トレンド

四日市こども園を襲撃した犯人の心理状態を探る

 

つい先ほどニュースを見ていたら四日市こども園で男性が園児を襲撃すると言うニュースが流れてきました。

 

 

幸い襲われた人たちは命に別条がないみたいです。だけどこの意味が分からない襲撃事件、犯人の心理状態がどのようになっていたのかを分析したいです。

 

 

今回は四日市こども園を襲った犯人の心理状態について書いていきます。

 

 

 

無職が原因!

 

 

犯人は32歳の無職と言う事が分かっています。

 

 

無職と言う事はこの男性は長い間働いていない、または仕事をクビになったと考えられます。

 

 

長い間働いていない場合、多くの人は何をするか、ネットを見る事が多くなってきます。

 

 

そこでオンラインゲームなどをずっとやっているとそれにハマり犯罪をする事が少なくなり事が多い。無職から抜け出せなくなる可能性が高いが、犯罪はしないだろう。なぜならオンライゲームを寝る、食べる、トイレに行く間はずっと張り付いている為、外に出ないからだ。

 

長い間無職なっている人は私の考えだとまだ犯罪率が低い

 

 

犯罪が起きやすいのはむしろ仕事をクビになったばかりの人だ。

 

 

無職になる寸前は外で仕事をしているため精力的に動いている。それが急に仕事をクビになったら相当なショックを受ける。

 

 

まだ20代の人がクビになると希望が持てる人が多いが、この男性は32歳、日本では何故か30代になるとまともな就職先が見つからないと言うよく分からない風潮がある。

 

 

実際はそんな事は全くないが、ネットだとどうも30代から上の人は無能と言う謎の考えも広がっている。

 

 

恐らくこの男性はそれを信じてしまい、俺の人生終わり、もうどうでも良い、犯罪を起こして刑務所で暮らそう。

 

 

と言う考えになってしまっている可能性がある。あまり信じられないかもしれないが、こう言う考え方は意外と多くの人が持っている。

 

 

その原因は2ちゃんなどのネット掲示板の影響だ。この掲示板は人の性格をドンドン悪い方向にしたり、心が病んでしまうと言うとんでもない効果が出る場合がある。

 

 

私も昔2ちゃんをやっていたがあれのせいで周りの人間全てが敵と言う訳が分からない人間不信になりかけた事がある。あれを見続けると悪い影響しかないと言う事を身をもって体験した。

 

 

 

32歳と言う年齢は当たり前に様にネットを使える年齢だ。この男性はもしかしたら2ちゃんを見て、30代で仕事を失ったら人生終わりと言うどこの誰が書いた分からないコメントを見て信じ切ってしまい、この様な犯罪に手を染めてしまった可能性がある。

 

 

通り魔事件を起こす人の共通点は、自分が嫌い、社会が嫌い、他人が嫌いなど人間関係全てが嫌いになると言う事が多い。

 

 

犯人は恐らく人生を諦めてしまったのだろう。

 

 

 

まとめ

 

無職になったからと言って人生全てが終わったと思い、犯罪をするのはどうだろう?

 

 

正直犯罪をするなら生活保護を貰い、静かに暮らした方が良いと私は思う

ABOUT ME
hakua
20代の男、ゲームとアイドルのニュースを追うのが趣味の人です。今までパソコンは授業でしか触った事が無い人がWordpressに挑戦するとどうなるのかをぜひ見届けて下さい。