季節

2019年のゴールデンウィークでカップルと行きたい旅行先22選

 

ゴールデンウィークはカップルで旅行に行きたくなるものです。

普段は仕事の都合であまり会えない人が多いですが、長期休暇中ならずっと一緒に入れるという人も多いでしょう。

そこで今回はゴールデンウィークに行きたいカップルのおすすめ旅行スポットを紹介しましょう。

 

大阪 道頓堀付近

 

 

どんな場所?

大阪にある繁華街、道頓堀です。周りは飲食店、ショッピング街などがたくさんあって一日中そこで遊んでいられます。近くにはアメリカ村があり、古着屋さんやおしゃれなカフェなどがたくさんあって日中も色々遊べます。

 

 

おすすめポイント

よくあるカップルがいくようなおしゃれなデートスポットと言うわけではないですが、ショッピングやご飯を食べる場所がたくさんありかなり楽しくて時間が足りないくらいでした。

気取らずにブラブラ出来るのが一番良くて道頓堀の近くに大阪の名物の昔ながらの串カツ屋などもたくさんあり、味も美味しく気取らずに食事ができます。

 

 

カップヌードルミュージアム横浜

 

 

どんな場所?

日清が販売しているカップヌードルを自分好みの味やパッケージデザインを作って、オリジナルのものが作れちゃう施設です。

作業工程も30分弱なので、長丁場ではなく、2人の思い出として出来上がったカップヌードルを持ち帰れるので、記念品にもなります。

 

 

おすすめポイント

出来上がったカップヌードルを持ち帰れるところが一番です。ただそれだけでなく、普通のテーマパークだと待ち時間が長くて退屈してしまう時間に気を使ってしまいますが、ここだと自分でデザインを作ってる最中は描く作業をしてるので、話し下手な人でも楽しい時間を過ごせます。

また、出来上がったカップヌードルを2人で食べるという機会も作りやすいので、お互いの家やホテルに行くといった口実も作りやすいです。施設の近くには赤レンガ倉庫や、コスモワールドなど遊べる施設も揃ってますし、夜景も綺麗なところですので、デートプランが立てやすいのもおススメです。

 

箱根町

 

 

どんな場所?

箱根町は箱根駅伝で有名な町です。温泉や美術館が数多くあり、ゆったりと観光ができる場所でもあります。反対に、芦ノ湖やロープウェイなどのアウトドア派も楽しめる場所も近くにあるので、どの時期でもかなりの旅行客で賑わっている印象を受けます。

 

 

おすすめポイント

温泉や芦ノ湖などの、誰でも知っているような有名どころだけではなく、箱根ガラスの森美術館や星の王子さまミュージアムなどの特別感のある美術館に行くのを、お勧めしたいです。

相当な箱根マニアや、地元の人でない限り箱根にある美術館を行きつくしている人はなかなかいないと思います。みんなに知られていないようなところで撮る写真はかなりインスタ映えします。

 

池袋ナンジャタウン

 

 

どんな場所?

屋内型のテーマパークなので、季節や天候・気温などに左右されずに楽しめる施設です。アトラクションも様々ですが、餃子スタジアムやデザート横丁などグルメも楽しめるので、一日中いても飽きない楽しさがあります。

 

 

おすすめポイント

天候に左右されないのが一番ですが、それ以外にもアトラクションやグルメを楽しめるのもおススメなところです。

また、時期によって様々なイベントを開催しており、独自性豊かなそのイベントは他では味わえない楽しさがあります。

サンシャインシティ内にあるのも強みで、水族館やショッピングも楽しめます。池袋という超都会にある立地条件なので、アクセスも良く、その後のデートプランも立てやすいのも大きなポイントです。

 

有馬温泉

 

 

どんな場所?

神戸の中心地である三宮から少し離れたところにある温泉地です。離れているといっても、電車やバスで行きやすいところにあるので移動はそれほど辛くありません。

数々の温泉はもちろん、旅館やホテルがいくつも並んでおり、一帯がレジャースポットのような雰囲気です。

 

 

おすすめポイント

温泉地として有名な有馬温泉。年中混雑しているように見えて実は施設自体が広く、温泉や宿泊地も多いので意外と宿を取ることは可能です。

温泉だけでなく饅頭屋や蕎麦屋が多く並んでおり一日中楽しめます。滝や自然とも触れ合えるので雰囲気抜群です。温泉は流石に別々ですが、男女一緒に水着で入ることができる温水プールもありますので二人で過ごすことも十分可能です。

 

モンテネグロにあるコトル

 

 

どんな場所?

アドリア海の秘宝と呼ばれる、モンテネグロにある小さな街です。古い宗教的建造物が良い状態で保存されているのと、豊かな自然があることで、1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。コトル湾からの眺め、街を取り囲む山々は絶景です。

 

 

おすすめポイント

小さな街で半日〜1日あれば主な観光スポットを余裕を持ってまわることができるので、どこを訪れるかでケンカになることが少ないと思います。そして1番のオススメの理由は、猫がいたるところにいることです。

人懐っこい猫たちの存在にとっても癒されるので、和やかな気分になれるはずです。また丘の上には教会があり、そこを訪れるためには徒歩で15分ほど登らなければなりませんが、登りきった後には驚くほどの絶景が広がり、良い思い出になることと思います。

 

ヨーロッパ

 

 

どんな場所?

チェコのプラハに行きました。首都のプラハは東ヨーロッパの中でも有名な観光名所で、きれいな建物や中性に雰囲気が漂うお城など見るところがたくさんあります。

ビールや食べ物もすごくおいしいので色々と楽しめます。

 

 

おすすめポイント

街の雰囲気がお洒落で、特に中世のヨーロッパのような雰囲気を味わいたいカップルにはとてもお勧めだと思います。

町を散策したり、色々な建物の中に入ったり、買い物を楽しむなどあきません。海外旅行特に東ヨーロッパを旅行してみたいとカップルで考えている方がいましたらぜひチェコに行ってみることをお勧めします。3泊もあれば十分楽しめると思います。

 

バリ島

 

 

どんな場所?

アジアを代表するビーチリゾートです。日本から直行便で7時間程度のインドネシアの一つの島です。

マリンスポーツなどのアクティビティーも盛んで、お買い物や、お食事もリーズナブルに済み、Theアジアを感じて頂く事ができます。

 

 

おすすめポイント

アジアを代表するビーチリゾートです。島国なっているので、各地にビーチが存在し実際に海に入ったり、ホテル内にあるプール等でゆっくり過ごすことができます。

日本人の好みに近いナシゴレンという焼き飯や、女性が好きなアジア雑貨も充実しています。日本人の海外旅行スタイルは、一日にたくさんの観光を組み込むスタイルが主流ですが、バリ島はのんびりするのに最適です。

 

お台場

 

 

どんな場所?

チームラボという今一番流行ってるイルミネーションを見られる場所があり、カップルで写真撮影をする場所としては最適であること。

また他にも様々な商業施設が近くにあるので丸一日いても飽きずにいられることが特徴

 

 

おすすめポイント

最近はインスタグラムで様々な人が行っていたりして話題性がかなりあるのでその後の話のネタにもなりやすかったり、インスタ映えとしても投稿できる。

周辺にご飯を食べるところや他にも様々なアミューズメント施設があるので常に楽しく、また東京で人ごみの中を動き回ることなどをしなくて済むのがちょうどいいという点でおすすめ

 

バンコク

 

 

どんな場所?

バンコクは、微笑みの国とも呼ばれているタイ王国の首都で、世界でも人気の観光地です。日本から直行便も出ており、飛行機で片道6時間ほどで行くことができます。

日本との時差は−2時間です。通貨の単位はバーツです。

 

 

おすすめポイント

タイは日本よりも物価が安い傾向にあり、有名な五つ星ホテルに、日本国内よりもずっとお得に宿泊することが可能です。

プール完備のホテルが多く、リゾート気分を味わえるため、カップルで優雅な時を過ごすことができます。日本人観光客も多いため、日本語ガイドありのツアーや日本語を話せる現地スタッフも多いです。

日本食や中華、洋食を扱っているお店が大変多いため、タイ料理に飽きた人や苦手な人も安心して食事を楽しむことができます。有名な寺院等の観光地だけでなく、最先端のショッピングモールやナイトスポットなどもあり、比較的安全に旅行を楽しむことができます。

 

鬼怒川温泉ホテル

 

 

どんな場所?

日光の鬼怒川温泉ホテルに泊まりました。食事付き温泉付きでサービスも良くゆっくりできました。

特に温泉は広々としていて、朝晩で、男女のお風呂が入れ替わるのでどちらも楽しめ最高です。ホテルでゆっくりするのもいいし、周辺の観光も楽しめるのもいいですね。

 

 

おすすめポイント

上記に書きましたが、ホテルの温泉だけでもゆっくりくつろげて楽しめますが、周辺に観光スポットが沢山あるので飽きません。

日光東照宮や中禅寺湖を見ながらゆっくりするのもいいし、猿軍団、江戸村、東部ワールドスクエアなどで遊ぶのもいいです。夏休み中に行きましたが、それ程混雑していませんでした。車で行ったので、自然を満喫しながらのドライブも楽しめました。

 

チェコプラハ

 

 

どんな場所?

ヨーロッパを代表する旅行先であるプラハ。音楽の都というだけでなく、芸術の都でもあるプラハには古くからの街並みが残っています。

お城や教会、仕掛け時計など観光するところもたくさんあります。まさに中世のヨーロッパが好きな人にオススメの観光都市です。

 

 

おすすめポイント

とにかく街並みが綺麗で、どこに行っても絶好の写真スポットばかりです。特に新婚旅行や初めての旅行にオススメです。

また、おしゃれなカフェやロマンチックなレストランがたくさんあるので、雰囲気作りにはもってこいです。フランスやイギリスに比べると比較的安く素敵なホテルに滞在することもできます。料理も日本人の口に合うものばかりなので、楽しい時を過ごせます。

 

ボラカイ島

 

 

どんな場所?

フィリピンにあるボラカイ島。ここはビーチリゾートで有名な場所です。

とにかくビーチが綺麗で、日常の生活を忘れさせてくれます。日本からの観光客は少ないみたいですが、ヨーロッパ圏の人には人気のある観光スポットです

 

 

おすすめポイント

とにかくビーチが綺麗なので、雰囲気を重視するカップルにおススメです。マニラ空港で乗り換えて、近くの空港まで行き、そこから更に船に乗り換えて行くので、少し時間がかかりますが、物価も安いので、ハワイとか高いと考えてしまうカップルにはおススメ出来ます。

ハワイで普通のホテルに泊まる金額でグレードの高いホテルに泊まる事が可能です。

 

スイス

 

 

どんな場所?

アルプスの山々に囲まれた大自然の中、日本とは全くの別世界で、旅行客も世界各国から大勢訪ねてきていて賑わっています。特にツエルマットが圧巻です。大変かっこいい山です。新婚旅行などで来ても十分楽しめるのではないでしょうか。

 

 

おすすめポイント

まず、大自然の中であるということ。とにかく景色が大変良いです。人も多いですが、それを飲み込むような大自然の中で心が雄大になり、お互いの事を思いやる気持ちが自然に湧いてくることでしょう。

自然の中、カップルで登山やハイキングをしますと気が抜けない場面が多く出て来ます。そのような時、お互い助け合う場面が数多く出て来ます。相手の頼もしさが実感できるでしょう。

 

雲海テラス

 

 

どんな場所?

北海道のトマムにある雲海テラスがオススメです。新聞で見ていつかは行きたいと思っていました。

夜中に出発してまだ真っ暗の中ロープウェイに乗って見に行きました。たくさんの人がいて色々なところから歓声が上がっていました。

 

 

おすすめポイント

物として残らないですが、思い出の一ページとして胸に刻まれるかと思います。私も何年も経ちますけど行って良かったと改めて思える場所でもあります。

雲海は見れる日もあれば、見れない日もあります。見れなくても景色が思い出として残ります。明日からの生活をまた頑張ろうという気持ちにもさせてくれます。またいつか二人でとお互いが感じる場所です。

 

穂高温泉郷ホテルアンビエント安曇野コテージ

 

 

どんな場所?

長野県にあるホテルが経営しているコテージタイプの宿泊施設です。ホテルに泊まるのとは違い、まるで自分たちの別荘に宿泊しているかのような素敵な時間を味わうことが出来ると思います。広いので和室も洋室もあります。

キッチンにあるお皿などのキッチン用品は最後に洗っておけば自由に使用することも出来ます。

 

 

おすすめポイント

ホテルに宿泊しますとお部屋の中では二人だけの空間を味わえますが、当然お部屋を出ればほぼ全てが共同スペースとなります。

しかし、このコテージタイプですと他のお客さんとは程よく離れた静かな自然の中の戸建てに泊まる感じですので、出かける際もロビーを通ることもありませんので、あたかも二人だけが泊っているかのような雰囲気がしっかりあり特別な時間になると思います。

また、お風呂に入る際もはじめから設置されている温泉が出ますので24時間好きな時間にお風呂を楽しめてしまいます。大浴場へわざわざ行く必要はありません。実際に宿泊しましたがかなりおすすめな場所だと思います。

 

蒜山高原

 

 

どんな場所?

岡山県と島根県の県境で近くに大山があり高原で四季にはそれぞれ沢山の花が咲き季節ごとの風景が変わるので車で行き近くの休暇村から自転車でサイクリングをすると本当に心が癒されます。

また酪農が盛んなので取り立ての牛乳が大変おいしくてソフトクリームがお勧めです。

 

 

おすすめポイント

二人で行くときはまずはお花を見て食事はジンギスカンを食べてお花を背景に写真を取れます。

サイクリングや冬には近くにスキー場があるので二人の世界を演出できます、自分も彼女を連れてきてプロポーズしたのです。

夏はキャンプ場があり二人でゆっくりできる環境です、キャンプファイアがいい思い出です、蒜山焼きそばがB級グルメで有名ですので二人で食べて帰りました。

 

道後温泉

 

 

どんな場所?

四国松山の道後温泉は坊ちゃんで有名です、先ず最近は瀬戸大橋が出来て車でも本州からすぐに行けるようになりました。

温泉街も活気があり温泉会館で朝風呂に入るのが楽しみです。瀬戸の魚料理が大変おいしくていつも楽しみにしています。

 

 

おすすめポイント

雰囲気が二人で温泉街を歩くのに丁度いいのです、昔ながらの坊ちゃん列車やチンチン電車が松山市内を走ってますので周遊券を買い二人で町を巡るのが本当に楽しいです。

歴史が好きな人は秋山兄弟の記念館を訪れるのがいいです、自分たちは正岡子規が好きなのでそちらに二人で行きます。俳句を考えて彼女に自分の思いをぶつけるのも面白いことです。

 

城崎温泉

 

 

どんな場所?

山陰の舞鶴の南の方にあります、外湯が有名で7つのお湯があり城崎温泉の宿に泊まる無料券をくれますので浴衣とタオルをかごに入れて下駄を鳴らして石畳を歩いて巡ります。

最近は外国の人も多くて聞きなれない言葉で戸惑ります。

 

 

おすすめポイント

冬はカニが名物なので宿に着いたらまずはお風呂に入り夕食にはカニのフルコースをいただきます、好きな彼女を食べる前にまずはカニで下ごしらえです。

それから外湯巡りをして温泉街を散策して二人で手をつないで歩いたらムード満点です、しかも売店の店員が彼女に奥さんどうぞと声を掛けられたら嫌な気になれません、宿に帰れば後は美味しい思いが待ってます。

 

宮城県松島

 

 

どんな場所?

日本三景で有名な松島は観光地として大変有名です。小さな島が湾内にたくさんあり、その小さな島々が美しい景色を作り上げています。

沿岸部は歩ける範囲でたくさんの海産物屋さんやレストラン、ホテルがたちならび、一日が短くかんじてしまうぐらい恋人と楽しい時間を過ごすことができました。

特におすすめなのが遊覧船でカモメに餌をあげることができ、また遊覧船なので船酔いもすることなく楽しむことができます。

 

 

おすすめポイント

美味しいものがたくさんあるからです。魚介焼きのお店やスイーツ、どのみちを通っても宮城県の特産物を楽しむことができますし、何より景色がとてもロマンチックです。私が泊まった観光ホテルからは海を一望でき、地物を使った料理が大変美味しかったです。

アクセスとしては中心街まで駅が伸びており、徒歩でも観光ができます。車でもいいですが、観光地のため、駐車料金が割高で道幅も狭いところが多かったので安全を第一とすれば、のんびり電車旅もおすすめかと思います。

 

沖縄

 

 

どんな場所?

沖縄の本島の中でも北の方へ行くと、ちょっとおしゃれなカフェや民宿があります。いわゆるリゾートホテルよりも、こじんまりとした民宿に泊まるのほうが沖縄を満喫できます。

また、北の方には地元の人しか行かないようなビーチがたくさんあるので、昼間はそうしたビーチで過ごすのがおすすめです。

 

 

おすすめポイント

沖縄は1年を通して温暖な気候なので、開放的な気分を楽しむことができます。そのため、カップルで旅行をするには最適だと思います。

沖縄本島内にはいろいろな観光地がありますが、美ら海水族館などのメジャーな観光地ではなく、地元の人しか行かないような北部のビーチへ行くのがおすすめです。

いわゆる観光地巡りだと帰ってきてからあまり思い出すこともないですが、ちょっと変わった体験は2人だけの思い出として、帰ってきてからも盛り上がることができます。

 

野間灯台

 

 

どんな場所?

愛知県・知多半島に存在する野間灯台は伊勢湾に面した海辺にあり、すぐ近くにはこの地方では有名な海水浴場、小野浦海水浴場があります。

周囲には旅館や民宿も多く海の幸が豊富に楽しめます。夏の海水浴シーズン以外は道路も空いており、アクセスしやすいです。白亜の野間灯台のビジュアルも大変美しいです。

 

 

おすすめポイント

野間灯台に恋人同士で南京錠をかけるとその恋愛は成就し、永久に続くとのジンクスがあり、恋人たちの聖地として、ひっきりなしにカップルが訪れています。

釣り鐘もおかれてあり、カップルで鳴らすその音色はとても幸せ感があふれています。また夕暮れ時の野間灯台の姿は海を背景に大変美しく、写真映えに最高の景色でもあります。恋人たちにはとても良い記念になる場所でおすすめです。

 

北海道

 

 

どんな場所?

自然が豊かで、食べ物(特に海産物)がとても美味しいです。空気も澄んでいて、景色もとても美しく雄大であり、ここでしか見られない景色が多いです。

道路はまっすぐでとても走りやすく、移動も距離の割には簡単です。

 

 

おすすめポイント

車での移動が基本となるので、基本的に2人でいられること。音楽を聴きながら美しい景色を見てドライブできますし、道も走りやすいのでナビの言う通りに走ればどこへでも行きやすいです。

また食事が美味しいこともポイント。野菜も味が濃くて美味しく、デザート類も酪農が盛んなので濃厚かつさっぱりなソフトクリームに始まって何でもおいしいですし、海産物はお墨付き。何度も行きたくなる旅行先だと思います。

 

まとめ

ゴールデンウィークだからこそ2人でゆっくり過ごすことが出来るでしょう。

今回紹介したところを参考にしてぜひ、旅行を楽しんでください。

関連記事:2019のゴールデンウィークに読みたいおすすめ読書本40選

関連記事:ゴールデンウィーク旅行の持ち物はとりあえずリュックを買おう!

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。