人間の性格

束縛彼氏の9つの特徴とたった1つの今すぐ出来る解決法

 

束縛してくる人と言うのはどの時代でも絶対います。

女性よりも男性の方が束縛する可能性が高く、女性としては「この人と付き合ったのは間違ったかな?」と思うくらいです。

そこで今回は束縛する彼氏の特徴を書いていきましょう。

 

愛が重すぎる

束縛彼氏って基本的に自信がない人が多いです。

自分に自信がなく、彼女が離れてしまうのが嫌だから愛が重たくなるわけです。

例えば沢山のプレゼントを送ったり「好きだよ」という好意の言葉を沢山使ってくれます。

ただ愛が重すぎると、彼女の全てを管理したいという気持ちが出てしまうためメールを監視したり、GPSや盗聴器を使った管理しようとします。

 

自分でコントロールしたい

束縛する人は彼女の全てをコントロールしようとします。

先ほど言ったようにスマホのメールを確認したり、盗聴器を仕掛けるなど犯罪ギリギリの事も普通にやっていきます。

これって男性からすると、周りのことより自分を見て欲しいという思いからやってしまいます。

そしてこれも自分に自信がなく、他の男性と仲良くして彼女を奪われないようにするために監視をするわけです。

実はこれって宗教や人を洗脳するための基本的な方法と似ています。

宗教にハマる人は「私を理解してくれるのはこの宗教だけ」と言う風に思い、怪しい宗教でもハマっていきます。

そして人を洗脳する簡単な方法は「情報を遮断」することなんです。

例えば戦争をする時って「日本がどれだけ素晴らしい国か?他の国がどれだけ酷い国か?」というのを子供のころから教育して、戦争する事が良いことだと洗脳することで兵士が生まれます。

束縛彼氏も全く同じ思考で、彼女の洗脳して自分以外の人を見れなくするために、コントロールしようとします。

 

自分に自信がない

先ほどから言ってますが、束縛彼氏って自分に自信がない人が非常に多いです。

自分に自信がないから彼女を洗脳して、他の男性を全く意識させない様に情報を遮断していきます。

自信がない男性は堂々と振舞う事が出来ないため、周りからするとおかしいような行動を繰り返してしまいます。

 

常に不安

束縛彼氏は常に不安に思っています。

例えばデートの時も「彼女は楽しんでくれてるだろうか?」とか会話中も「変な事を言って嫌われないだろうか?」と心の中では常に恐怖の感情があります。

そして一番怖いのが「彼女と別れる」ことです。

束縛してくる人って、彼女の存在に甘えているため別れて離れてしまうことが一番怖い訳です。

だから別れることが出来ない様に恐怖で束縛して、行動を束縛して、日常生活も束縛しようとします。

全ては彼氏の「怖い」と言う感情のせいで起こっていることです。

彼氏は今の幸せな環境を失うのが怖いせいで、無茶苦茶束縛をしてしまいます。

 

メールが多い

束縛彼氏は常に彼女の行動が気になります。

なのでLINEで「今なにやってる?」とか「今どこにいる?」など用もないのに意味もない連絡をする事が多いです。

朝になったら「おはよう」夜になったら「おやすみ」。

酷い人は1時間ごとに「今何してる?」という連絡をしてきたり、ご飯を食べるたびに「今どんなご飯を食べているか写真を送って」と連絡をしてくるほど、常に彼女を束縛していきます。

 

わがまま

束縛彼氏の特徴として、「自分もこれだけ愛しているから彼女も同じように愛して欲しい」と思っています。

その為、誕生日プレゼントも上げたものと同額かそれ以上のものを期待しますし、彼女が自分の事を愛してるのは当然だと思っています。

とにかく見返りを求めるわがままな性格が、束縛彼氏の特徴と言って良いでしょう。

 

女々しい

束縛彼氏の女々しいは「小さい事をネチネチといつまで気にする」と言うのが最大の特徴です。

例えば3か月前にデートに遅刻したことをいつまでも怒ってくるし、体調が悪くてデートを休んだこともいつまで経っても話してきます。

そのうえ「こんな事されて怒らないのは僕くらいだよ」とか「自分は他の人より我慢強い彼氏」と言う風に言ってきます。

しかし束縛彼氏は、誰よりもメンタルが弱く誰よりも性格がねじ曲がっているため、そこも女々しさを感じるでしょう。

 

スマホを見る

スマホというのは個人情報の塊で、スマホ1つでその人の私生活が全てわかってしまうくらいです。

そんな個人情報の塊が束縛彼氏が気にならないわけがありません。

束縛彼氏は他の人と仲良くなるのを嫌うため、付き合っている彼女のスマホを見ようとします。

見るまではギリギリ良いかもしれませんが、知り合いの男性がLINEの友達にいたら「すぐにこいつをブロックして」と執拗に連絡先を消そうとしてきます。

酷い人だと

「この男だれ?」

「その人お兄ちゃんだよ」

「お兄ちゃんでも俺意外の男の連絡先があるのはダメ」

とかなり無茶苦茶な事をいう束縛彼氏までいますからね。

 

自分が束縛されるのは嫌

束縛彼氏って自分が縛るのは良いけど、自分が縛られるのは絶対に嫌なわけです。

例えばスマホを見せてと言うと「そんな個人情報の塊渡せるわけがない」と明らかに矛盾したことを言いますし、「今何してるの?」と聞くと「そんなの言わなくてもいいじゃん」と明らかに自分が束縛されるのを嫌っています。

しかもこちらが相手のミスを指摘すると「うるさいな!そんなことネチネチ言うなよ」と逆切れするのも特徴です。

とにかく自分がしてることを相手にされるのは大嫌いと言うのが、特徴です。

 

束縛が嫌な時にやりたい1つの方法

束縛って嫌ですよね?

だから何とか対処したいと思いますよね?

そんな時に簡単に対策をする方法があります。

それは軽く脅してみることです。

脅すと言っても別に「お金よこせ」とかそんな物騒な事ではありません。

「別れるよ」と相手の男性を脅してやればいいわけです。

と言うのも束縛する彼氏って、相手が離れていくのが一番嫌いなわけです。

相手を離さないために束縛をしますし、他の男性と近づけるのも嫌なわけです。

だからそれを上手く利用して「もし次変な事したら別れるよ」と脅してやれば意外と何もしてこなくなります。

それで本当に別れたらどうするの?と思いますが、その場合は束縛がなくなり次こそ普通の男性と付き合える可能性があるため、喜んでいいです。

だって束縛って最初は「私の事を心の底から愛してるんだ」と思えますが、1カ月くらい付き合うとただ面倒なだけな存在です。

それだったら早めに別れた方が実は、楽しく恋愛が出来るんですよ。

 

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。