人間の性格

損な性格の私が実際にあった7つの損な出来ごと

 

世の中には性格で損をしてる人っていますよね?

私も実際そうで、「君って損な性格をしてるよね?」と上司に何回も言われたことがあります。

そこで今回はそんな性格の私が実際に起きたそんな事件について話していきましょう。

 

仕事でよく怒られる

仕事をしてると分かりますが、怒られやすい人と全く怒られない人がいます。

そして私は損な性格をしてるせいで、よく怒られるタイプにいます。

怒られるタイプって色々いますが、私の場合意見を言わないから怒られやすい損な性格になっています。

自分の意見を言わなかったり、優しそうな性格。つまり「こいつ怒っても反撃してこないな」と見られたら怒られる回数が圧倒的に増えていきます。

同じミスでも、同僚の子は怒られないのに「自分だけなんで叱られるの?」といつも損な役回りをしています。

 

雑用を押し付けられる

仕事で断る能力がない人は、面倒な仕事をドンドン押し付けられる運命になります。

それこそ自分の仕事が終わっていないのに、雑用を引き受けるのでドンドン自分の残業時間だけ伸びていく酷い状態になるでしょう。

ちなみに私が一番酷い時は、まるで子供におつかいをお願いする乗りで「これお願いね」と頼まれました。

しかも頼んでくる上司は別に私の仕事の評価をしないため、何も利益がない状態でただ損をする仕事を引き受けていました。

 

嘘がつけない

人間って時には嘘を付いた方が良い場合もあります。

嘘をついた方が場が収まるし、仕事でも余計な事を言わない方が得をする場面の方が多いです。

しかし世の中には嘘を付けず正直に堂々と話してしまい、損をする人も沢山います。

嘘はどろぼうの始まりとか、正直者は最後に得をするなど言われていますがそれは嘘で社会になると「正直者が馬鹿を見る」と言うのが一番正しい言葉でしょう。

 

完璧主義でストレスが溜まる

何でも100点満点を求める完璧主義の人がいますが、完璧主義ってストレスが溜まる損な性格になるでしょう。

完璧主義の悪い所って、90点だと「なんで出来ないの!」とイライラしますし100点でも「これくらい出来て当然」ととにかく自分を褒めることがありません。

100点は当たり前90点だとイライラする。これだと大抵の事はイライラして終わりです。

世の中って100点満点で出来る事の方が少ないため、完璧主義ほど寿命を短くする事は他にないでしょう。

ちなみに私は完璧主義ですし、100点の基準が厳しいので毎日イライラして損をする性格になっています。

 

意味もない未来を想像して落ち込む

ネットニュースやテレビのニュースって、悪い情報の方が多いです。

特に今では年金が少なすぎて貯金がないと生活できない問題がよくありますね。

そう言った暗いニュースをみると、まるで近い未来自分がこうなるように「人生は終わりだ」と勝手に落ち込むのがかなり損な性格です。

ぶっちゃけ言うとこんな遠い未来のことを想像しても、意味はありません。

もしかしたら年金とは別の補助金などが貰えるかもしれませんし、自分の仕事が軌道にのってお金持ちになるかもしれません。

まだ先の未来を想像しても、精神衛生上に悪いだけなのでかなり損をしています。

 

責任を感じすぎてお腹を壊す

仕事で失敗などをすると責任感の強い人は、特に落ち込みます。

そしてあまりにも落ち込みすぎてお腹を壊すのが私のあるあるです。

私は特にお腹にストレスを感じるため、仕事で嫌な事があると下痢になるのが日常です。

だから週に半分以上は下痢になっていますよ。

もう病院行けっていうレベルで逆に笑えてきます。

 

自信がないと言いすぎて相手を不快にさせる

自信がない人はとにかく「自信がないので」とか「こんなのたまたまです」と謙虚にふるまうことがあります。

しかし極端な謙虚の良さは相手を不快にさせることがあるため、注意が必要です。

私の場合、工場で働いていた時に作業スピードがトップクラスになったことがあります。

その時の評価を上司に褒めて貰いましたが「まだまだ私はダメです」とか「実力不足です」と言い過ぎた所「人が褒めたことは素直に受け取らないとこっちがイライラする」とストレートに言われたことがあります。

だから、謙虚すぎると逆に損をするといういい経験になりました。

 

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。