季節

ポッキーの日とは何?いつから出来たのこの行事?ポッキーの日の謎に迫る!

 

11月11日、それは日本の皆がポッキーを持って最大限ネットで大騒ぎする日、そうポッキーの日!正式名称は「ポッキー&プリッツの日」と言う名前です。

 

長い名前のうえ、皆プリッツよりポッキーの方が好きなので、呼ぶときは大半ポッキーの日と言う名前になっています。

 

と言う訳で今回はポッキー&プリッツの日について調べていきます。

 

 

どんな行事?

 

 

この記念日はポッキーを作った江崎グリコが作った記念日で、ポッキーとプリッツのPR活動として広げた行事ですね。

 

PR活動は見事に成功して今では日本で季節のイベントとしてしっかり根付いている行事になっています。11月11日になったらTwitterが毎年とんでもない事になっていますからね(笑)

 

何故11月11日にこの記念日が出来たと言うと、ポッキーとプリッツが1の数字に似ているからだそうです。かなり簡単に安直につけているみたいですね。

 

この日はよく特別な事をする必要があるの?と思う人がいますが、特にこれと言った特別な事をする必要がありません。この日は企業が宣伝の為に用意した日ですので、とにかくポッキーかプリッツを買えば問題がありませんね。グリコが喜びます。

 

ですが皆がよくやっている事を調べたら、ポッキーゲームをするか、ポッキーを友達にあげると言う事をやっていますね。調べて見るとやはり皆ポッキーばかりを買っているようですね。プリッツはまるで無かったかのような存在になっています(笑)

 

まあ私も買うとしたらポッキーですがね。あっちの方が美味しいので!

 

 

いつからこの日が出来た?

 

 

それでいつからこの日が出来たかと言うと、平成11年、11月11日に出来たと公式が言っていました。1が並ぶおめでたい日と言う事で、日本記念日協会に申請した所、見事に記念日協会が申請を許可したそうですね。

 

ちなみに11月11日の他の記念日を調べた所こんなにありました。

 

  • 電池の日
  • 介護の日
  • 麺の日
  • ピーナッツの日
  • チーズの日
  • サッカーの日

これだけの記念日がポッキーの人同じ記念日にあります。

 

しかも面白いのが電池の日、麺の日、ピーナッツの日などは食べ物の形が1に似ているからと言う理由です。

 

そうです、ポッキーの日と同じ安直につけた記念日がこんなにかぶってしまっているのです(笑)

 

やはり人間は同じことを考えてしまう生き物なんですね。

 

 

日本記念日協会の費用はいくら?

 

先ほどチラッと言った、日本記念日協会と言う言葉。

 

実はこれって申請するのはタダなんですけど、もし申請が完了した場合、約10万円程の値段がかかるんですよ。

 

そう記念日を作るのにもかなりのお金がかかる事がよく分かります。

 

ですが記念日一個でポッキーは11月11日だけ異常な程の売り上げを出します。

 

10万円で何百倍も利益が返ってくるならむしろ安いですね。記念日を上手く使って売り上げをアップさせる方法を記念日マーケティングと言うらしいです。

 

バレンタインもそれに近い方法のマーケティングですね。

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。