人間の性格

真面目は人生でも仕事でも絶対に損と言い切れる6つの理由

 

いきなり言います。真面目と言う性格は損をしてるだけです。

真面目と言うのは日本人が大好きな性格で、学校でも「真面目に勉強しなさい」と言われ仕事でも「真面目にコツコツ仕事をしろ」なんて言われます。

しかし実際の所真面目に勉強しても仕事をしても損をするだけで、人生の中で真面目という部分はいらないんじゃないか?と思う部分もあります。

そこで今回は真面目がどれだけ損なのか?と言う事を語っていきましょう。

 

真面目が損だと思う理由

 

嫌な仕事を押し付けられる

真面目な人って周りからすると「都合のいい存在」とか「嫌な仕事をやる担当」と無意識で思われています。

なので上司や同僚から嫌な仕事をドンドン押し付けられるのが真面目な人で損をするところなんです。

もちろん仕事をこなすのは良いですよ、それが評価に繋がるなら。

しかし大半の場合仕事を押し付けてくる人は真面目な人を何も評価しませんし、真面目に仕事を頑張っても実績が上がる事はまずありません。

まるでゴミ箱みたいに仕事を投げ入れられるのが損をしてる証拠でしょう。

 

良い事をしても感謝されない

真面目な人ってボランティアなどの奉仕活動をしてもそれが普通になって何も感謝されません。

いえ、感謝はされるにはされますが、真面目な人が良い事をやっても「あの子がやるのは当然のこと」と思われてほとんど感謝されません。

しかし普段から不真面目で態度が悪い人がボランティアをすると「あれ?あいつメチャクチャ良い奴じゃん」と凄い褒められます。

極端な事を言うと普段から勤務態度が不真面目な人が、真面目にコツコツと仕事をするだけで「あいつは凄い奴だ」と評価されるんです。

しかし真面目な人は何をしてもどんな良い事をしても評価されることなく、普通のことだと思われて終わりです。

もちろん評価されるためにいい事をするのはやましいですが、真面目な人だとどんなことをしても評価されないのが損でしょう。

 

不真面目な人が全てを持っていく

  • 仕事の評価
  • 上司の評価
  • 仕事の実績

それら全ては不真面目な人が手に入れることが多いです。

不真面目な人は常に裏技手法を使ってうまく立ち回り、自分の評価を最大限あげて実績を積み重ねることを考えます。

そのため上司の評価も良いですし、仕事も真面目な人よりサボっているのに実績が上になる事が多いです。

真面目な人と言うのは真面目過ぎるせいで、影でコツコツと頑張る為上司の評価も仕事の評価も低くなりがちです。

 

うつ病になりやすい

真面目な人って考えすぎる癖があります。

上司のちょっとした言葉でも「なんでそんなこと言ったんだろ?」と考え込みますし、少し怒られただけで「もうだめだ」と酷く落ち込む癖があります。

そのため真面目な人程うつ病など精神病にかかりやすくなってしまいます。

 

仕事で怒られやすい

真面目な人って仕事で結構怒られやすいです。

と言うのは真面目な人って何でもかんでも「はい」とか「わかりました」と素直に従う癖があるため、上司も怒りやすい人間と思っています。

しかし不真面目な人や勤務態度が悪い人って、怒られ慣れているので気にしませんし上司が間違っていると思ったら普通に指摘します。

そのため上司も「あいつに怒っても無駄」と思うため段々と相手にしなくなります。

よく「怒られるのは良い事だよ」と言われますが、上司の中には理不尽な理由で怒る人もいますし、別に怒られなくても成果を出せる人がいます。

なので怒られると言うのが必ず良いこととは限らないんですよね。

 

仕事で断れない

真面目な人って仕事を全て引き受ける癖があります。

自分の余裕がある時なら良いですが、全く余裕がない時も仕事を引き受ける為残業時間だけがドンドン伸びていきます。

しかも上司の仕事を引き受けてもそれが評価に繋がる事はなく、ただ都合のいい真面目人間と思われる事が多いため非常に損をするでしょう。

上司に仕事を真面目に引き受けても評価されない事の方が多いんですよね。

 

真面目で数少ないメリット

では次に真面目な事で言える数少ないメリットを紹介します。

 

ミスがあっても疑われない

会社に長くいると必ず会社全体に響くような大事件が起こります。

私の場合作った製品が全て間違っていて、回収騒ぎになったことがありますし食品工場にいた時は商品の中に髪の毛が入っていて大騒ぎになったこともあります。

この様な大騒ぎの時に原因を突き止めますが、大半の場合は真面目な人は疑われません。

真面目な人って仕事は遅いですがミスがそこまでないため、そういう面では信頼されています。

逆に不真面目な人だと真っ先に「このいい加減な仕事はお前がやっただろ」と疑われますね。

 

会社内の窃盗で疑われない

会社って人数が多ければ多いほど人間関係の問題は沢山あります。

特に私がよくあったのが窃盗事件です。

新しい会社はロッカールームの設備がしっかりしてるため、あまり窃盗は少ないです。

しかし古い会社の場合ロッカールームがかなり雑な作りなので、やろうと思えば盗み放題です。

たとえばロッカーのカギが壊れているなんて当たり前ですし、ロッカールームに鍵がついていないなんて事もあります。

そんな雑なつくり+大人数の会社だと窃盗事件って結構あるんですよ。

しかし真面目な人の場合窃盗事件が起きても特に疑われないですし、容疑者候補にならないのでその面では優遇されています。

 

真面目な人は精神が壊れる

真面目な人って精神的に傷つきやすいです。

注意されただけでもメンタルが傷つきますし、考え込んでしまう癖があります。

何でも真面目に仕事をやりプライベートでも真面目にやり、人生全てを真面目に染めると精神的に破壊されていきます。

うつ病ってルールをしっかり守る真面目な人が一番なりやすいため、今の時代生きにくい世の中になっています。

 

真面目な人は出世しない

真面目な人はよく出世しないと言われていますが、これにはちゃんと訳があります。

と言うのも真面目な人は上下関係をしっかりと考えているため、上司にはちゃんと敬語を使いますし仕事の時も上司の指示に従います。

普通に考えると良い事ですが社会人の仕事はそれだけでは出世出来ません。

と言うのも上司だって人間です。そして人間と言うのは理論より感情で動く生き物です。

真面目な人と言うのは仕事の態度は良いですが、たったそれだけの面白くない人間です。

しかし不真面目で上司でも誰でも話せる人間は、面白い人間と思われて上司の信頼が厚くなります。

私が長年見てきましたが、上司相手にため口で話せる人は大抵出世出来ていますね。

 

真面目は人生を楽しめない

真面目な人ってとにかくルール通りにやろうとします。

それは人生においても真面目なルールが適用されて損をします。

たとえば普通の人生といえば、新卒で入った会社をずっと続けて結婚して子供を持って定年まで働いて老後を生きる。

そう言うのが普通の人生です。そして真面目な人はそんな普通の人生を歩こうとします。

だけど大半の人はそんな人生を歩けないわけです。

新卒で入った会社が倒産するかもしれないし、途中で精神的に病んで働けなくなるかもしれない。

だけどそれでも真面目な人は普通の人生を歩こうとして「俺は普通の人生すら出来ない惨めな人間だ」と勝手に思うようになります。

しかし不真面目な人は、そう言った波乱万丈な人生を楽しむ事が出来ます。

会社を辞めても楽しそうですし、結婚して不倫して離婚するのすら楽しそうにします。

真面目で普通の人生を送ろうとすると損しかありません。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。