人間の性格

損な性格の人が絶対やりたいストレス発散方法

大事なお金と計算機

 

損な性格というのはストレスが溜まりやすいです。

上司にも怒られやすいですし、無駄な仕事を頼まれやすい、おまけに自分をさらけ出せなくて言いたい事も言えません。

そう言った性格の人は毎日がストレスの塊で、発散しないといけません。

しかしストレス発散方法と言っても、自分と合わない発散方法をやっても逆にストレスが溜まっていくでしょう。

そこで今回は

  • 真面目
  • 完璧主義
  • 自分の意見が言えない

そんな人の為にストレス発散方法を紹介しましょう。

 

ストレス発散方法を選ぶ時の注意

 

 

流行りのものを選ばない

まず最初に言いますが、ストレス発散方法は流行りのものを選ばない様にして下さい。

損な性格の人は周りに合わせる傾向があり、自分のストレス発散方法でさえ人の影響を受けてる場合が多いです。

たとえば周りの友人がやっているから

会社で流行っているから

そう言った理由で無理やりやってもストレスが溜まるだけです。

私の友人の話になりますが、私の友人はとにかく周りの人の影響を受けやすいです。

そのため周りが「今これをやってる」と言ったものをやると言うのが友人の癖です。

ある時周りでテニスが流行っていましたが、友人も流行っているのでやりました。

しかし友人は元から運動が苦手で、全然テニスが上手くなりません。

そのせいで毎日ストレスが溜まっていましたし、運動が嫌いなのに無理やりやっているから余計に辛く感じていました。

この様に下手に周りに合わせると逆にストレスが溜まるので注意しましょう。

 

メディアの影響を受けない

 

  • ネット
  • テレビ
  • 雑誌

これらのメディアで時々「健康にいい趣味」とか「頭がよくなる趣味」と言うように、「この趣味をやるとストレス発散になりますよ」と言うのがやっています。

そう言うのをみて影響され、ストレス発散を始める人がいますがメディアの事は気にしない方が良いです。

確かに健康にいい趣味と言うのは良いかもしれませんが、逆に「健康に悪い趣味」と言うのもメディアは出していきます。

たとえばゲームをするとストレスが溜まるとか、頭が悪くなるとかよく言われていますが本当にゲームが好きならそれだけでストレス発散になります。

ですがメディアの影響で「ゲームは健康に悪い」と言われてそれに従ってしまったら、せっかくの好きなものが台無しになるでしょう。

「それじゃあこの記事も参考にしない方が良い?」と思ったかもしれませんが、もちろん良いです。

むしろ参考程度にして後は自分の意志で「俺はこれが好きだからストレスが溜まったらこれをやろう」と決めるのが一番私にとってはありがたいです。

 

下手に読書しない

読書はストレス発散に良い。これは本当に良く聞きます。

ネットでもテレビでも読者はストレス発散に最適と言われていますが、別に読書なんてしなくて良いです。

むしろ影響を受けて読書を始めても、「本なんか読んでもつまらない」と思ったらストレスが溜まってしまいます。

確かに読書をしたら頭がよくなる可能性がありますが、そもそも好きな人じゃないと読書なんて楽しめないので、個人的には無理やり読むのはおすすめしないです。

私は今は読書が好きですが、学校で「朝に30分読書をしなさい」と強制して読まされた時は本当に苦痛で嫌だったです。

高校生まで読書なんて大嫌いでしたし、読書感想文なんてただの拷問でしかありませんでした。

成功者は読書家、お金持ちは読書家なんて話もよくある事ですが別に読書なんてしなくても成功できる人は沢山いますからね。

 

極めない

損な性格の人って「やるからには上手くなろう」と意気込む人が多いです。

例えば釣りを趣味にした場合「やるからには誰よりも腕を上達させよう」と損な性格は「楽しむ」事よりも「上達」を意識して趣味を始めてしまいます。

しかし人間は上達を意識すると楽しむという感情がなくなり、それが趣味ではなくなるでしょう。

結局趣味なんて極めるより楽しんだ人が勝ちです。

なので極めようとせず、楽しむ事を意識する方がストレス発散になります。

 

世間体で選ばない

世の中には世間体が悪い趣味と言うのも存在します。

たとえば先ほど言った「ゲーム」は世間体の悪い趣味の1つです。

ゲームをすると頭が悪くなるとか、ゲームをすると性格が歪むとか色々な事を言われています。

しかし世間体が悪かろうとそれが好きなら、絶対にやるべきです。

損な性格の人は世間体が悪いからという理由で、自分が好きな事を辞めるのはよくありましよ。

ゲームもそうですし、よくみるのがアニメが好きなのに「アニメ好きな人は嫌い」と会社の人が言うだけで全くアニメを観なくなる人とか。

結局の所世間体が悪くてもその人が好きな事なら、やらないとストレスしか溜まりません。

 

自分の性格で選ぶ

趣味と言うのは自分の性格で好き嫌いが大きく別れます。

たとえば刺激を求める人は外で歌手のLIVEに行ったり、お祭りに行ったりととにかく外にある刺激的なストレス発散をします。

逆に刺激が好きじゃない人は、家の中でゲームをしたりアニメを観たり動画を観たりなどとにかく家の中で大人しくするのが好きです。

しかし自分の性格に合っていない趣味を選ぶと、それはストレスが溜まるだけになるでしょう。

たとえば今ってキャンプが凄い流行っています。

キャンプに行って日常の不便さを楽しんだり、自然の中でゆっくりするのが今の人たちの流行りになっています。

科学的にもキャンプをすると、頭の中がスッキリしてストレス発散になると言われているくらい健康的な趣味です。

しかし流行っているからと言ってキャンプをしても、ストレスが溜まるだけです。

たとえばキャンプ場ってムカデとか蜘蛛とか当たり前のように虫が沢山いますし、テレビもネットもないのでやる事がほとんどありません。

だからインドアで近代文明が大好きな人ほどキャンプには向かない性格になるんです。

なので流行っているからとか、科学的に健康にいいからという理由で趣味を選ぶのはやめましょう。

 

おすすめのストレス発散方法

今回紹介するおすすめのストレス発散法は最初に言ったように

  • 真面目
  • 完璧主義
  • 自分の意見が言えない

というような、内向的な人向けのストレス発散方法を紹介します。

 

散歩

運動をするは、真面目な人にも非常におすすめします。

運動をする事で会社の嫌な事を忘れることが出来ますし、定期的な運動をすると体力がつき休日に「やる気がないから何もしたくない」と言う事も圧倒的に減っていきます。

しかし運動=ランニングと言うイメージが強いですが、個人的にはおすすめ出来ません。

ランニングって本格的にやろうとすると

  • 運動靴
  • 運動着

などが必要で、揃えるのが非常に面倒です。

しかもランニングってやってみると凄いつまらないです。

1人で走って、1人で苦しんで、1人で自己ベストを出す。

相当自分をいじめるのが好きじゃないと出来ないでしょう。

ですが散歩だったら誰でも出来ます。

散歩はいつも履いてる靴で良いですし、服も私服で十分出来ます。

それに散歩は30分程度で十分で、それだけでもストレス発散になるでしょう。

体力も使わないので、運動を始めたい人におすすめです。

 

YouTubeを観る

YouTubeは健康的に良くないと言われていますが、楽しいものは楽しいのでおすすめです。

YouTubeでは自分の好きな物を好きなだけ観ることが出来て、それがストレス解消にもつながります。

ゲームの実況をみたり、ペットの動画を観て癒されたりなど楽しみ方は無限大に広がっていくでしょう。

YouTubeの場合何も考えずにボーット動画が観れるため、普段疲れてる人には最適なストレス解消法になるでしょう。

動画を観るのは科学的に頭に悪いとか、これも色々言われてますがそんなもの関係なく楽しんだ人の勝ちでしょう。

ジムで運動

ジムと聞くと激しい筋トレをするイメージですが、実は違います。

確かに自分を追い込むためにやる人がいますが、大半は健康維持の為にジムに通っている人ばかりです。

ジムの良い所は整った環境で効果のあるトレーニングが出来る事です。

ランニングの場合、走っても走っても体力がついているのか分かりにくいですし、体が引き締まっているかもよく分かりません。

それに夏は地獄のような暑さですし、雨などの天候に左右されます。

ですがジムの場合、1週間しっかりとトレーニングをすればすぐに体の状態がよく分かります。

更に言うと夏は冷房が効いたなかで運動が出来ますし、雨でも普通にやる事が出来るでしょう。

それにジムって効果的なトレーニング方法を職員さんに聞けばすく分かるんですよ。

運動に挫折するのは「やり方がよく分からない」と言う理由です。

ランニングも走り方がよく分からないと「これで本当に良いのか?」と言う疑問が生まれます。

しかしジムは職員さんに聞けば、絶対に効果のあるトレーニング方法が分かるため挫折が少なく、運動でストレス解消にもなるでしょう。

 

シュミレーションゲームで遊ぶ

ゲームで遊ぶと書いても良いですが、個人的にはシュミレーションゲームがおすすめです。

子供の頃はシュミレーションゲームの良さが全く分かりませんが、大人になるとお店の経営をするシュミレーションゲームの楽しさに気づきます。

どうやって効率よくお金を稼げるか?

どうやって効率よくお客を集めることが出来るか?

そう言った自分が主導権を握って、人を動かくゲームって社会人になると楽しいですよ。

 

掃除をする

社会人になると、どうしても掃除が出来なくなります。

平日は疲れているし、休日は自分の好きな事をしたいと思っているため中々掃除をする暇がないでしょう。

学生の時だったらテスト勉強中に掃除をするという技が出来ますが、今ではそうもいきません。

しかし時間を見つけて掃除をする事でストレス解消効果にも繋がります。

というのも人ってものが多きれば多いほどストレスが溜まり、仕事の効率も下がる生き物です。

「本当に?」と思いますが、仕事が出来る人の机はいつも綺麗ですし、仕事が出来ない人の机って大抵汚いです。

まれに汚くても仕事が早い人もいますが、そう言う人って仕事が雑な所が多いです。

だから掃除をする事で仕事の効率化も上げられますし、ストレス解消に繋がるのでおすすめします。

 

日記を書く

日記と言うのは書くだけでもストレス発散の効果があります。

私も紙でその日あった不満や出来事などをタダ書き殴っただけで、何となくですが頭がすっきりした感覚になったのを今でも覚えています。

損な性格の人は周りに助けを求めないし、愚痴なども言わないで不満を溜め込みやすいです。

ですが紙に自分の思った事を正直に書く事で、自分の気分も晴れやかにする事が出来るでしょう。

ちなみに私は

「今日上司が無茶苦茶な事を言ってきた。本来3人でやる仕事を私1人でやらせて仕事が遅いだの気合が足りないだのまじで何様だこのやろう。

だったらてめーがやればいいだろう無能上司。てめえの髪の毛むしりとってハゲにしてやろうか?このやろう」

と言うように、人には見せられない様な内容の日記を書いていました。

ただこの暴言日記は自分の不満を吐き出すのに最適で、特に喋るのが苦手な人にはいいストレス発散になりますよ。

 

自然が多い場所で何もしない

損な性格の人は歌手のLIVEなどの激しい事をするより、ハイキングなど自然を楽しんでゆっくりする方が実はストレス発散になります。

ですが損な性格の人はハイキングに行こうとすると「せっかく来たから自然を全力で楽しもう」と力が入りすぎて逆に楽しめません。

だから逆に何もしない。これが一番いい方法になります。

自然が多い山や公園に行って、何もしない。

ベンチでボーットしたり、ただ何も考えずにボーット歩く。これだけでもストレス発散になるでしょう。

損な性格の人はストレス発散=何か楽しい事をすると思っていますが、頭を空っぽにするのも立派なストレス発散方法になりますよ。

 

電車でぶらり旅

何度でも言いますが、損な性格の人はゆっくりする方がストレス発散になります。

なので電車を使ってぶらり旅をするのもおすすめです。

電車は何もしなくても進んでいくため、ボーっとして頭を空っぽにして外の景色を楽しんでみましょう。

無人駅や秘境駅に行き、電車のホームでボケーっとするのもかなり楽しいですよ。

 

気軽に試せるものから始めてみよう

色々紹介したせいで「何から始めれば良いの?」と思う人もいますが、今気軽に出来るもので良いです。

下手に凝ったものをするより、今できる事をして楽しみ合わなかったら違う事をする。

楽しかったらしばらく続けてみる。これだけでも十分ストレス発散になりますよ。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。