産地直送トレンド流通センター

日々の気になったニュースなどを自分の意見を言いつつ面白おかしく書いていくのがこのブログ、書く内容は芸能から地域ニュースまで様々です

お役立ち情報

防災訓練の目的や詳しい方法は?訓練内容より絶対に逃げる事を頭に入れたい

投稿日:

 

最近防災訓練をやる所がジワジワと増えています。

 

日本では最近震度6の自信、震度5の地震が頻繁に起きていて、避難訓練の重要性が日に日に高くなっているという背景もありますが、やはり津波、土砂崩れなどは本当に怖いのでいざと言う時の備えがいります。

 

 

そして今回は避難訓練の目的や詳しい方法などを書いていきます。

 

 

避難訓練の目的とは?

 

疑問に思った事

 

避難訓練の目的は言うまでもなく、いざと言う時の為の備え、いざ本当に災害が起こった時に迅速に確実に行動が出来る様にする為です。

 

 

よく避難訓練は意味がないと言う人が沢山います。確かに学校などでやっている地震や火災などの避難訓練は正直緊張感が全く無くて、ほとんど意味がないかもしれません。

 

 

しかし避難経路の確認、パニックを起こさない様にする為の予備訓練として、役にたつときはあります…ほんのちょっとだけ。実際に学校で火災になったらパニックになってそれどころではないでしょうけど。

 

 

しかし津波の防災訓練などは非常に助かる場合があります。実は津波になるとどこに逃げて良いか分からない場合の人が非常に多いです。

 

 

高い所に逃げろと言われても、近くに高い所が無い場合はどこに逃げて良いか分からずパニックになる人もいます。

 

そんな時に津波になった時の避難場所をあらかじめ知っておくと、逃げる時に迅速に目的地につく事が出来ます。なので津波の訓練は非常に意味があります。

 

 

避難訓練の方法は?

 

では避難訓練はどんな方法などがあるのか気になりますよね?と言う事で、災害別に避難訓練の方法を紹介していきます。

 

 

地震が起きた時の避難訓練

 

まず地震が起きた時の防災訓練は。学校でやった事がある人も多い、訓練です。

 

主にやる事は地震が起きたと想定して、机の下など、物が頭に当たらない様にする方法です。

 

そして地震が終わったら、クラスで並んでゆっくりと外に行くと言う訓練です。

 

学校によって言われるのが頭に物が当たらない様に手で頭を隠すか、事前に持ってくる物にクッションなどを用意する事もあります。

 

 

火災訓練

 

この訓練が恐らく一番役にたつ訓練です。地震や津波より火災の方が圧倒的に起こる確率が高いです。

 

家でも火災などは起こりますから、火災訓練はやっておいて損はない訓練です。

 

 

一般的なやり方だと。

 

訓練用の火災報知器がなる

消防署へ報告する人が連絡をする(やるふり)

初期消火係が消火器などで消化する

避難誘導係が皆を誘導する

並んで落ち着いて外に出る

 

 

だいたいこんな流れで火災訓練をやりますね。もちろん地域や火災の規模によってはやり方が違いますが、これがオーソドックスなやり方になります。

 

 

火災訓練をやる時の注意としては、室内に煙が充満している状態です。なのでハンカチなどで口をおさえて、煙が入らないようにするとより臨場感あふれる訓練になります。

 

 

津波避難訓練

 

災害の中でトップクラスに恐ろしいものです。舐めてかかると本気でヤバい災害です。

 

津波訓練のやり方は

 

市全体に訓練用の避難警報を出す

警報が来たら山の上などとにかく高い場所にいく

とにかく高い建物に避難する(3m以上)

市指定の避難用の建物に避難する

 

津波避難訓練の特徴としては、とにかく早く高い建物に行く事が大切です。

 

他の避難訓練と全く違うのは一回落ち着いて並んで避難する事は全くしない事です。

 

津波がきたらとにかく逃げろ!とにかく走れ!高い所に避難して!

 

と言うのが特徴です。ですがこれも地域によっては違う様で、訓練なのでキチンと並んで行かせると言う所もあるみたいです。

 

 

本当に地震が起きた時の対策は?

 

では本当に災害が起きた時はどうすれば良いか分からないですよね?では本当に災害が起きた時の対策を教えます。まずは地震から教えます。

 

まず地震が起きた時の対策は2つに分かれます。

 

地震がおさまったら外に出るパターン

地震がおさまったら外に出るパターン

 

この2つに分かれます。テレビでもネットでも面白いのはこの2つがどちらが正しいか地味に議論している所があります。

 

個人的には地震がおさまったらすぐに外に出た方が良いと思っています。

 

家がグチャクチャになるくらいの地震が起きたら、家が倒壊する危険があり、中にいるには危険です。

 

タンスに潰される危険がありますし、家から出れなくなったら最悪です。

 

外に出たら割れたガラスなど壊れている物に当たる危険があるとよく聞きますが、それは学校や公園など周りに比較的物が少ない所に行けば何も問題はありません。

 

個人的には家の中にいる方が危険だと思っています。

 

 

火災が本当に起きた時は?

 

会社などで機械にトラブルがあり、火災が起きた場合などは、出来るなら消火器で速攻で火を消すことが大切です。

 

近くに消火器があったら、すぐに使えると一番良いです。

 

しかし消火器が無く、火が消防車がこないと消せない場合があります。

 

その時は何が何でも外に逃げる事をおススメします。並んでゆっくり行くとか、誘導係が避難経路まで案内するとかゆっくりしている暇はありません。

 

 

窓からでも良いので絶対に建物の外に出て、避難しないとヤバいです。

 

 

本当に津波が来た場合は?

 

津波が来た場合は訓練通りにとにかく高い所に全力で避難する事が正解です。

 

 

全力疾走で山の上や避難指定している建物の中、とにかく早く逃げる事が一番です。

 

 

テレビで言ってたのですが、津波が来た場合は1人でも良いので誰も助けずに絶対に逃げる事をしないと自分もまきこまれる。と言う風に言っています。

 

 

津波になると周りの人を気遣う優しい人もいるらしいです。しかしそれより自分の命を優先して欲しいと言う事を伝えていました。

 

 

共通点はとにかく逃げろ

 

 

こういった災害では共通点としてとにかく逃げろと言う事が全て同じですね。

 

 

とにかく何が何でも死なない様に全力で逃げないと自然災害の場合は手遅れになりやすので逃げると言う意識を頭の中に入れて下さい。

 

 

 

-お役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知らなきゃヤバい!胴上げの正しいやり方やルール

        最近では当たり前となった胴上げ。   受験に受かった人やスポーツの大会で優勝した時に胴上げをする事が多いですが、実はあれは力がない素人 …

no image

胡椒、味噌、ジャム、ゆずの変幻自在なレシピの多さにビックリする

どうもハクアです ふゆの食べ物って色々美味しいのがありますよね。おでん、かに、鍋など冬の食べ物はまさに食べるのが好きな人はまさに天国!さて冬の食べ物を色々言ってきましたが、今回注目する食材はゆずに注目 …

クエン酸で超簡単に掃除!実は掃除に最適なその効果とは?

    掃除をしていると。気になってしまうのが水垢の汚れ。あの風呂場やトイレなど水回りに溜まった汚れを綺麗にとるのは主婦の永遠の課題と言えるでしょう。   最近はカビキラ …

no image

人気急上昇!光脱毛の副作用やレーザー脱毛との違いって? 

    脱毛と言えばよく聞くのがレーザー脱毛ですよね?     レーザー脱毛は確かに強力で体の気になる毛を綺麗に処理してくれます。     …

胴上げは海外でもやっている!海外の胴上げの事例と歴史を紹介

  お祝いやスポーツで優勝した時に日本ではほとんどやる事になる胴上げ。   野球やサッカーなどで優勝するとテレビで大喜びしながら胴上げをやっているのはもはや日本の習慣と言えます。 …