人間の性格

かまってちゃんの12個の特徴

 

この世にはとにかく自分の事を構ってほしいかまってちゃんが存在します。

男性でも女性でもかまってちゃんは存在していて、相手をしてる人からすると「ウザいな」と感じる事もよくあります。

そこで今回はかまってちゃんの特徴を紹介していきましょう。

 

かまってちゃんのタイプ別性格

 

 

私凄いでしょ人間

自分の身近にあった自慢話をとにかくして、「私って周りの人よりすごいでしょ?」と言われたい王道のかまってちゃん人間です。

こういう人はとにかく自慢話がすさまじく、話すときもSNSも基本的に自慢話が多いです。

またやたらとポジティブな発言が多く、「こんな逆境にもめげない私凄い!」と言われたいオーラがビンビンに伝わってきます。

 

病んでるメンヘラ人間

メンヘラ型のかまってちゃんはとにかく、「辛い、助けて、死にたい」と精神的に辛いと言いまくり構ってもらおうとします。

死にたいと言われたら知り合いも助けないといけないですし、助けてと言われたら構わないわけにはいきません。

メンヘラ型も精神的に辛いと言えば構って貰える事を知っているので、とにかく「死にたい」と言うのは連発してきますね。

 

褒めて欲しいだけの人間

人には承認欲求と言って、他人から認めて欲しいという願望が誰にでもあります。

普通の人は「認めて欲しい」と思うと努力するものですが、あまりにも承認欲求が強すぎるとちょっとしたことでも自慢してきます。

「仕事で課長クラスがやる仕事を任されちゃって」と言うように仕事の自慢をしたり、酷い人だと嘘の自慢話を作って褒めてもらう人もいます。

 

ぶりっ子タイプ

男に媚びるぶりっ子ですが、これも立派なかまってちゃんです。

芸能人がやっているぶりっ子は客観的にみれるので「この女ウザいな」と思いますが、実際にぶりっ子をやられると男性は「この子可愛いな」と思ってしまいます。

例えば上目遣いで話してきたり、ボディタッチをしたきたり高い声で話してくると、耐性のない男性はその子にくぎ付けです。

そしてかまってちゃんは、ぶりっ子をすると効率的に男性に近づける事を知っているため積極的に狙っていくでしょう。

 

隠れかまってちゃん

本当は誰かにかまってほしいのに、それを我慢して結局行動で出るタイプのかまってちゃんもいます。

例えば人が話してる時に、チラチラとみて「私も話したい」と思ってる人とか聞こえてしまった会話が自分の好きな話題だった時に「私も混ざりたい」と非常に構ってほしそうにします。

しかし本人的にかまってちゃんになるのが一番嫌なので、とにかく我慢をするでしょう。

 

かまってちゃんの特徴

 

 

どうせ私なんて

どうせ私なんて…この言葉を使うと90%の人が「そんなことないよ」と返してくれます。

この「そんなことないよ」という言葉がかまってちゃんは凄い欲しくて、言ってもらえると「やった」と承認欲求が満たされていきます。

かまってちゃんの会話ってネガティブ発言が多く、ネガティブ発言をすると友人は励ましてくれる事を知っているので、この言葉はよく使われます。

 

LINEで連投する

現代ならではのかまってちゃんですが、LINEで友人にメッセージを送り続けるという人もいます。

LINEはメッセージを送るとすぐに通知になるため、連投していれば友人が「どうしたの?」と確実に聞いてきます。

そうなるとかまってちゃんの思うつぼで、そこから「なんでもない」と言ったりただの世間話で終わる事は日常茶飯事です。

 

目を合わせる

かまってほしい時は言葉ではなく目を見て訴えてきます。

まるで餌が欲しい子犬のように、まるで餌が欲しい猫のように見つめてきます。

動物の本能か分かりませんが、構ってほしい人はただじっと目を見て訴えます。

 

SNSの投稿が多い

かまってちゃんはとにかく匿名であるSNSをよく使います。

しかしその内容は80%がネガティブ発言で「死にたい」とか「体調が悪い」「風邪をひいたかも」というように調子が悪いというツイートの内容を連発していきます。

極端な人だと、Twitterで1日中「体調が悪い」と言うツイートを連発してきます。

そこまで体調が悪いならTwitterを見ないで治すのに専念すればいいのに、という言葉は言わない約束です。

 

嘘をつく

かまってちゃんって、話をする時に嘘を付いたり話を盛る事がよくあります。

たとえば「今日芸能人の○○にあったよ」と言う話をする時は、芸能人にそっくりな人か友人から聞いた話を自分が体験した話として嘘を付くことがあります。

最初に言いましたが、かまってちゃんが話をする時は「凄いね」か「そんなことないよ」のどちらかを言われたいだけです。

今回の自慢話や嘘は「凄いね」と言われたいパターンです。

 

自分勝手

かまってちゃんって、自分の思い通りに物事を進めたいと思っています。

だから友人との約束も30分以上は遅れてくるのが普通です。

友人との付き合いも常に自分が最上位にいると思っていて、自分が常に話を聞いていないと気が済まないほどです。

 

自分が会話の中心

かまってちゃんと言うのは常に、自分が中心にいないと気が済まない人です。

例えば友人との会話も常に自分の自慢話、または不幸話を始めます。

他人の話が始まっても全く興味がなく、他人の話から自分の話に持っていくくらい自分が大好きです。

また友人が自分のいない所で悪口を言っていないか心配なので、遊んでいる時は絶対にトイレに行かない。行ったとしても誰かと一緒にいくくらい徹底しています。

 

マメ知識披露

何度も言いますが、かまってちゃんは他人から「凄いね」と言われたいと思う程、承認欲求が強いです。

そのため、自分が知っているマメ知識を披露する事が大好きです。

ただマメ知識を話すのは良いですが、その情報源のほとんどがネットか他人から聞いた話なので信憑性は非常に薄く、嘘を言ってることが多いです。

本人からするとそれが真実かどうかは関係なく、ただ「凄いね」と言われたいだけなので関係はありません。

 

悲劇のヒロイン

かまってちゃんと言うのは友人から慰められるのが大好きです。

  • 頑張ったね
  • 偉いね
  • 良く出来たね

そう言った優しい言葉が大好きで、何とかして友人から言葉を出そうとします。

そこで一番いい方法が、自分があった酷い体験を話す事です。

例えば社会人の場合「上司にこんな酷いことされた」という話をすれば友人だったら「大変だったね」と言われるのがよくある事です。

だから自分は頑張っていて、いつも酷い目にあうという話をかまってちゃんはよくします。

もちろんこれも、話を盛ったことや違う人から聞いた話を自分が体験したように話します。

 

話を聞かない

かまってちゃんは自分のことばかり考えているため、人の話をあまり聞きません。

かまってちゃんは演技が得意なので、普通に聞いてる風には見えますが実際には右から左に話が流れていきます。

ですが、適当に「うん」とか「そうだね」という相槌は出来るので、友人は気づきにくいでしょう。

 

腕時計を目立つように自慢

かまってちゃんはとにかく自分の自慢話は最高に楽しそうに話します。

そして自慢できるタイミングがあれば絶対にそれを逃しません。

私の友人にそう言った自慢話が好きな人がいますが、その人は回りくどいやり方で腕時計を自慢したことがあります。

ある日いつも通り友人と遊ぶと、友人が腕時計をしていました。

最初は別に気にしませんでしたが、友人は腕時計を自慢したいのか自分の腕を高く上げたり腕時計を見て時間を確認するふりをしていました。

そこで私は腕時計の事を聞くとその友人は、嬉しそうに時計を手に入れたことを話します。

私は心の中で「どんだけ自慢したかったんだよ」と思いましたが、まあこれはいつものことだから良いやとも感じています。

 

学生の頃の話を繰り返す

かまってちゃんって、そこまで新しい事をしません。

それこそ毎日同じ仕事をして、同じ趣味をして変わり映えのない毎日を送っています。

その為か学生の頃にあった武勇伝を良く話してきます。

学生の頃のやんちゃ話や失敗した話、一番心に残った出来事など暇があれば学生の頃の自慢話を繰り返す癖があります。

酷い時は学生の時の話が60%の時もありますからね。

 

かまってちゃんの心理

 

 

認めて欲しい

かまってちゃんはとにかく認めて欲しいと思っています。

承認欲求が非常に高いのが特徴で、誰からも全ての周りから認めて欲しいと思っています。

ですが努力するのはあまり好きじゃないので、手軽な方法で認めて欲しいと思う事が多いでしょう。

そのため嘘をついたり、友人の話を自分の体験のように語ったりと手軽な方法で周りから認めてもらうとします。

 

注目されるのが好き

かまってちゃんはとにかく注目される事が大好きです。

自分が褒められると嬉しいですし、自分が会話の中心にいると快感を感じます。

ですが先ほど言ったように努力するのは嫌いなので、手軽な方法で注目されようとするのが特徴的です。

 

寂しい

かまってちゃんはとにかく人肌が恋しく、寂しいと思う生き物です。

何かあれば友人に連絡するし、SNSでも闇がある事を書いたりと実は心の中は孤独感が強いです。

寂しいから人の気を引こうと嘘をついたり、自慢話をして注目を集めようとするでしょう。

 

自分に自信がない

かまってちゃんと言うのは自分に自信がありません。

何度も書きましたが、嘘をついたり他人の話を自分の体験の様に話すという事から自分に全く自信がないのも心理です。

承認欲求は高いけど、基本的にネガティブ思考なので努力する事もやる気もありません。

だから今の自分に出来る範囲で自慢話をして「凄いね」と言われて自信がない自分を何とか騙そうとしています。

  • 自分に能力がないから
  • 自分に魅力がないから
  • 自分にやる気がないから

そう言った自信のなさのせいでかまってちゃんになるでしょう。

 

かまってちゃんは適当に流すのが一番良い

 

かまってちゃんが鬱陶しいなと感じる人は、適当に流すのが一番の対処法です。

適当に流すのが良いという答えは他のサイトでも見てるかもしれませんが、結局これが一番いい方法なんです。

だってかまってちゃんも悪気があって構ってほしい訳ではありません。

ただ自分に自信がなくて承認欲求が強いだけで、構ってほしいだけなので。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。