仕事

会社を辞めたいなら事前にチェックしたい注意点と対策

 

会社を辞めたいと思う時は沢山あります。

しかし本気で会社を辞めたい。

そう思った時は注意したい点が何個もあります。

先に知っておかないと転職で後悔する事なんて山ほどあります。

「前の職場の方が良かった」という話はいくらでもあるため、今回よくある転職の失敗談をご紹介したいと思います。

 

事前チェックポイント

 

なぜ辞めたい?

まず最初に気にしたいポイントですが、なんで辞めたいのか?と言う事です。

辞めたい理由は人それぞれですが、辞めるべき理由とまだ続けた方が良い理由があります。

まず続けた方が良い理由ですが、

  • 何となく
  • 仕事内容が合わないかもしれない

というような、理由ではあまり辞めない方が良いです。

何となくの場合は転職をしてもまた同じ理由で辞める確率が高くなりますし、仕事内容が合わないかもしれない。

そう言った理由の場合2年程仕事を続けて合わないようなら辞めても良いでしょう。

そして辞めてもいい理由ですが

  • 人間関係
  • 残業時間
  • 給料

の3つの理由の場合辞めてもいいです。

この3つの理由は賛否が分かれますが、個人的にこの3つを我慢すると精神が崩壊したり後悔する事が多いんです。

私の場合、人間関係と残業時間に悩んでましたが、この2つを我慢した結果うつ病一歩手前まで行き、1年間ずっと仕事が出来ない状態になりました。

ちなみに給料ですが、やっぱりお金はもらえた方が絶対良いです。

今って「給料より好きな事をしよう」と言いますが、ぶっちゃけ言うと給料が良い仕事って何だかんだ辞めません。

辞めようとしても「給料が良いから頑張っているだよな」と思って、仕事を続けることが多いため給料がどれだけやる気に繋がるかがよく分かります。

 

どれくらい辞めたい?

次に考えるポイントはどれくらい辞めたいのか?というポイントでしょう。

例えば「仕事を辞めたい」と思っても1日経てば治る程度の場合、今は辞め時ではありません。

しかし「仕事を辞めたい」と1カ月以上ずっと思っているなら、その仕事は辞めるべき仕事になります。

ちょっと辞めたいくらいだったら、続けた方がましなのでガンガンやっていきましょう。

 

転職先はどうする?

次に考えるのは転職先です。

仕事を辞めたら転職をしないといけないですが、転職先を見つけることは最優先です。

よく仕事を辞めてから探すという人がいますが、それだと遅いんです。

というのも私が仕事を辞めてから転職をしましたが、その時の見積もりが非常に甘かった経験があります。

個人的には「1か月もあれば転職出来るだろ」と思っていましたが、結果的に仕事を探すのに苦労して4か月以上も転職活動をする羽目になっています。

この様に自分が思っているより、仕事と言うのは見つからないので注意が必要になります。

 

どんな働き方をしたい?

そして次に大事なのが、自分の働き方です。

今って働きからは本当に色々あり、自宅で稼ぐ人や若くて社長になるという人もいます。

例えば、人と関わりたくないから家で出来るパソコンの仕事をする人もいますし、残業したくないから生活レベルを抑えて週に3日しか働かない人もいます。

では自分がどんな働き方をしたいのか?と言うのを考えると転職先も見つかります。

  • 沢山働くのか?
  • 働きたくないのか?
  • 自宅で稼ぎたいのか?
  • 社長になるのか?

ちなみに私はとにかく働きたくないので、残業なし、祝日休み、長期休暇ありの休みが沢山ある所で働き、空いた時間に遊んだり気が向いたら自宅で副業するなどして気楽に働くスタイルが合っていました。

 

どんな人生にしたい?

社会人になると自分の人生について深く考えないといけません。

自分がどんな人生を送りたいのか?というのを考えないと中々納得できる転職って出来ないんです。

  • お金持ちになりたい?
  • 地位が欲しい?
  • 結婚して子供が欲しい?

自分が思い浮かべるやりたい人生を考えてみて下さい。

ちなみに注意としては、学校や世間的に言われる人生をあてにしない事です。

例えば世間的に言う普通の人生って

新卒で入った会社でずっと働き、結婚して子供も産む。出世したらマイホームと車を買って定年まで働き幸せな老後を迎える。

これが世間の普通の人生です。

しかしこの人生が絶対に出来るか?なんて聞かれたら全員が「無理でしょ」と答えます。

そもそもこんな人生を送りたい?と聞かれたら「いいえ」と答える人も多数いるでしょう。

なので自分が納得できる人生を考えてみて下さい。

  • 本当に結婚したい?
  • 本当に子供が欲しい?
  • 本当に今の会社で定年まで続けたい?

それを考えると、転職するかしないか?と言うのもすぐに分かるでしょう。

 

まだ会社でやれることはないか?

転職するのは良いですが、まだ会社で出来ることはないか?と言うのもチェックポイントになっています。

例えば特殊な技術が必要な仕事の場合、技を盗んでから辞めるというのもありです。

営業の仕事の場合、先輩に営業のコツを全て聞いてから辞めるというのもありです。

今いる会社で「まだ盗める技はないか?」と言うのを確認してから辞めるのも遅くはありません。

 

転職方法を先輩に聞いてみよう

転職方法とか転職の実体験は色々ありますが、結局の所経験しないと何も分かりません。

ですが、転職については分からないことだらけで、不安に思う事も多いでしょう。

そこで実際に転職をした先輩がいるなら、聞いてみると多少のアトバイスを貰う事が出来ます。

やっぱり文字とか動画でみるより、生の人に聞く事が一番耳に入るため、もし仲のいい人が転職してるならぜひ聞いてみましょう。

 

面倒な上司の説教は流そう

転職をすると上司の耳に入ると、それを良く思わない人が絶対に出てきます。

私の時にもいましたが、「転職はそんなに甘くない」とか「この会社を辞めたら他では通じない」とか散々悪口いう人がいました。

しかしその上司って、ただ辞められたら人手不足になるから面倒なだけで、別に本人の心配はしてません。

だって私に「転職なんて今の時代厳しいぞ」といった40代の上司が、私が辞めた2年後に上の人と喧嘩して辞めたという事もありました。

個人的には「え?あんなに私に説教したのに自分は喧嘩して辞めた?ふざけんな」とかなり怒りを覚えましたよ(笑)

逆に言うと、説教してくる人もその程度の人間なので、説教は受け流す程度で良いんですよ。

 

20代なら転職エージェントがおすすめ

ちなみに20代だったら転職エージェントを使うのがおすすめになります。

転職エージェントは簡単に言うと、転職を全面的にサポートしてくれるサービスで無料で使える転職サービスのことです。

転職エージェントを使うと、面接のやり方や書類審査に通りやすい履歴書の書き方なども教えてくれます。

それにエージェントだけにあるマル秘求人もあるため、使うと使わないとでは転職の成功率が2倍以上も違います。

個人的にはリクルートエージェントなどの大手は安心して使えたので、おすすめしますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。