仕事

仕事を辞めるのは逃げ?いや逃げないと本当に危険な時代になっている

 

仕事を今すぐ辞めたい。

だけど仕事を辞めることは社会人として逃げることになるのでは?

そして一度逃げ癖がついたら、一生仕事で逃げる事を繰り返す事になるのでは?

そんな逃げることに対して凄い悩んでいるのが、今見てるあなたですが私から言わせると仕事から逃げたいなら今すぐ逃げた方が良いです。

むしろサッサと逃げて、転職をしないとあなたの人生が終わる可能性だって出てくるでしょう。

今回は仕事から逃げたいと思ったらすぐ逃げるべきと言う記事を書いていきます。

 

逃げないといけない理由

 

精神的に壊れるから

まず仕事から逃げないと精神的に壊れる危険があります。

今の日本って凄い精神病になりやすい人が増えていて、何と100万人以上の日本人がうつ病などの精神病になっているという厚生労働省の調査があります。

それくらい今の日本では精神的に病みやすく、働きにくい国になっている訳です。

これって現代人の精神が弱っていると思いがちで、「俺も社会人になったら精神的に強くならないと」と思いますが、実はメンタルが弱いのは時代の流れのせいでもあります。

例えば今って働かなくても生きれる豊かさを持っています。

働かないニートの数って日本で70万人以上いるといわれていて、逆にいうと70万人の人が働かなくても暮らせるくらい豊かになっている証拠にもなるでしょう。

ニートでも暮らせるのに、毎日残業して上司に怒られて安い給料で雇われる。

ここまでして頑張る意味ってありますかね?

恐らくうつ病になっている人って、無意識で頑張る意味がないとか俺が働かないても意味がない。

そう言う風に思ってしまい、うつ病になっていきます。

そう、今の時代頑張る必要がないから、最悪生活保護を受ければいいから、最悪家族に養ってもらえるから。

頑張る必要がないと人間の精神って簡単に壊れるものに変わりますよ。

 

会社に洗脳されるから

若い時に会社に洗脳されるとあなたの未来の可能性がなくなります。

例えば、会社で働く事が当たり前という風に洗脳されると、経営者として働く事やフリーランスで働くと言った可能性を考えることが出来なくなります。

今って働き方なんて本当に沢山あり、ゲームをプレイして稼ぐ人もいますし、料理の動画をアップして稼ぐ人もいます。

英語が話せるなら、翻訳者として働ける人もいて実は会社で働く事が全てと言うのはおかしい訳です。

しかし会社で洗脳されて、会社で雇われる事が一番大事と思ってしまうと、可能性が潰されてしまうわけです。

ちなみにこの洗脳って、30歳までに気づかないとその人の洗脳を解く事は難しく、一生会社の奴隷になる事もよくある事です。

 

倒産した時困るから

会社と言うのは突然倒産します。

倒産するのが20代の頃なら全然やり直しが出来ますが、これが40代以上になると転職が非常に難しくなってくるでしょう。

40代でも転職が成功する人はいますが、そう言う人って元部長など分かりやすい実績を持っていないとまず不可能でしょう。

40代でもし会社が倒産して、何もスキルがないまま放り出されたらそれこそ人生が詰みます。

しかし20代の時に転職を経験したり、副業などをして雇われずに稼ぐ方法を持っていれば突然の事態でも安定して行動が出来るでしょう。

 

お金の稼ぎ方を学べないから

最初の方に言いましたが、今の時代ってお金の稼ぎ方は沢山あります。

メルカリで物を売ったり、ブログで広告収入を貰ったり、YouTuberになって稼ぐ事が可能です。

つまり今の豊かな日本では、雇われる以外にも稼ぐ方が沢山あり、お金持ちになれる人って増えています。

しかし会社にいつまでも洗脳され、嫌な仕事をずっと続けてスキルアップも出来ないようではお金持ちになる可能性が0になるでしょう。

 

人生楽しくないから

何度も言いますが、今の日本はニートが70万人いても崩壊しないくらい豊かになっています。

だから昔みたいに仕事が辛いから我慢するという時代は終わっています。

むしろ日本の豊かさを利用して、自分勝手に生きて人生を楽しくする事が出来るわけです。

しかし人生を楽しくするにはまず仕事を楽しくしないといけません。

社会人になると人生の大半が仕事に埋まられるため、仕事が楽しくない=人生が楽しくないになるので、非常に危険です。

恐らく今のあなたは人生が全く楽しくないからこのページに来てるわけですよね?

人生が楽しくなく、苦しんでいるから何か答えを探しにきたのでしょう。

それだったら答えは1つで、会社を辞めないと一生苦しいままです。

 

仕事を逃げるべき人

 

人間関係が合わない

人間関係が合わなくて仕事を辞めたくなるのは、いつの時代でも多くの人が抱える悩みになるでしょう。

しかし人間関係で辞めようとすると「それくらいで辞めるな」とか「人間関係で辞めたら他の会社でも働けない」という意見もあるため、判断に困ります。

だけど私の意見としては、人間関係が合わないなら辞めてもいい。そうハッキリ言います。

というのもうつ病など、精神病などの多くの原因って人間関係のせいで起きることが多いです。

精神科の先生などはうつ病の原因は様々な要因が重なったせいとあいまいな言い方をいますが、20代の場合は人間関係のせいでなる場合が多いです。

例えば残業が1日10時間以上あり、給料も安い会社は普通に考えればうつ病になる確率が高いと言われています。

しかし残業があり給料が安くても人間関係が良いだけで、意外と働けることが多いです。

人間関係が良いと、落ち込んだ時も「一緒に頑張ろう」とか疲れている時に「大丈夫か?」と言うように周りのサポートがあるから、何とか頑張れるわけです。

しかし残業なしで給料が良くても、人間関係が悪いだけで自殺する人が非常に多い訳です。

実際大手の会社で自殺報道がある時、大抵の場合上司のパワハラが原因と言われています。

三菱電機の新入社員だった20代男性の自殺をめぐっては、兵庫県警三田署が11月、自殺教唆容疑で上司だった30代の男性社員を書類送検。

日常的に暴言を受けていたとの証言もあるが、職場でのパワハラを自殺教唆容疑で捜査するのは異例とみられ、神戸地検が刑事責任を慎重に調べている。

三菱電機関係者などによると、教育主任だった上司は普段から厳しい口調で男性に接していたといい、同署は上司らから事情を聴いた上で書類送検に踏み切ったとみられる。

引用元:三菱電機 新入社員自殺 上司は自殺教唆疑いで異例の捜査

 

 

「こんな説明ができないなら死んだほうがいい」――そう言われた部下は本当に死んでしまった。

2017年にトヨタ自動車の男性社員(当時28歳)が上司のパワハラにより自殺した件が今年9月に労災認定されていた、というニュースを目にした。報道によると、男性は地方大学を卒業後、東京大学大学院を修了し、15年4月にトヨタに入社したという。

しかし、直属の上司から日常的に「バカ、アホ」と言われたほか、「なめてんのか。やる気ないの」「こんな説明ができないなら死んだほうがいい」「学歴ロンダリングだからこんなこともわからないんや」などと叱責された上、個室に呼び出されて「俺の発言を録音してないだろうな。携帯電話を出せ」と詰め寄られたこともあったという。

3カ月間の休職を経た男性は復帰後、別グループの所属となったが、同じフロアの元上司から再三にわたって嫌がらせを受け、1年後に社員寮で自殺したという。

引用元:トヨタ、社内の壮絶なパワハラで自殺…某大学勤務の私の弟が自殺した記憶が蘇ってくる

 

大手企業もそうですが、公務員でも人間関係で自殺したという事例があります。

山口県宇部市の宇部中央消防署員の松永拓也さん=当時(27)=が一月に自殺した原因を調べていた外部調査委員会が、職場の不祥事に抗議の意を示すためだったとする報告書をまとめたことが、関係者への取材で分かった。

遺書で「パワハラや金銭問題」を告発し「上の者は都合の悪いことは無かったことにしている。隠蔽(いんぺい)し表に出さない」と批判していた。

松永さんら後輩に先輩が多額の金を借りるなど、問題が相次いでいた。遺書で組織の変革を求めており、両親は取材に「命を懸けて訴えたことを重く受け止めてほしい」と話した。自殺直前には、両親に対し、消防車の部品を損傷したことを説明した上で「(上司は)金銭問題で何もしないのに、部品のことでうるさく言われるのは納得できない」と語っていた。

弁護士三人による調査委は遺書を踏まえ、宇部中央消防署などを管轄する宇部・山陽小野田消防局内の金銭問題などを調査。

報告書によると、後輩八人から計百四十一万円を借金した職員が、パワハラ行為だとして二〇一六年に文書訓告処分を受けていた。

松永さんも共済会から借りた五十万円を貸し付けていた。

引用元:山口県消防署パワハラ、抗議の自殺 「借金・暴言を隠蔽」遺書

 

大手企業にいても、皆が憧れる公務員になっても人間関係が悪いせいで精神が病み、自殺する人が沢山います。

それくらい人間関係と言うのは大切と言う事を私は知っているので、人間関係が悪いというのは辞めるべき1つの基準になります。

 

給料が安い

給料が安くて仕事を辞めるのも、賛否両論の意見があります。

辞めない方が良いというのは、「給料で仕事をするな」とか「お金より大事なものがある」という意見ですが、個人的には給料が安いと感じるなら早く辞めた方が良いという意見です。

お金が全てじゃないという人は多いですが、実際問題お金があれば大体の問題が解決します。

例えば今って、20代の人は親の介護問題に悩んでいます。

お金がないから自宅で介護したい、だけど介護をするために仕事を辞めたら生活が出来ない。

そう言う悩みを今の20代、30代の人は持っています。

しかし介護の問題もお金があれば解決できます。

自分が沢山稼いでいれば親を介護施設に入れて、それですべて解決。

後は何もしなくても良いでしょう。

この様にお金があるといざという時に、なんでもお金で解決できるので給料が安いから逃げるというのは正しい選択でしょう。

副業ができない

最近は副業が流行っていますが、残業が多かったり仕事が重労働だと副業をするやる気もなくなります。

副業なんてしなくても本業で頑張ればいいじゃんと思う人もいますが、今の時代本業の力と言うのはなくなっています。

今って時代の流れが早く、1年経つと今までの方法が全く通じないなんて事もあります。

だから日本の大企業は新しい仕事を覚えられない40代以上の人をリストラにする事が多いです。

リストラをしても生き残れる人って、圧倒的な能力がある人か副業をして他にお金を稼いでいるかの違いです。

ですが大抵の人は、圧倒的な能力はなくそのままリストラになっていくでしょう。

そんな時に副業をしていたらどうでしょう?

例えば12万程度副業で稼いでいたら、とりあえずは生きることが出来ますよね?

会社が終身雇用が出来なくなった今、自分でスキルアップして稼ぐしか生き残れません。

なので副業が出来ない程忙しいなら、仕事から逃げるべきでしょう。

残業が多い

残業というのは給料が貰えるだけで、他に何も意味がありません。

更に言うと残業をすればするほどその人の能力と言うのは落ちるものです。

というのも、残業前提の仕事をすると「まだまだ働く時間が長いから仕事をサボりながらしよう」と思って、仕事をたらたらする癖が出てきます。

私もそうでしたが、初めから残業前提と言うのが分かっていると、本気の半分以下の力でしか作業をしません。

それで残業が多い所で働く癖があると、力を出さずにサボる為の方法ばかり学んで全く成長が出来ないのが非常に怖いです。

先ほども言いましたが、今って誰でもリストラされる時代なので、いつまでも今の会社で働ける可能性はありません。

だから自分の能力をどれだけ高めることが出来るかが重要なのです。

精神的に壊れそう

働くと精神的に破壊されそうな時が何度もあります。

もし精神的にきつくなっても「我慢しよう」と思っているなら、今すぐ仕事から逃げた方が良いです。

最初に言いましたが、精神的に辛くなるとうつ病になり自殺する可能性だって出てきます。

どんな職場でも精神的に辛くなる場面は沢山あります。

それで我慢して、自分の精神が壊れてこれからの人生を台無しにしたら、意味がないでしょう。

だから辛かったら辞める。これだけで良いです。

普通の人生なんて幻想

よく普通の人生を歩きたいという人がいますが、今って普通の人生なんて中々出来ません。

普通の人生って恐らく、今の会社で定年退職まで働き結婚もして子供も産んで老後はのんびり過ごしたい。

恐らくこういう事でしょう。

しかしそう言った人生って誰が決めたことなんでしょう?

世間で言う普通の人生が歩けないからって何が起こるんでしょう?

会社を早く辞めたからと言って何が起きるんでしょう?

世間の人生ではなく、あなた自身の人生を歩かないとこの先ずっと苦しいままです。

だから会社を逃げたかったら即逃げても問題はないですよ。

頑張れば報われるのも幻想

日本人ってどうしても頑張れば頑張る程報われるという考えを持っていますが、頑張る環境によってそれは無意味なものに変わります。

例えば人間関係が悪い職場では、仕事の能力より上司と仲良くなるスキルが必要になります。

仕事の能力が高くても、上司に気にいられないと結局いじめを受けたり、評価を下げられるなど頑張っても結果が出ない事なんてよくあるでしょう。

だからどんなところで頑張るなんて必要はありません。

むしろ今の環境がヤバいとか、辛いとなったら頑張らずに自分が能力を出せる職場にいた方が全然ましです。

会社はいざとなったらあなたを捨てる

会社って経営が傾くと、平気でリストラをします。

会社も生き残りをかけているので、しょうがないですがいざという時に捨てられる可能性は十分ありますよ。

例えば今って40代以上の人がリストラの対象になっていますが、40代の人が20代の時は前線で戦ってきた人たちなわけです。

しかしそんな戦ってきた人たちも、年齢を重ねれば会社からすれば給料泥棒に変わります。

どれだけ実績があっても、結局は会社の都合であなたは捨てられることになるでしょう。

それを考えたら、別にあなたが会社を捨てることなんて悪い事ではありませんよね?

転職を考えてみよう

もし今会社から逃げたいなら転職をするのも全然ありです。

何度も言うようですが、転職をしないと精神的に病んでうつ病になる確率が非常に高くなっていくでしょう。

うつ病になると、最悪ずっと引きこもり生活というのも十分考えられるため、これからの人生を楽しく生きることが出来ません。

もし少しでも今の会社から脱走したい、辞めたい、いなくなりたい。

そう思ったら転職を考えるのもありですよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。