人間の性格

【保存版】中学生のキスのやり方マニュアル!初心者必見テクも紹介

 

中学生で念願の彼女が出来たら、一度は「キス」をやりたくないですか?

キスって漫画やドラマなどでよく見ますが、いざ自分がやろうと思ってもやり方が分からなくて苦労していると思います。

そこで今回は中学生向けのキスのやり方を教えていきましょう。

 

注意すべきこと

 

急がない

キスをする時って興奮してるせいで、ついつい焦ってしまいます。

しかし焦ってキスをしても雰囲気が壊れるだけですし、せっかくキスが出来るチャンスなのい楽しめないのは非常の勿体ないでしょう。

なので焦る気持ちを抑えて、冷静にキスをしましょう。

 

ディープキスはしない

中学生になると、少しエッチな本をみて舌と舌を絡ませるディープキスをしたいと思いますが、最初の方は触れ合う程度のキスで我慢しましょう。

下手にディープキスをしても、全く気持ちよくなれませんしむしろ相手を不快にするだけです。

なのでまずは慣れるために触れ合うキスから始めましょう。

そして慣れてきたらディープキスにチャレンジするのが良いですよ。

 

表情をみる

キスと言うのは結局雰囲気作りが一番大事です。

そのため、相手の表情をみてベストな雰囲気でやるのがキスの基本になります。

なのでキスをする前にまずは相手の表情をよく確認しましょう。

相手が緊張してがちがちになっているなら、話しかけて緊張をほぐしたり、相手が怖がっているなら声をかけてキスをするタイミングをしっかりとすることで、最高のキスが出来ます。

 

無理をしない

キスをするのもタイミングが重要で、相手が嫌がっている時にキスをしても気持ちよくキスが出来ません。

なので相手が無理そうなら大人しく待ってみる。

相手が出来そうだったら積極的にキスを誘ってみましょう。

 

ムードを作る

キスと言うのは雰囲気を作らないと成功しません。

相手が嫌がる時にキスをしてもダメですし、いきなり相手にキスをしてもそれは失敗するだけです。

ではどうやってムードを作れば良いのか?

方法は簡単で、相手に意識さればいいわけです。

例えば人気の少ない所で二人っきりになり、手を繋ぐなどボディタッチを多くします。

そこで相手も反応してきたら「キスをしていい?」と相手に声をかけ、そこで合意が出ればOKです。

ようは二人っきりになり、甘い雰囲気にするだけでもムード作りは良いんです。

 

キスするまで目を閉じない

キスをする時って恥ずかしくてつい目を閉じてしまいますが、キスをする直前までは目を開けた方が良いです。

というのもキスをする時に目を閉じると、目の位置が分からなくてほっぺとか鼻にキスをする事が多いです。

一度変な所にキスをすると、雰囲気が台無しになりお互いに気まずくなるでしょう。

なので、唇が触れる瞬間まではしっかりと目を開けて、キスをするようにしましょう。

個人的な意見ですが、キスをする時は肩を軽く掴んで固定したり、手を腰にそえて固定した方が確実なキスが出来ます。

 

手は相手の体に添える

キスをする時って緊張のせいで、手の位置が変な所にありがちです。

例えば手を中途半端に上に上げて、鳥の翼みたいなよく分からないポーズになる人が多く、かっこ悪いキスになります。

せっかくのキスなので、かっこよくするために手は相手の腰や肩に添えるなどして、カッコいいキスをしましょう。

 

人目を気にする

キスをするのって人に見られると非常に恥ずかしいです。

興奮してると周りのことなんてお構いなしになりますが、それでも人目を気にしてキスをした方が気分が良いです。

出来れば二人っきりになり、誰にも邪魔をされない所でキスをしましょう。

 

部屋でキスする時の最大の敵

キスをする時って多くの人が自宅でやります。

それは自宅の方が二人っきりになれますし、何よりドア付きの個室で出来るのが一番のメリットだからです。

しかし自宅には最大の敵と言っていい人がいます。

そう「親」です。

例えば母親の仕事が午前中に終わるパートだった場合、高確率で親が自宅にいる事になるでしょう。

そして母親と言うのはタイミングが悪い時に部屋に入ってくる生き物です。

もしキスしてる最中に部屋に入ってきたら、それこそ一番気まずい状態になる事間違いなしです。

なのでキスをする時は親の確認。

そして親が部屋に入ってこない様に鍵をする。

鍵がない場合はつっかえ棒をして部屋にいれされない様な工夫が必要になるでしょう。

 

学校は危険

キスをしたいと思うと、つい学校でもやりたいと思ってしまいますが学校程危険な場所はありません。

学校って人気のない場所にいっても、だれかみてることって意外と多いんです。

それで1人でも誰かに知られたら、全校生徒に知られる危険があるため学校程危険な場所はないでしょう。

皆に知られてもいいならキスをしても良いけど、中学生の子たちって女の子と付き合ってると馬鹿にされる事が多くて嫌になりますよ。

 

唇を突き出さない

キスを始めてやる時は、つい唇を突き出す人がいますがこれはやめた方が良いです。

理由は単純でカッコ悪いからです。

逆に想像してみて下さい。キスをする時にタコみたいに口を突き出す人ってかっこ悪くないですか?

なのでキスをする時は口を閉じるだけで良いです。

口を閉じて頭を動かすのがキスのコツです。

 

歯を当てない

キスをする時って、緊張のせいで勢いが強くなりがちです。

特に男性は女性より力が強いので、無駄な勢いがついて歯が当たる事はよくあります。

キスで歯が当たるとせっかく作った雰囲気が台無しなので、キスをする時は力を抜くようにしてください。

 

口臭に気を付ける

キスって口が近づくので、口臭に気を付けないといけません。

口臭って普段は気にしないですが、キスをする時って相手に自分の口臭が丸わかりなので臭いと雰囲気が台無しになります。

気になる人は、家族や友人に自分の口臭を確認してもらって、臭いなら口臭スプレーなどを使って対策をしましょう。

 

キスをする時のおすすめの場所

 

人気のいない公園

公園の中でも人がいない公園はキスをする時に最適な場所と言えるでしょう。

公園って人が沢山いるところと、全くいない所で分かれており、近所にそう言った人がいない公園があったらそこでキスをしてみましょう。

ちなみにキスをする時は、林など木がたくさん集まる場所でやるとバレることが少ないです。

 

人が少ない駅

公園のほかに駅も実はおすすめポイントになります。

駅も公園と同じで、人が多い場所と少ない場所でかなり分かれています。

特に人がいなくて駅員もいない無人駅などがある場合は、最高のポイントになるでしょう。

ちなみに電車に乗らなくても、駅の改札口付近でやるならお金はかかりません。

 

自宅

個人的に最強であり、最弱にもなるのが自宅です。

先ほど説明した通り、自宅は密室になりますし人が全く見てないので、キスをするなら最適なポイントです。

しかし自宅には親という一番バレたくない人がいるため、親がいないときか部屋に誰も入ってこない様にするための工夫が必要になるでしょう。

親や兄弟姉妹を何とかすれば、事実上最強の場所になります。

 

住宅地の路地裏

住宅地と言うのは、人が多いですが場所によっては全く人が寄り付かなくなります。

特に路地裏などは、人がいなくて最適なキスのポイントになるでしょう。

ただ不意に人が寄ってくる場合も多いので、注意が必要になります。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。