季節

2019年のゴールデンウィークに絶対行きたいおすすめの動物園17選 

百獣の王ライオン

 

ゴールデンウィークはお出かけの季節!!

そんな時おすすめしたいのが動物園です。動物園は普通に暮らしていれば観ることが出来ない動物たちを観るのはもちろん、自然豊かな場所でゆっくりする事も出来る為お出かけするには最適な場所と言えるでしょう。

そこで今回はアンケート調査をしておススメの動物園を調べてきました。

 

川崎市夢見ケ崎動物公園(川崎市幸区夢見ケ崎)

 

 

 

どんな動物園?

メインの動物がレッサーパンダがいる。死んでしまったのですが、何十年前まで日本で一番長生きしていたシマウマがいました。

今現在は、その子供がいます。ペンギンがいます。しゃがむと水槽型になっているので泳いでいる所がまじかで見られるし、ペンギンの前にはフラミンゴが見られます。

何より、川崎で見つかった危険動物が保護されているスペースが有り見られるのも良いです。

 

その動物園がなぜ好きなのか?

小さな時は親に連れて来て貰ったり、小学生の時は遠足、図工の授業のスケッチ等で
来ていた思い出が有るので好きです。春には桜が咲いて綺麗ですし、夏にはお祭りも有るので地域の方々に親しみがある動物公園なので好きです。

それに一番はペンギンをまじかで見れるのが良いんです。子供の時からペンギンが好き
なので、まじかで見られるとこ、泳いでいる姿見られるのが最高なので好きです。

東山動植物園(名古屋市千種区東山元町3-70)

 

 

動物園の特徴は?

シャバーニというイケメンゴリラが有名です。テレビで何回も見かけましたし、お土産もシャバーニの物が沢山あります。

シャバーニのところは行列が出来ていてとても見れる状態ではありませんでした。最近テレビで見かける事も少なくなってきたので、見れるかなと思いましたが、まだまだ人気は健在のようです。春休み中の平日に行ったのですが、それでも混んでいました。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

色々な動物が見れます。モルモットや羊、うさぎなど…触れ合いが出来る動物もいます。
モルモットは膝に乗せてなでなで出来ますし、羊は餌やりなどが出来ます。リスは室内に放し飼いになっていて、間近で見る事が出来て可愛いです。

入園料もお手頃ですし、中学生以下は無料で入ることが出来ます。家から1番近い動物園で子供達と一緒に何回も行っています。

 

 

天王寺動物園(大阪市天王寺区茶臼山町1-108)

 

 

動物園の特徴は?

動物の生息地の景観を可能な限り再現したうえで、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」が特徴的です。

爬虫類生態館「アイファー」、カバやキリン、ライオンなどが暮らす「アフリカサバンナゾーン」、アジアゾウが暮らす「アジアの熱帯雨林ゾーン」などで生態的展示を取り入れ、様々な生き物が暮らす自然環境を感じることが出来ます。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

生態的展示のおかげで、ライオンやトラ、キリンなどどこの動物園にでもいるような動物でも生き生きと本来に近い状態で見ることができて新鮮です。また、ホッキョクグマのイッちゃんとゴーゴが可愛いくて大好きです。

限られたスペースの中で、動物たちがいかに快適に過ごせるかということを十分に考えていることが伝わってきます。

 

茶臼山動物園(長野市篠ノ井有旅570-1)

 

 

 

動物園の特徴は?

入園料が500円ととにかくやすい!にも関わらず、モルモットやヤギなどに餌をあげられるコーナーがあり、楽しめる。加えて、ちゃんとキリンやゾウ、サルなど定番で動物園にいて欲しい動物も見ることができる。駐車場は閑散期と繁忙期で違い、混んでいる時期は、動物園の麓に止めるが、モノレールで上に上がることができる。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

とにかく入園料が激激安いこと。小さな子供と一緒だと動物園もゆっくり見て回る時間がなく、そうかと思うと同じ動物の前から離れなかったりと、大人の思い通りにはならない傾向だと思う。しかし、そんなことも入園料が安いことで「まあ、いいか」となる。定番の動物は見られる上、餌やり体験もできてとても楽しめると思い思った。

 

 

とべ動物園(愛媛県伊予郡砥部町上原町240)

 

 

動物園の特徴は?

国内初のホッキョクグマ人工保育の成功例である「ピース」と、育児放棄してしまったその母親「バリーバ」が居ます。

ピースと飼育員「高市さん」の絆が素晴らしくて、その様子はたびたびテレビや雑誌などで取り上げられています。

その他、動物を見ながらお食事できるレストランがあったり、小動物との触れ合いやキリンに大接近!などイベントが豊富です。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

なんといっても、ピースと高市さんの絆に感動します。
あと、お安い入場料(大人500円)で1日楽しめることが魅力です!申し訳なくなるくらいです。

名物として、宮越さんという飼育員の方が書かれた「動物園のなにげない一日」というとべ動物園あるあるネタ漫画が存在します!

たしかにね〜と思うことや、えっ、こんなことが!と思う動物の知られざる一面を知ることができます。

上記の本を読んでいると、とべ動物園にいきたくなります。

 

 

いしかわ動物園(石川県能美市徳山町600番地)

 

 

動物園の特徴は?

184種のいろんな動物が展示されていて、毎日イベントが開催されています。うさぎとのふれあいイベントは、小さい子どもたちに特に人気です。

動物たちのお食事ガイドでは、飼育員さんがその動物にエサを与えながら動物の特徴などをお話ししてくれます。日によって動物が変わったりするため、いろんな動物について詳しくお話を聞いてみたい方にはおすすめです。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

多くの動物たちの様子が間近で見られるので好きです。特に動物たちのお食事ガイドは、自分の好きな動物の話を詳しく聞ける機会なので、毎回いつも楽しみにしています。

園内は階段のそばにスロープがあったり、バリアフリーなので、ベビーカーでの移動も便利です。授乳室などもあるので、安心して小さい子どもを連れていけます。

 

 

和歌山公園動物園(和歌山県和歌山市一番丁3)

 

 

動物園の特徴は?

全国でも非常に珍しい、お城の敷地内にある動物園です。和歌山と、あともう1か所ぐらいしかないと聞いています。

和歌山城公園には石垣もお堀も残っており、緑がいっぱいで、春には桜が咲き乱れ、初夏にはツツジ、秋には大イチョウと、市民の憩いのスポットとなっています。その一角に動物園があるなんて素敵だと思いませんか。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

子どもや若者、それに子連れの家族なら自然に「今日は動物園にでも行こうか」となるでしょうが、独身の中年にとって動物園はなかなか高いハードルです。でも、私だってかわいい動物を見て癒されたいときがあります。

お城の中の動物園なら、お城を見るついでに、お散歩のついでに行きやすいのです。年に一度の園長選挙にもちゃんと行けました。私が投票したアヒルちゃんは残念ながら落選しましたが、ツキノワグマのベニーが立派に園長を務めてくれています。

 

 

神戸市立王子動物園(兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1)

 

 

動物園の特徴は?

ジャイアントパンダがいます。土日は混んでますが、平日はそうでもないのでゆっくりとパンダを見れるのは王子動物園ぐらいだと思います。他にもコアラ、ゾウ、虎、ヒョウ、キリン、フラミンゴなど人気の動物が揃っています。

ふれあい広場では動物たちが放し飼いになっているので、羊やウサギ、モルモットなどに触れることができます。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

なんと言っても安いです。大人は入園料600円とそれだけでも安いですが、なんと中学生以下は無料です。

アクセスも良いので、少し時間があったら子供を連れてフラッと遊びに行きやすいのが最大の魅力です。園内は広々としていて動物の種類も多いので見応えがあり、何度来ても飽きないです。

隣に遊園地も併設されており一日中楽しめて大好きな動物園です。

 

ニフレル(大阪府吹田市千里万博公園2)

 

 

動物園の特徴は?

他の動物園にはないアーティスティックな展示方法が特徴的で,館内のデザインがとても美しいです。

さまざまな動物が放し飼いになっている部屋もあり,飼育員さんと動物の交流や,違う動物同士の交流を間近で見ることができます。また,オリジナルグッズもデザインが良く,メイクポーチなど,若い女性を狙った品揃えになっています。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

動物園と水族館と美術館をかけ合わせたような展示に見応えがあり,気に入っています。特に,アーティストとのコラボ展示は他にはなかなかなく,ニフレルならではの良さだと思います。

また,展示解説のキャプションが,5・7・5で書かれており,キャッチーで読みやすく,興味を引く工夫がなされていておもしろいと思います。

 

旭山動物園(旭川市東旭川町倉沼)

 

 

 

動物園の特徴は?

行動展示とよばれるものを取り入れており、動物が自然界においてもっとも自然な環境下になるように展示方法に工夫があります。

たとえば水中のシロクマは真上に浮上する特性を生かして円柱状の水槽があり、まれにざぶーんと浮上するシロクマの迫力ある姿が見れます。

レッサーパンダは木の上で昼寝をすることが多いようですが、お気に入りの木が人間の頭の上にあるので、覚悟しではなく間近で観察できます。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

動物の種類、数は間違いなく北海道ナンバー1だと思います。
行動展示でより迫力ある動物の姿が見れたり、意外な生態を知ることができるので勉強にもなります。

ところどころにある、飼育かがりさんの手作りの動物の説明文もウィットに富んでいて読んでいて面白く、あまり知らない動物でも興味を持ってしまう魅力があります。

 

 

東武動物公園(埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110)

 

 

動物園の特徴は?

ホワイトタイガーを見ることができます。よくテレビの取材もきたりしています。ホワイトタイガーに餌をあげたりすることもでき、間近で観察できるのが凄いです。

ポニーの乗馬もやっていて、小さい子供でも乗ることが出来るので子供も喜びます。またオットセイのショーも特徴的でオットセイが頑張っている姿がとても可愛いです

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

住んでいるところから近いので行きやすいのがいいところと、動物園と遊園地が繋がっているので2倍楽しめるところもとても魅力的です。

夏にはプールもあるので、一日中楽しめます。小さい子供から大人まで一緒になって動物も触れ合えたり、一緒になって遊園地で遊べたりして、大人も子供も楽しい動物園なので、とても魅力的です。

 

 

日本平動物園(静岡市駿河区池田1767-6)

 

 

動物園の特徴は?

メインの動物、レッサーパンダの風太が2005年に直立するので有名になりました。老朽化が進んでいたので2013年に改装されて全面リニューアルされたのはちょっと残念です。ふれあい動物コーナーに遊園地、動物の種類も豊富なのは老舗ならではだと思います。

日本一長いローラースライダーが有名になりました、390メートルの長さで降りるまでに結構時間かかります。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

少年時代から利用していたので思い出が詰まっているのが1つです。全面リニューアルしたのが個人的には残念なのですが名残が所々にあります。

名勝日本平にありますので動物園以外にも楽しみがあります。ローラースライダーが日本一になってそちらに話題がいくのは仕方ないですが、そこに上がっていくまでのゴンドラにノスタルジアが詰まっている上に景観がいい。動物園を一望、そして日本平から眺める富士山というのは美しいので大好きです。

動物は特別目新しいのがいるわけではないですがピューマと小さい頃の思い出のあるペリカン、フラミンゴに思い入れがあります。

 

 

羽村市動物公園(東京都羽村市羽4122)

 

 

動物園の特徴は?

今年入り口をリニューアルして、綺麗なエントランスができました。像やライオンなど、目玉の動物がいるというよりは、アットホームな動物園で、園内も散策するにはちょうど良い広さです。

以前志村動物園でも放送していたテナガザルのおかゆちゃんもいます。ふれあい動物コーナーや餌やり体験もできます。ナイトツアーやバックヤードツアーなどのイベントもあります。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

とてもアットホームで、小さな子供からお年寄りまで、丁度いい広さなので、ゆっくり歩いて回っても疲れません。

平日は一人でゆっくり動物を観ることができるし、ベンチも多く緑も沢山で癒されます。サル山やペンギンも可愛くて好きです。キリンはとても近くで観られます!大きな広場があるので、レジャーシートを広げてお弁当も良いです。

 

 

京都市動物園(京都市左京区岡崎法勝寺町)

 

 

動物園の特徴は?

少し地下鉄の駅から歩きますし、こじんまりとした動物園なのですが、リニューアルもされ綺麗になりました。

あまり混み合っていることも少なく休憩所もいくつかありお弁当を持ち込んで動物を眺めながらゆっくりできます。また動物園オリジナルのお土産グッズがかわいいものが多く目移りしてひまいます。のんびりとした時間が過ごせます。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

動物の中でも何よりキリンが大好きで親子をゆっくり眺められるからです。いつまでも見ていられるくらい好きなので。他にも小さめの動物園ですが飼育されている動物の種類がけっこういて、子供と行っても楽しめます。

勉強になる情報などもあれこれ記載されているのでスタッフさんの影の努力も感じます。地域に根付いたあったかいイメージが好きですね。

 

 

池田動物園(岡山市北区京山2‐5‐1)

 

 

動物園の特徴は?

アミメキリンが今はメインの動物かもしれません。岡山県で一番有名な動物園で、子供たちは遠足などで利用する事が多いです。

ふれあい広場ではウサギやモルモットと触れ合う事が出来、外のヤギも触る事が出来きます。近頃出来たカピパラ温泉は温泉に浸かっている可愛いカピパラを観る事が出来ます。親子連れに優しい動物園です。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

最近まで象のメリーちゃんが49年の長きに渡り飼育されていましたが亡くなってしまい、今年はヒグマの大地とホワイトライオンのハタリが相次いで亡くなると悲しい事が続いてますが、岡山県民に愛されている動物達なのでちゃんとお別れの会なるものを実施され動物園と動物のファン達の繋がりが強いと思うからです。

岡山の藩主池田詮政の孫隆雅政さんと昭和天皇の第四皇女厚子様がご成婚され敷地内に設立された動物園でコンパクトで小さな山際にあるので坂道が多いのですが、岡山県民からも馴染みのある愛されていると実感できる動物園だから。

 

 

盛岡市動物公園(岩手県盛岡市新庄字下八木田60-18)

 

 

動物園の特徴は?

盛岡市にある遊園地近くの動物園です。子ども連れの家族で賑わいます。色々な動物がいて、大きなゾウやキリンまで見ることができます。

また、動物と触れ合えるコーナーもとても充実していて、ヤギやヒツジに触ることができます。また、時間に指定はありますが、ヒヨコやウサギにも触ることができます。園内はとても広く、バスで移動できます。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

広い敷地に、様々な動物がいるため。そして、料金も低価格です。小さな動物だけでなく、ゾウやキリン、ライオン、カバなどもいて、子どもが喜びます。

また、動物と触れ合うコーナーも充実していて、羊やヤギがいて、エサやりまでできました。また、うさぎやヒヨコも触れました。私が行った時は、ゾウにサツマイモを上げることができました。

 

 

高知県立のいち動物園(高知県香南市野市町大谷738)

 

 

動物園の特徴は?

高知県内では最も大規模な動物園。キリンなど大型の動物を見ることも出来るし、ウサギなどの小型の動物との触れ合いが出来るコーナーなどについても充実している。

動物の数自体では他の動物園と比較して特別に多いということはないと思いますが、各コーナーにある動物の説明なども分かりやすく、小さい子供を連れていくにはオススメの動物園です。

 

 

その動物園がなぜ好きなのか?

他の動物園と比較して、特別に動物の数が多いとか、目玉になる動物がいるということはないが、最も身近に感じる動物園であることは間違いないと思います。

最近は夜間解放による夜の動物園というのもやっていて、いつもと違う動物の様子を見ることも出来るので小さい子供さんを連れたご家族などにはとてもオススメ出来る動物園だと思います。

 

まとめ

 

全国各地にある様々な種類の動物園。

ぜひゴールデンウィークに遊びに行ってみましょう!

関連記事:2019年のゴールデンウィークでカップルと行きたい旅行先22選

関連記事:2019のゴールデンウィークに読みたいおすすめ読書本40選

関連記事:2019のゴールデンウィークに遊びたいおすすめゲーム21選

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。