産地直送トレンド流通センター

日々の気になったニュースなどを自分の意見を言いつつ面白おかしく書いていくのがこのブログ、書く内容は芸能から地域ニュースまで様々です

社会問題

DeNAパクリ問題でGoogleが検索結果の改善される。改善された2つの事

投稿日:2017年2月4日 更新日:

どうもハクアです!

 

去年くらいでしたかね?パクリ記事問題で色々なニュースサイトが突然の閉鎖をしてしまい、DeNAが批判をあびたニュースは・・・

 

このクソ記事問題のせいでGoogleが検索結果の改善を行うと言う事が分かりましたね、でもどんな所が改善されるの?とよく分からない人もいます。ですから今回はGoogleがどんな事を改善したのかと言うのを掘り下げていきますね。

 

大手のメディアサイトの検索順位が一気に落ちた

 

 

これはどう言う事かと言いますと、あなたも何かを検索した時に検索した物のサイトが沢山出てきますよね?それで検索した物の一番上にあるサイト(広告と書いてあるものは外す)がGoogleから「一番役に立っているサイトだよ」と評価されたものが一番上にあります。

 

 

それでその下にあるのが次にGoogleからの評価の高いサイトと言う事になります。これが検索順位と言う事になります。この検索順位を上げると何が良いのかと言うのは単純に人が来やすくなるからです。ほらあなたも検索したらとりあえず一番上にサイトを見るでしょう?サイトに人が沢山来るとそのサイトに貼ってある広告にお金が入ってくるので沢山人を集めればそれだけお金が入ってきます。

 

 

それでですね、その順位の上げ方なんですけど、凄い簡単に説明すると記事を増やせば増やすほど順位が上がりやすくなると言う傾向があります。ですから大手のメディアサイトは大量に人を雇い記事を沢山書いて(品質は気にしない)検索結果を独占したと言う事ですね。

 

 

そんなデタラメ記事を使っていた大手のサイトが今回のGoogleの対応により、大幅に順位を落とし、検索結果から出にくくなる様にしたと言うわけですね。主に検索結果が落ちたサイトは旅行情報サイト「RETRIP」やカラダノート、健康生活などのサイトですね。書いといて何だけど、あんまり聞いた事無いサイトばっかりなんだが・・・(笑)

 

 

 

個人のサイトも危ない!

 

 

ここまでは大手のサイトばかりが検索結果に出ないと言う事を言いましたが、Googleは低品質な信ぴょう性の無いサイトは検索結果の順位を落とすと言っており、この影響で個人でブログをやっている人にも影響が出てくる可能性があります。

 

 

例えば芸能ニュース専門に扱っている人、こんな人は割と危ない傾向にありますね。芸能はGoogleがあまり好きでは無く、良く個人で芸能人の事を書いている人何かはGoogleから検索順位を落とされたりします。

 

 

なぜなら芸能人のニュースは最近ではネットで見る事が多いです。ですけどネットニュースはあまり信ぴょう性が無く嘘のニュースを報道するのも多々あります。きちんと取材をしてきて記事を書いている週刊誌でさえ間違っている事を報道するのもあるのに、ネットニュースなんかは間違いの塊みたいなものです。

 

 

Googleは嘘を書かれる事を何より嫌いますから、こう言う芸能人の事をよく書いてあるサイトは順位を落とし検索結果から除外してしまう可能性も十分にありますね。

 

 

 

歴史は繰り返す

 

 

このGoogleの対策によって「じゃあもうクソ記事ばかり書いてあるサイトには出会わないの?」と思う人もいるかもしれないですけど、恐らくまたクソ記事乱発サイトは必ず出てきます。

 

 

なぜなら昔もこう言う似たような事が起きているからです。2012年頃実はネットを使って稼ぐとある手法が大流行した時期がありまして、そのせいでどこのサイトを見ても同じ事しか書かれていない、しかもさほど役に立つ記事があまりないと言う現象が起きてしまいました。

 

 

そのせいでユーザーはGoogleにクレームをバンバンいれる。それを聞いたGoogleは役に立たない記事ばっかり書いてあるサイトは除外しようと言う事をしましたね。どうですか?今の状況と凄い似ているでしょう?2012年にも似たような事があり、それを一回対策してたんですが、やはりネットと言うのはどしても全てを対策出来ている訳ではありません。

 

 

今も何千何万とどんどんネットに記事や動画などがドンドン放り込まれているのですから、そんな物全てに対策なんてできません。

 

 

ですから後3年程したらまた今回みたいな低品質な記事やコンテンツなどの問題が出てくる事になりますね。

 

 

最後に

書く方も悪いですけど、見る方にももうすこしネットの嘘と真実を見極められる様にして欲しいですね。あの有名なネットの辞書Wikipediaでさえ間違っている情報が載っていますからね。この前もどこかの番組でお笑い芸人の「カズレーザー」自分のWikipediaの情報が間違っていると言う事を言っていましたからね。

 

あれも人間が編集した物ですから全てが確実に合っていると言う訳ではないです。ネット社会が広がった今、ネットの情報を鵜呑みにしてはいけないと言う事が少しでも広がってくれれば良いですね。

-社会問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PTAを辞めた女性、PTAの活動内容、そしてPTAが本当に必要なのかを考えてみる

どうもハクアです!   小学校、中学校で親が何か特別な用事でもない限り絶対入らなければならないと言われるPTA、しかし最近、私はPTAに入らないと言って話題となっている人がいましたね。 &n …

no image

地下鉄で車掌がスマホ操作!なぜ?そこまでスマホをやるその理由は?

どうもハクアです!   最近少しずつメディアに出て来たなと思うニュースはながらスマホをしながら電車の運転をすると言う奇想天外な行動を起こしている人ですよ。今回はこのながらスマホ運転手の事を掘 …

ポイントサイトでトラブルが多発?危険なサイトとそうでないサイトの見分け方などを紹介

どうもハクアです!   最近ニュースで知ったのですがポイントサイトを使ったトラブルが急増しているみたいなんですよね、現在リーマンショック並みの大不況になっている日本、給料が上がらない企業が多 …

大事なお金と計算機

情報弱者?ポイントサイトで詐欺に会う人の3つの原因

どうもハクアです!     前回の記事でポイントサイトの危険なサイト安全なサイトの見分け方などを話しましたが今回は何故そんなに皆はポイントサイトを登録してしまうのかと言うのを掘り下 …

no image

ちりめんモンスターに激怒するモンスターが現れる!この人は精神的に幼い?

どうもハクアです!     先ほどニュースサイトを見ていたらちりめんじゃこに異物混入していると、激怒したクレーマーがいると言うニュースを見ました。     &n …