人間の性格

やる気が出ない恐ろしい原因とやらないと後悔する対処法

 

やる気が出ない人は共通してることがあります。

私もやる気がどうしても出ない時は何度でもありますし、そのたびに対処をしてきました。

そこで今回は社会人向けのやる気が出ない時の原因と対処法を書いていきましょう。

 

やる気が出ない原因

 

精神的に疲れている

社会人でやる気が出ない一番の原因って精神的な面です。

今の人たちって衣食住の基本的な生活レベルは出来るため、「食べ物がなくてやる気が出ない」とか「住む家がなくてやる気が出ない」なんて事はありません。

しかし現代人は最低限の生活レベルが出来るものの、精神的な面では豊かになる事が出来ていません。

仕事の人間関係、休日を寝て過ごすだけの毎日。そう言った事が重なるせいで精神的に疲れてやる気を全く出すことが出来ないでしょう。

ちなみに私は毎日上司に怒られたせいで「私は生きていても意味がないのでは?」と思うまで追いつめられたことがあります。

 

肉体的に疲れている

今の人って衣食住は働けば最低限揃えることが出来ますが、物欲のせいで無理に働く人が多いです。

例えば極端な話月収は15万円程度あれば最低限生活は出来ますが、「年収を高くしたいから」とか「もっといろんなものが欲しいから」と言って残業をしてお金を稼ごうとします。

しかし残業を増やすと当然ですが、体に疲れが残り1日経っても疲れが残る可能性が高いでしょう。

更に土木現場や工場など、肉体労働が多い場所で働くとより肉体的に疲れてやる気がなくなります。

私は朝の9時から夜の10時まで働いたことがあり、その時は寝ても疲れが残るし精神的なダメージが酷いしで、「こんな人生生きていても意味がないのでは?」と死ぬ寸前まで疲れたことがあります。

 

仕事が上手くいかない

人間って上手くいかないとやる気が一気になくなります。

例えば社会人の場合、自分の仕事が上手くいかないとやる気が落ちてしまう傾向が強いです。

  • 上司と上手くいかない
  • 仕事が覚えられない
  • 同僚に成績で抜かれる

などなどそう言った理由で、社会人はプレッシャーを感じてやる気がなくなっていくでしょう。

 

プライベートが上手くいかない

仕事が上手くいかない人はプライベートが上手くいかない傾向が強いです。

というのも仕事が上手くいかない人って、仕事が終わるとご飯を食べてお風呂に入ってそのまま寝る。

休日は疲れているので、ずっと家で寝てる。そんな生活を送っている人はストレス発散が上手くいかず精神的に病んでしまいます。

そしてプライベートが上手くいかなくなると、「休日がつまらない」と思い「仕事もつまらない」と何をしてもつまらないと思うようになるでしょう。

 

休みが少ない

休みが少ないと人のやる気は落ちていきます。

  • 休日が1日しかない
  • 残業を1日4時間以上やる

そう言った普段から全く休日がないような会社にいる場合、精神と肉体にダメージが残りやる気が一気になくなるでしょう。

 

何となく

周りからすると「何となく」って意味が分かりませんが、本人は真剣なので非常に深刻な問題です。

  • 何となくやる気が出ない
  • 何となく無気力

こういった何となくという理由の人は意外と多く、自分で原因が分からなくて対処が出来ない人になります。

 

人生のやる気をなくしてる

社会人の中でブラック企業に勤めていたり、ストレス発散が下手で溜め込む人は人生のやる気すらなくしている事が多いです。

人生のやる気をなくすと、当然ですが全ての物事に対するやる気がなくなります。

  • 俺はどうせダメなんだ
  • 何をやっても無駄
  • 成功者は恵まれた環境があった人だけ
  • 能力の低い人間は何をやってもダメ

そんな事を思ってしまい、人生のやる気を失っていくでしょう。

また人生のやる気をなくると「死」と言うワードを思い浮かべるようになり、一番酷い時は死ぬことすら考えるようになります。

 

生活習慣が悪い

現代人って非常に忙しいため、生活習慣が悪い人が非常に多いでしょう。

例えば食事を作るのが面倒で、毎日コンビニ弁当か牛丼チェーン店でご飯を食べる。

休日はろくに外に出ないでずっと寝てる。

お酒を飲みまくる

タバコを吸いまくる

そう言った生活を送っているせいで、人はやる気がなくなります。

特に食事と言うのは非常に大切で、おろそかにすると人生を簡単に狂わせることも出来るものなんです。

たとえば食事は毎日牛丼なんて偏っていると、だんだんと太っていき体を動かせなくなります。

人間って太るだけでも精神的に弱くなり、肉体的にも弱りやる気が一気になくなります。

 

運動不足

社会人になると中々運動をしませんが、実は運動って非常に大切です。

運動不足の人って、体力がなくなります。

そして体力がなくなると会社に帰っても体力がないので何もやる気が起きずそのまま、寝るかスマホでダラダラ過ごす人って今の現代人のあるあるです。

体力と言うのは精神力の基本でもあります。

そのため体力がない人はそのまま精神力がなくなる原因にも繋がっていくでしょう。

 

やる気を戻す方法

 

仕事をサボる

サボると聞くと嫌なイメージですが、仕事を続ける為には必要な事です。

今の時代は「好きな事を仕事に」という人が多いですが、大半の人は好きな事を仕事に出来ていないという人が多く、嫌な仕事を黙ってやっているのが現実でしょう。

しかし嫌な仕事を無理やり頑張り続けると精神的に辛くなり、仕事のやる気は簡単になくなります。

そこで普段から疲れたら少しだけサボるようにすれば、やる気を取り戻すことが出来ます。

例えば1時間に1回トイレ休憩で15分ほどいなくなるとか、3か月に1回くらい仮病で休んでみたらどうでしょうか?

もし休めない状況と思うなら、その会社は少し危険かもしれないので転職も考えた方が良い可能性が高いですよ。

ちなみに私は本当に精神的に辛くなった時は、会社のトイレで20分くらいスマホゲームをしてましたよ。

周りを見ると会社に長く勤めている人ほど、サボリ上手な人が多いんですよね。

上の役職になるとサボっても何も言われないです。だからサボリ放題ですし(笑)

 

転職を考える

仕事のやる気がなくなっているなら、それは転職をした方が良い可能性が高いでしょう。

というのも人ってやる気がなくなった時に、戻る期間が長ければ長い程今やっている事が嫌なわけです。

例えば仕事のやる気が2か月もなくなっているなら、それは今の仕事が心底嫌いと思っている証拠です。

あまりにも仕事が嫌になって、やる気が戻れない人は素直に転職をおススメします。

ちなみに転職せずに下手に頑張ると、私みたいに山で首つりを考えるくらい追い込まれますよ???

 

新しい趣味を開拓する

仕事が生きがいではない人は本当に好きな趣味をみつけるのが一番良いです。

趣味と言うのは社会人になると必須みたいなもので、あるかないかで今後の人生にも関わるくらい大事な事です。

例えばうつ病などの精神病などになりやすい人の多くは、趣味がない。またはネット鑑賞が趣味と言うのがあります。

先に言いますがネット鑑賞が悪いのではなく、「暇だからネットを見てる」という人はうつ病になりやすいので注意が必要なんです。

例えば仕事ってどうしても精神的にきつい事が何回でも出てきます。

そんな時に自分が大好きな趣味があれば、仕事終わりに楽しみに出来るし精神を安定させる薬にもなるでしょう。

やる気が出ないというのも、本当に楽しいと思える趣味があれば「この趣味を楽しむためにお金を稼ぐ」という目的があるだけで全然違ってきます。

ちなみに趣味の見つけ方ですが、友人にハマっている趣味を聞いても良いですが自分が本当に好きな趣味って実はやりたくない事だったりします。

例えばアイドルオタクって周りからしたら「あんな大人にはなりたくない」と思われがちです。

しかし「あんな大人にはなりたくない」と思った人がいざアイドルLIVEに行くと簡単にはまってしまうというのがよくある話しです。

人間って自分が「嫌い」と思っている事が実は「俺は同じことをしたいのに我慢してる。だから好き勝手出来るあいつらが嫌い」という意味があります。

なので自分が心の底から嫌いなものが実はやってみるとハマったりします。

ちなみに私の友人はアニメオタクが大嫌いでしたが、友人の誘いでアニメのイベントに行った所ドハマリし、今ではアニメに全てを注ぎ込む立派な「アニメオタク」になりました。

 

睡眠の質を改善する

実はやる気って睡眠の質が違うだけでも簡単に回復できます。

現代人って大半の人が睡眠の質が悪いです。

スマホを長時間見ることや、夜更かしのせいで睡眠の質が悪くなりがちで、それを改善しないせいでやる気が一気に落ちていくでしょう。

睡眠の質を改善するには「スマホを見るな」と言うのが正しい方法ですが、それは嫌ですよね?

なので簡単な睡眠グッズを買ってみましょう。

  • アイマスク
  • 耳栓
  • アロマ

これらを買ってみることで案外睡眠の質って良くなります。

特にスマホを見るのが大好きな人は、アイマスクを買うだけでも全然違いますよ。

 

自分の人生を真剣に考えてみる

社会人でやる気がなくなっている人は、受け身の人生を送っている可能性が高いです。

受け身の人生と言うのは何も考えなくて楽ですが、人間って「やらされている」という感覚が出ると一気にやる気がなくなる生き物です。

なので社会人になったので一度自分の人生を真剣に考えてみることをおすすめします。

ちなみに考えることが分からない人は

  • 自分の年収
  • 自分の仕事時間
  • 自分の仕事内容
  • 給料が低くてもやりたいことはあるか?

というのを考えてみるのが良いです。

ちなみに私は色々考えた結果、給料は少なくてもいいからとにかく働く時間を短くしたい。

というのが私の願いと言う事が分かっています。

私って基本的に物欲がないですし、趣味も

  • 散歩
  • ゲーム
  • 読書

の3つしかなく、この3つって大してお金を使わないので別に高収入じゃなくても良いんですよね。

読書なんていつも図書館で読んでいるので、実質無料ですし。

自分の人生を一回真剣に考えてみて「自分はどんな働き方が良いのか?」と言うのを真剣に考えてみると、やる気は戻ってくるでしょう。

 

仕事を自分でコントロールする

心理学で「人間は自分でコントロールするものが増えると幸せになる」という研究結果が出ています。

例えば社会人になると仕事が自分で動かせる人ほど、幸せになります。

なので究極的に言うと社長が一番幸せになりますし、社長じゃなくても部長辺りになると平社員より全然幸せの度合いが違います。

「でも今の会社で上を目指すのなんて面倒だ」と思った人は、フリーで働いてみるのもありでしょう。

例えば今の時代はフリーでもプログラミングのスキルがあれば、割と食べてはいけます。

もし、今の会社でやる気が全くない人は「自分で仕事をコントロールするとやる気が出る」と言う事を覚えて下さい。

 

生活習慣を整える

単純に生活習慣が悪いと、やる気が出ないのは確かです。

今の時代安く食事は出来ますが、安い物と言うのは健康に悪い物ばかりです。

例えばコンビニのおにぎりは100円程度で買えますが、おにぎりだけだと明らかにバランスが悪く毎食おにぎりを食べると太りますし、やる気を失っていきます。

それに運動をしないのは社会人あるあるですが、運動をしないと考える力も失っていきやる気も簡単に落ちるでしょう。

  • バランスの良い食事
  • 適度な運動

これさえ整えれば、案外簡単にやる気は戻っていきます。

 

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。