人間の性格

実は裏があった?彼氏が優しすぎる8個の理由

 

優しい人が好きと自分でいった物の、いざ優しい彼氏に会った時に「あれ?この人優しすぎない?怖くない?」と考えてしまいます。

そこで今回は彼氏が優しすぎる理由について話していきましょう。

 

彼氏が優しいと不安な理由

 

距離感を感じる

優しいと言う事は逆に意見を言わないし、全て女性の都合に合わせてくれると言う事です。

その為女性からすると「なんか距離を置かれてる?」とか「なんで意見を言わないんだろ?」と不気味に思ってしまうわけです。

女性としては優しいのは良いけど、最低限意見を言ってお互いに本音を話したいと思っているのに、極端に優しいせいで不安に思ってしまいます。

 

愛されていないと感じる

愛って優しいだけと言うのは違います。

本音で話す事も愛ですし、喧嘩をするのも1つの愛です。

しかしあまりにも優しく、女性に対して全て気を遣っていると分かると「愛されていないのでは?」と女性は不安に思ってしまいます。

むしろ「この人はどうでも良い存在だから適当に優しくしておこう」とまで考えるため、優しすぎるのも逆に怖いでしょう。

 

何を考えているか分からない

優しいというのはこちらの意見を言わないで、女性の要望を聞くことですが逆に言うと本音を話してくれないので、何を考えているか全く分かりません。

そして人間は「知らない」ことに恐怖を感じる生き物です。

例えば転職をしたことない人は転職が怖くてしょうがないですし、引っ越しをしたことない人は引っ越しが怖くして仕方がありません。

それと同じように、「知らない」とか「分からない」彼氏に対して非常に恐怖を感じてしまいます。

 

裏があると感じる

人って人生経験を重ねると優しさには裏があると思ってしまいます。

よっぽど周りに恵まれていたりしない限りは「あれ?こんなに優しいのは何かあるのでは?」と考えてしまい、彼氏が怖くなります。

人って怒り続ける人より、優しくていざと言う時に裏切られるのが一番怖いため、優しすぎるせいで何か不安が出てしまいます。

 

てきとうに扱われていると感じる

人って意識してる人とか、本当に仲のいい人、本当に好きな人には厳しい意見も言う事があります。

「これは流石にダメ!」と仲が良い人ほど、ちゃんとした道を歩いて欲しいので嫌われても良いからうるさく言います。

しかし優しくて何でも意見を肯定すると「なんかてきとうに扱われていない?」と疑問に思う事が多いです。

優しいというのも使い所にとっては、雑に扱われると感じてしまうことが多いでしょう。

 

 

彼氏が優しい理由

 

彼女のことが好き

優しいのは単純に彼女のことが大好きだからです。

デートも彼女の好きな所に連れていきたいし、食事も彼女の好みのものを食べてもらいたいと思っています。

全ては彼女の事を思い、彼女に喜んで欲しいから優しくなるのです。

 

優しくすることが大好き

男性の中には自分より他人を優先する尽くすタイプの男性もいます。

他人を優先する男性はとにかく女性に喜んでほしくて、優しくしまくるのが特徴と言えるでしょう。

弱点としては自分の意見を言わないことで、そのせいで先ほど書いたように不気味にみえたり「何か裏があるのでは?」と色々と裏を考えてしまうことも出てきます。

 

気を遣う性格

優しくて大人しい人はとにかく相手に気を遣う事が多く、自分の意見を全く主張しません。

なのでデートの時も「どこに行きたい?」と聞きますし食事の時も「何が食べたい?」と聞く事が多くなっていきます。

ただ気を遣う人は、自分の意見を言わないため女性からすると「何か意見を言ってほしい」とか「あなたのことが全然分からない」となりがちな性格です。

 

相手の事を考えている

優しい人は常に相手の事を考えていて「どうしたら喜んでくれるかな?」とか「下手な事をして嫌われないかな?」と自分より相手を優先するのが特徴です。

そのため、相手が疲れていたり楽しそうじゃないと、いち早く気づく事が出来るため気遣い上手で優しい男性でしょう。

その分自分のことはあまり話さないため、本心で話し合いたい女性とは相性が悪いです。

 

嫌われないか心配

優しいというのは実は嫌われたくないという心理状態の可能性が大です。

大人しくて真面目な性格の人によくありますが、争いたくないから優しくする、喧嘩したくないから優しくすると言う事が多いです。

人に意見を言う事も嫌いなので、決断は全て女性に任せてしまおうというのが、優しい男性の正体でもあります。

 

優柔不断

優しすぎるのって自分の意見が言えず、優柔不断な人が非常に多いです。

優しそうに見えますが、会話を聞くと「次何がしたい?」とか「何が食べたい?」と彼女に聞きまくっているため、実は自分の意見を全く言ってません。

「任せるよ」と言うと「いや、せっかくのデートだから好きな所に行ってほしい」と絶対に自分ではエスコートしないのが、優しさの正体です。

 

責任を持っていない

優しそうに見えて相手に決断をさせる男性は、自分で責任を持つのが嫌と思っています。

もし自分が選んだレストランがマズかったら?もし自分の立てたデートプランがつまらなかったら?

そう思うせいで、自分では何も責任を持ちたくないと思っています。

だから相手が好きな所に行かせて、相手の好きな物を食べさせればとりあえず責任は逃れられると思っているため、やたらと優しくなるわけです。

 

自分の考えを持ってない

世の中には自分の考えを全く持っておらず、いつも他人の意見に賛同してばかりの男性もいます。

例えばお金に関しても「デートは男性が全部奢る」と言っていたのに2日後には「デート代は割り勘するのが普通だ」と言う事がコロコロ変わってしまいます。

こういった男性は友人の意見やネット情報を鵜呑みにして、自分で考えない為いつも言う事が変わり自分の考えを全く持たない人になるわけです。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。