芸能

斎藤ちはるのアイドルからアナウンサーは嫌いになる人も多いが正しい選択

 

 

先ほどニュースを見ていたら斎藤ちはるさんというアイドルがアナウンサーになったという情報を聞きました。

 

私はこの人の事を全く知らないですが、やはり賛否両論があるみたいですね。

 

 

そのままアイドルを続けろとかアナウンサーになったのは枕営業とかコネだとかいろんなことが飛び交っています。

 

しかし私としては彼女はとても正しい選択をしたようにしか思えません。

 

 

このままアイドルを続けるなんて無理

 

調べてみると彼女は現在21歳。一般的に女性アイドルは20歳を過ぎると卒業して自分の進路を考える歳になります。

 

しかも女性アイドルは22歳を過ぎるとババア扱いされるらしく、人気も落ちていくみたいです。

 

そして斎藤さんの年齢は21歳。これは卒業するのにちょうどいい年齢といえるでしょう。

 

 

そもそも斎藤さんがこのままアイドルを続けた所で、ドンドン自分の進路がなくなっていき最悪の場合AV出演をして普通の生活には戻れなくなる可能性が高いです。

 

アイドルオタクじゃない私が客観的に言いますが、斎藤さんの未来を考えるとアナウンサー就職というのは非常に好感が持てますね。

 

アナウンサーは正社員

 

そもそもアナウンサーはタレントみたいな扱いをされていますが、フリーのアナウンサー以外はテレビ局の正社員です。

 

 

最近はアナウンサーがアイドル化しているので、彼女たちが正社員という感じも見えませんがどれだけテレビに出ても月給制というのは確かです。

 

なので彼女は自分の経験を生かして、見事アナウンサーという正社員の道を勝ち取った訳でしょう。

 

なので彼女は他のアイドルより圧倒的に勝ち組コースになった事は確定です。

 

 

人気が落ちるのに成果報酬は危ない

 

先ほども言いましたが、彼女は21歳。アイドルとしての人気は確実に落ちていくでしょう。

 

それこそトップアイドルになっても飽きられたら一瞬で仕事がなくなる。アイドルにそこまで詳しくはないですが、テレビは観るので「あれ?そういえばあの人消えたよな?」というのはすぐ分かります。

 

人気が徐々に落ちていくのに、芸能界という完全実力世界に足を踏み入れたら確実に人生が危険になるでしょう。

 

しかしアナウンサーになったら21歳というのは非常にわかい。しかもアナウンサーというのは年齢を重ねれば確実に実力が上がります。そして年齢を重ねても活躍出来るのが女性アナウンサーなので、斎藤さんにとっては最高のタイミングでアナウンサーになれたのでしょう。

 

しかもアナウンサーは給料制と先ほど言いましたが、活躍すれば当然給料は増えるので結果的にアイドルをやっている頃よりお金は貰えるでしょう。

 

まとめ

 

アイドルからアナウンサーになるのは批判も多いですが、彼女だってもう立派な大人です。

 

自分の人生をしっかりと決めないと後で取り返しにつかない事になるでしょう。

 

だからこそわたしは斎藤さんの事はよく分からないけど、アナウンサーになった事は立派だと言い切ります。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。