽しく会話が出来るからです。

そして楽しく会話をするためには、何か共通の話題が必要になるでしょう。

だから会社の人って、仕事という共通の話題があるため働いている時は話しやすいですが、飲み会になるとプライベートの話が多くなるため、一気に話しにくい状態になります。

なので、共通の趣味があるのが友達を作る時に重要なポイントになるわけです。

ちなみに共通の趣味の人はSNSなど、ネットで見つけた方が効率が良いです。

出会い系を使っても変な人しか出てきませんし、社会人になると会社と家にいる確率が高く、学生みたいにホイホイ出会いがあるわけではないでしょう。

なのでネットで手っ取り早く見つける方が効率的には良いんです。

 

習いごとをしてみる

習いごとは趣味と同じで、共通の話題ができやすく友達も作りやすいです。

例えば英会話教室に行ったら、英会話と言う共通の話題が出来るためそれだけでも十分話せるでしょう。

それに習い事を通じて、プライベートでも深く関りがあるようになればそれだけでも楽しいですよ。

 

自分の本音を出す

方法ではなく、話し方の問題ですが友達が少ない人って自分の本音を隠すことが多いです。

本音を隠す理由として「恥ずかしいから」とか「嫌われたくないから」など、とにかく本音を出す事で起きる嫌な事を避ける傾向があります。

しかし本音を出さないと友達は出来ません。

それに人って本音を出す人に対して、好意を持つため友達が欲しいなら常に本音で話す事も重要になるでしょう。

 

自分から積極的に声をかける

友達が少ない人は常に受け身で、相手に話しかけてもらうのを待ちます。

しかしそれでは社会人になって、中々友達が出来ないため自分から積極的に声をかけてみないとダメです。

恥ずかしいかもしれませんが、自分から声をかける精神がないと社会人になってからは友達が出来ません。

 

自分と似てる人を探す

友達って自分と似てる人を探せば自然と話しが合います。

例えば自分が大人しい人なら、口数が少ない人を探して声をかけてみるとか、それだけでも違います。

陰キャが無理に陽キャと仲良くなる必要なんてなく、陰キャは陰キャと仲良くするのが一番の近道になるでしょう。

 

友達を作る時の注意

 

話しが合わない人は離れる

声をかけてみたけど、自分と全然話が合わないなんて事はよくあります。

ですが、社会人になって変に気を遣う事を覚えているせいで、離れることが中々出来ません。

しかし無理に話を合わせることなんてなく、話が全く合わない人はサッサと離れた方が精神的に楽です。

結局の所、無理して話を合わせるのは友達ではありませんから。

 

無理に友達を増やそうとしない

友達って多ければ多いほどいいと思いがちですが、無理に友達を増やそうとしても疲れるだけです。

何か友達が多いと「いざという時の人脈があるから助かる」という人もいますが、増やしすぎて交流が少ないといざという時に全く相手にされない場合が多いです。

それに友達を増やしすぎると、人間関係のトラブルも多くなるため最低限の付き合いだけしてれば問題はないです。

むしろ本当に心の底から本音を言える友人が1人でもいれば、それだけで十分のはずです。

 

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。